初心者に読んでほしい思考・行動 - 1ページ目15 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
今年はワールドカップイヤーですが、監督の更迭騒動以外はサッカーおよび日本代表の話題があまり盛り上がっていないような・・・?...
この世の中にはどうやっても勝てない相手というものが存在します。貴方にはそこそこの時間とそこそこのお金とそこそこの経験とそこそこの才能とそこそこの熱意があるかもしれませんが・・・そんなモノ全てをひっくり返してしまうくらいのチート能力・・・・とある素質(というか条件)を持つアングラーたちがいるのです。...
人様の釣り動画を観たり、釣行記ブログを読んだりすると気がつくとがあります。コメントに「貴方は下手ですね」的な、コンテンツクリエイターに対する否定的な意見を寄せる人の多さに。ウェブ上には様々な釣りコンテンツが転がっていますが、本当に面白く興味深い釣りコンテンツを持続的に提供している方の存在は貴重であって、批判者として自分の釣りレベルを公開することなく一方的なコメントするのはどうかと思いますが・・・ま...
数年前、博多湾で「彼」と出会った。彼はO痛県H太市のアングラーだった。彼がシーバスアングラーとして選んだフィールドは博多湾だった。・・・えっ!?なんでっ!???...
普段の日常で蓄積された疲れ、寝起きの辛さ、あるいはこれからおこなう釣りで発生するであろう肉体的苦痛を理由に、「やっぱりやめようかな」と、迷ったら・・・行った方がいい。...
(ガチなジギング/キャスティングを除く)アングラーはいつしか“リールなんて回ればなんでもええやろ”という、よく耳にする(やや抽象概念的な)結論に辿り着くことになるかもしれません。ボールベアリング数がなんとかかんとかなんとか新素材のなんとかライト構造がなんとかかんとか慣性がマイナスなんとかかんとか耐久性がプラスなんとかかんとかなんとかかんとかなんとかかんとか信頼できるモノを一度手にすると、新しいリール...
“良く釣れるルアー”別の言い方をすると“爆釣ルアー”これ以上いい響きがする言葉がこの世に存在するであろうか(苦笑)人は「釣れるルアー」を探し求めます。どっかのプロが動画か何かで、プロデュースルアーで釣ってみせればたちまち「爆釣ルアー」のできあがり。どっかのブログがとあるルアーで釣って釣行記を書けば別の「爆釣ルアー」のできあがり。あっちで爆釣こっちで爆釣どうやら世の中は「爆釣ルアー」で満ち溢れているよう...
“道具を使いこなす”尖った言い方をすれば“道具に使われない釣り人を目指す”古の格言を借りると“弘法筆を選ばず”・・・格好いいスタンスだと思いますが、釣りは「道具に育てられ、道具によって開眼し、道具によって楽しみを知る」という、非常にマテリアルな面があります。...
釣りが終わったらその場で湯を沸かしてコーヒーを一杯・・・これはいわゆる“意識高い系”の行動ではなく、釣りにとって科学的に意味のある行動です。...
あ、①海面をライトで照らすな②ゴミを捨てるな③騒ぐな④割り込むな(隣と十分な距離をとれ)このあたりは当たり前すぎることなので省略します。いい歳した大人がワーワー騒ぎながらゴミを撒き散らかす・・・これがどれだけ醜悪なことか言わずともわかって頂けると思います。...
悪気は無いのだ思います。が、何時の頃からか、自分は釣り場で出会った人が話してくれる「ここは釣れる・釣れない」「あそこがいい・悪い」この類の話をあまりアテにしなくなりました。現場で会う人すべてを法螺吹きだと疑っているわけではありません(苦笑)ただ、そういう話の八割方は、自分と相手の“基準”が違うために噛み合ってないことに気がついたからです。...