2017年釣行記 - 1ページ目44 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
今季は本気(と書いてマジと読む)で青物を狙います。・・・って、毎年言い続けて、毎年釣れてないな(笑)そして増え続けるルアーなんという deja vu...
毎年、この時期になると夜の釣りを選ぶか、朝の釣りを選ぶか迷いますが、今年は選択の余地ナシ。どっちも悪い(悲報)朝は、カタクチイワシがなんだか悲惨なこと(例年にくらべて全然接岸してない)なっているっぽい。夜は、コノシロの群れが大きすぎて攻略が困難。どないせいっちゅうねん・・・...
夜・・・コノシロが一面フィーバー(シーバスがフィーバーとは言っていない)コノシロの群れが大きすぎて「お盛ん」な部分には捕食者はいない。狙うなら群れの端・・・といいたいが、流れやストラクチャーで待ち伏せている個体を狙うほうがまだ可能性が高い。潮が動いて流れが出てシーバスの回遊が「そういう所」に入ってくるまで撃つのをずっと堪えて待つ。...
4ヒット1バラシよくよく考えたら60up1匹逃したなんて全然悔しくないはずなのにメチャクチャ悔しい・・・何故なのか?...
今年は接岸しているカタクチの量が少ない・・・と思う。カタクチイワシの絶対量が少ないのか、接岸しているカタクチが少ないのか、そのどちらかは不明。(なんとなく、カタクチの絶対量が少ない気がする)何れにせよ、夏の深場のカタクチと、秋に接岸してくる“アイツ”との間を橋渡してくれる「浅場のカタクチ」が居なくて困っています。ちなみに秋に接岸してくる“アイツ”に関しては、ここ数年で一番の大当たりじゃないかなーと思い...
アジング3回目か4回目か5回目にしてアジングを極めたッッ!!刮目してこの釣果を見よッッッ!!!...
久しぶりにウェーディング。もうウェーダー履いても高い湿気と気温で死ぬことはないでしょ。自分の季節の好き嫌いは別にして、状況がよくわからないので“釣れないことを確かめる”釣行になりそうな予感がプンプンしてます・・・が、という謎の理論により、強気なストロングスタイルで挑みます。...
「なめろう」がどうしても食べたくて・・・なめろうとは、房総半島沿岸に伝わる郷土料理。たたきの一種。鮮度がうま味を左右するため、調理後すぐに食するのが『粋』とされる房州の名物漁師料理である。wikipediaより...
今年の前半戦はホントにキツかった!博多湾から出たらいいやん?とか遠征がアングラーを育てることもあるんじゃない?みたいな考え方もありますが、ぼくちんは悟りました・・・...
まさかここまで蘇るとは思っていませんでした。ガイド調整に出した結果、ほぼ全てのガイドを巻き直して貰ったワケですが・・・びっくりするくらいブランクがシャキっとなって、現役復帰させてもいいかなと思えるくらい、BOUZ C3 SHORE8-1/2が良くなったことが確認できました。...