初心者のためのシーバスロッド - 1ページ目13 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
カーボンの弾性とカーボン含有率の話。中々退屈な記事に仕上がっています。...
動画の解説が途中までだったのでその続きから。この動画とか他の海外動画みていて気がついたんですが、向こうではSiCはガイドリングの素材としては非主流でハードロイやアルコナイトが主流なんですね。関連動画を掘っていったらダイワUKのスコットランド工場なる動画が出てきてエッ?ダイワUKが存在するとは知ってるけど、スコットランドでもロッド作ってるの?なんてオドロキのまま動画をみていると・・・「ダイワポール」なるア...
「マンドレル」についてもっと詳しく書くんだろ!?的なプレッシャーを感じたので急遽つけたしたエクストラ編になります。お兄さんが爽やかな笑顔で持っているのがマンドレルですが、日本ではこのマンドレルを作ることができるメーカーは1社しか存在しないようです。1社です。日本で1社だけ。(もしかしたら「数社」かもしれませんが、非常に少ないという意味では同じこと)...
動画鑑賞&説明がメイン。はたして1本のカーボンロッドはどのようにして作られているものなのかこの動画ではオフショア用ロッド、かなりガチな感じがする1ピースロッドの製造過程を丁寧に解説してくれています。英語が分からずともロッドビルディングが何たるかが200%理解できますので絶対に最後まで観ましょう。...
この記事ではシーバスロッドのブランク、特にカーボンブランクの基本を勉強します。主に動画鑑賞とその解説を軸に進めていきたいと思います。...
初心者がおそらく一番理解できないであろうシーバスロッドの要素。それが「テーパー」です。ロッドのことについて少し調べると必ずといっていいほど目にする言葉ですが、どういう意味でしょうか?また、シーバスロッドを選ぶ際には「テーパー」に関しどのような判断基準を持てばいいのでしょうか?シーバスロッドのテーパーって、何?その1では「初心者におけるシーバスロッドの判断基準にテーパーを考える意味はまるでない」とい...
初心者がおそらく一番理解できないであろうシーバスロッドの要素。それが「テーパー」です。ロッドのことについて少し調べると必ずといっていいほど目にする言葉ですが、どういう意味でしょうか?また、シーバスロッドを選ぶ際には「テーパー」に関しどのような判断基準を持てばいいのでしょうか?単刀直入にいいます。...
「バラシ病と迷宮~剛か柔か~」の補足記事になります。http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-610.htmlやや内容が被っていますがご容赦ください。このシリーズでは口が酸っぱくなるほど「初心者には柔らかいロッド」と言ってきましたが、いつか「やわら」の要素だけではダメなんだと思うようになる時期がくるとも主張しておりました。大抵の人は初心フレンドリーな「やわら」のロッドでシーバスロッドの門を叩き、そ...
ロッドのようなモノの性質を語る際は、どうしても抽象的な、「モヤモヤした感じ」が文体の表層に滲み出てしまい、書いていると(あるいは書き終わったあとに)「果たしてこんなもので第三者に伝わるのだろうか」という疑心暗鬼に囚われてしまいます。ですので今回は少し形を変えて「別の例を引き合いに出した喩え話」で進めてみます。テーマは「エントリーモデル」ようするに、ラテオとか、ディアルーナクラスのロッドの話です。...
以前の記事、曲がらないロッドの悲哀でこのようなコメントを頂きました。さて、曲がるロッドの件ですが、僕は年齢的に爺クラフトなので北西スペシャルとモンスタージェッティーを時々使用しております。友人との釣行は荒れたら、スズキ、べた凪なら真鯛に狙いを決めております。真鯛はヒットしたら根にまっしぐら突進するので僕は、ロッドパワーで強引に止めますが、かえって暴走したり根で切られたりして勝率は5割です。かたや友...
珍しく本当に「初心者のための」記事だった前回から、ちょっとディープな記事に変わります。今回。メインテーマは・・・シーバスロッドのリアグリップ長ハッキリと「好み」で別れるトピックなので、この記事では「何が良し、何は悪し」という断定はしません。...