初心者のためのシーバスタックル入門 - 1ページ目12 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
普段の日常で蓄積された疲れ、寝起きの辛さ、あるいはこれからおこなう釣りで発生するであろう肉体的苦痛を理由に、「やっぱりやめようかな」と、迷ったら・・・行った方がいい。...
えっ、この舶来ルアーフィッシング用語(と思っていた言葉)・・・間 違 い だ っ た の ! ?えっ、英語ではこんな言葉を使うの?海外に遠征に出た時(もしくは海外からのゲストを案内する時)に役に立つ言葉を紹介してみます。...
このPE、クソPEじゃねぇか!?と、決めつける前にすべきこと。ライントラブルは二種類に分類できます。一つは“高切れ”や“ラインブレイク”と称される、予期せぬPEライン本線の破断。一つは“エアノット”や“結びコブ”と称される、PEラインが勝手に結び絡まって団子になる現象。ここでは前者を取り扱います。関連記事:PEラインのトラブル・・・ライン自体を疑う前に確認すべき14のこと 爆発団子前編PEラインのトラブル・・・ライン自...
このPE、クソPEじゃねぇか!?と、決めつける前にすべきこと。ライントラブルは二種類に分類できます。一つは“高切れ”や“ラインブレイク”と称される、予期せぬPEライン本線の破断。一つは“エアノット”や“結びコブ”と称される、PEラインが勝手に結び絡まって団子になる現象。ここでは後者を取り扱います。...
このPE、クソPEじゃねぇか!?と、決めつける前にすべきこと。ライントラブルは二種類に分類できます。一つは“高切れ”や“ラインブレイク”と称される、予期せぬPEライン本線の破断。一つは“エアノット”や“結びコブ”と称される、PEラインが勝手に結び絡まって団子になる現象。ここでは後者を取り扱います。...
(ガチなジギング/キャスティングを除く)アングラーはいつしか“リールなんて回ればなんでもええやろ”という、よく耳にする(やや抽象概念的な)結論に辿り着くことになるかもしれません。ボールベアリング数がなんとかかんとかなんとか新素材のなんとかライト構造がなんとかかんとか慣性がマイナスなんとかかんとか耐久性がプラスなんとかかんとかなんとかかんとかなんとかかんとか信頼できるモノを一度手にすると、新しいリール...
上はショアラインシャイナーSL145Fというルアーです。(旧名:ショアラインシャイナー14LD-FD)下はタイドミノースリム140というルアーです。どちらも古いルアーです。どちらも本来はサーフシーバスのために生まれたルアーです。どちらも140mmクラスのフローティングミノーで3フックです。両者はalmost identical・・・というヤツですでも両者には決定的な違いがあります。...
“良く釣れるルアー”別の言い方をすると“爆釣ルアー”これ以上いい響きがする言葉がこの世に存在するであろうか(苦笑)人は「釣れるルアー」を探し求めます。どっかのプロが動画か何かで、プロデュースルアーで釣ってみせればたちまち「爆釣ルアー」のできあがり。どっかのブログがとあるルアーで釣って釣行記を書けば別の「爆釣ルアー」のできあがり。あっちで爆釣こっちで爆釣どうやら世の中は「爆釣ルアー」で満ち溢れているよう...
“道具を使いこなす”尖った言い方をすれば“道具に使われない釣り人を目指す”古の格言を借りると“弘法筆を選ばず”・・・格好いいスタンスだと思いますが、釣りは「道具に育てられ、道具によって開眼し、道具によって楽しみを知る」という、非常にマテリアルな面があります。...
ジャンパー(jumper)をジャンバー(jumber)と言ったりブロマイド(bromide)をプロマイド(promide)と言ったり日本人はもともと外来語の濁音と半濁音の違いに無頓着な傾向がありますが、ルアーフィッシング用語もその例に漏れません・・・・メーカーが発行するフリーペーパーはおろか、釣り雑誌、業界人やプロが書くブログまで誤用が氾濫しております(笑)意味は通じるので別にいいのですが、誤用を誤用のまま覚えてしまうとそ...
ソルトアングラーならば誰しもが一度は耳にしたことがあるであろう定型文・・・それが「貫通ワイヤーだから安心」「貫通ワイヤーだからこその強度」「貫通ワイヤーだから・・・」これって、どうなん・・・?...