ルアー特集 - 1ページ目22 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
自分にしては控えめな集め方ですが、これには理由があって・・・①いつ復刻(再販)されるかわからない・・・DUELは意味不明な廃盤→復刻orマイナーチェンジde再販の常習者である②かつてのロングセラーであったルアーであり中古の弾数が豊富、しかもヒラスズキ用ルアーということで本当に必要としているアングラーの絶対数が少ないということで125が6個、105が3個で満足しています。もっとも、磯で使うルアーなので損耗率が高く、ち...
今年も残すところ20日あまり・・・今年、個人的にヒットだったルアーを振り返って表彰してみます。今年発売だったルアーに限りませんし、今年から使い始めたルアーに限ることもありません。あくまで個人的な、主観1000%のチョイスです。...
まだ復活するかどうかは決まってませんからね(汗とのこと・・・だけれども、この様子だと復活は90%確実ではないでしょうか?あのシンペンです。あの神シンペンのことです。※※この記事は頂いたコメントを元に作成しております。※※※情報をお寄せ下さり、本当にありがとうございました。※...
昼は相変わらず暑いけれど、夜になるとかなり涼しくなり、朝方はグッと冷え込む・・・・一日の気温の高低差が大きく出るようになり始めました。水に触れてみればわかりますが、、シーバスの活動には「ちょうどいい温度」が一日の中でかならず存在するようになってきました。この水温の変化がこれからの「秋の荒食い→初冬の深場への落ち→産卵活動」という一連のシーバスの行動パターンのスイッチを入れるのではないかと思います。こ...
このシンペンはレイジーと違って弾数が少なく、故に集めるのに苦労しているルアーです(現在進行形)いや、弾数の「総量」でいえばレイジーに劣らぬほど中古マーケットで出回っているルアーですが、如何せん、派生型が非常に多くて「欲しい型番」に出会えることが少なくなってきました。えー、今所有しているのが・・・...
ローマは一日にして成らず・・・そういう言葉がありますが、この在庫も一日で買い揃えたものではありません。えーと・・・...
某社製メタルジグの爆発的ヒットもあってか、メタルジグがサーフの主戦力として認識されるようになってきました。しかし、その某メタルジグの相場が高騰すればするほど、本来は安価であることが強みであるはずの「メタルジグの哲学」とは違っているようで、なんだか複雑な気持ちになってしまいます。「高い=人気=よく釣れる」こういうロジックはわからなくもないですが、普通のメタルジグでもよく釣れるんですよ!というわけで、...
http://www.tacklehouse.co.jp/product/tkw.htmlタックルハウスから新発売のTKW140、一体何が既存のK2Fと・・・特にK2F122MSと・・・違うのか気になっていたら・・・...
「コノシラス」コノシロパターンを狙った33gの超大型バイブだとかw...
ワタクシ、じつは今年、開眼しました。何に開眼したかというと、メタルジグの偉大性に、です。メタルジグは安いメタルジグは手返しがいいメタルジグは良く釣れると。そしてサーフでのメタルジグは2つの系譜があって、自分は以前まではその内の1つに傾倒しすぎていており、それは誤りであったと悟りました。サーフで使えるメタルジグには2種類あります。1つは、(いままで自分が非常に好んでいた)タダ巻きでミノーライクなナチュラ...
モアシルダのスプリットリングを取り替える意味の説明です。(この記事はモアシルダのスプリットリングに関する質問を頂いたので説明として書きました・・・が、質問者から残念な反応を頂いたので内容を一部変更しています)...