初心者のための豆知識 - 1ページ目32 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
えっ、この舶来ルアーフィッシング用語(と思っていた言葉)・・・間 違 い だ っ た の ! ?えっ、英語ではこんな言葉を使うの?海外に遠征に出た時(もしくは海外からのゲストを案内する時)に役に立つ言葉を紹介してみます。...
ジャンパー(jumper)をジャンバー(jumber)と言ったりブロマイド(bromide)をプロマイド(promide)と言ったり日本人はもともと外来語の濁音と半濁音の違いに無頓着な傾向がありますが、ルアーフィッシング用語もその例に漏れません・・・・メーカーが発行するフリーペーパーはおろか、釣り雑誌、業界人やプロが書くブログまで誤用が氾濫しております(笑)意味は通じるので別にいいのですが、誤用を誤用のまま覚えてしまうとそ...
前回の記事の続きです。今回は「快適な車中泊のために」というトピックから再開するわけですが、「車中泊」とは実は車選びの段階でほぼ快適性が決まっていますし、車中泊は語り始めたらそれこそ「車中泊ブログ」が独立してあってもいいくらいディープなトピックです。この記事は一般的な意味での「車中泊特集」ではなく、あくまで「釣り遠征の一部を構成する車中泊という要素」に主眼をおいております・・・車中泊自体には軽く触れ...
日帰りのプチ遠征一泊二日のオーソドックスな遠征二泊三日のちょっとした一人旅・・・走行距離の200キロ300キロはあたりまえ、時には500キロ以上になることもあります。釣りの遠征あるあるですが、釣行時間より運転時間のほうが長くなってしまうことも普通にありえます。つまり車内環境を整えて快適な空間を作り、かつ、安全な運転を手助けするような整備を車に施すということは遠征釣行の大事な要素の一つということです。今回の...
イワシパターンイナッコパターンアミパターンバチパターンハクパターンコノシロパターンサヨリパターンetc.シーバスの偏食パターンとしてよく挙げられるものは数多くありますが・・・知ってますか?こういう不気味でグロテスクなパターンが存在するということを・・・...
リクエストがあったので書いてみます。と、いっても先達が書かれた物のまとめ系です。まず最初に・・・リリースについて一言でも喋るつもりがあるならば、これを読んでください。タックルハウスの二宮氏がヒラスズキの「リリース後」を書いた衝撃的な内容です。http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=155http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=156ぶっちゃけて言えば、雑に扱われたヒラスズキはリリースし...
潮を、読む。潮を、釣る。潮が、良い・・・あるいは・・・悪い。よくよく考えたら、何故「潮」がこうまでシーバスに関係しているのか、否、シーバスに限らず潮の動きは釣りの根幹であるのか、初心者には理解しがたい概念ですね。なかなかディープな質問があったので、これを元に解説したいと思います。かなり長い記事になります。質問なんですが、釣れる潮ってどう判断されるのでしょうか?いや、現場にいれば釣れそうな潮はなんと...
何処にでも居るベイト。何処にでもいるけれど、実はそれがトウゴロウイワシだと正体が気づかれることが少ないベイト。シーバスが付くことは付くけど狂乱することがないベイト。それがトウゴロウイワシ。実はトウゴロウイワシはボラの近縁って知ってました?トウゴロウイワシ(藤五郎鰯、学名:Hypoatherina valenciennei)は、トウゴロウイワシ目トウゴロウイワシ科ギンイソイワシ属に分類される魚。トウゴロイワシともいう。イン...