釣りブログ道場 - 1ページ目46 - 三十にして立ち、四十にして惑わず
“ツイッターからブログへ誘導”という、古くからあるブログ運営上のセオリー・・・これ、実は間違いというか、釣りブログに限っていうとあまり意味がないんじゃないかという疑念を晴らすべく、証明実験をやってみました。その結果わかったことは・・・...
釣りブロガーからカルト的な人気を誇る(?)このカテゴリーの記事・・・・今回は「これだけはやらんほうがエエよ」という3つのポイントを紹介します。釣りブログを読み漁っている諸兄は「観察力」と「直感」という、釣り人ならではのスキルを備えているので、そういうことをするとすぐにバレてしまってブログおよびその執筆者の信用が地に落ちてしまうのです。...
実は人が思っているより遥かに難易度が高いのが「格好いい・説得力のあるロッドの写真撮影」よし、ロッドのインプレでも書くか!なんて思い立ったとしても、大抵の釣りブロガーの手元には人を唸らせるようなロッドの写真がありません。釣行フォルダを漁れど漁れど、これだと思えるような、良く撮れたロッドの写真が見つかりません。そこで当たり前のように行ってしまうのが・・・家撮りまたは路上撮りなるほど、どちらも簡単に「オ...
実は人が思っているより遥かに難易度が高いのが「格好いい・説得力のあるロッドの写真撮影」ロッドの写真が魅力的ならば、インプレ文章の持つ説得力をさらに向上させることができますし、また、写真がが際立って良いものならば文章のない、写真単体だけでも読者に「このロッドは凄そうだ!」という印象を与えることができます。誰もがその実績を認めるようなプロは文章だけでもOKかもしれませんが、我々は名も無き素人・・・・素人...
人は言います・・・釣った魚と一緒に使用タックルを撮影なんてバカじゃないの?と人は言います・・・プロでも関係者でもないのに使用メーカーのロゴが写るように撮って何の意味があるの?と要するに、自己顕示欲を満たすためのナルシス行為だ、と。違うんですねぇそれが。タックルインプレッション執筆歴5年のぼくちんが言うので間違いありません。タックルインプレを書く上で、特にロッドはその写真が果たす役割が重大です。ロッ...
釣りブログにスマホ以外のデジカメは必要か?という問いに対し・・・あなたの釣りブログのスタンスが・・・“多くの人に見てもらいたい・より魅力的な釣りブログを書きたい”であれば、YESスマホより上のカメラは必要です。もしこういうスタンスであるならば・・・“多くの人にみてもらいたいのは確かだが、それより自己満足的な要素が大きい”スマホのカメラで十分です。...
予てから釣りブログのコアたるエッセンスは「釣行記にある」と主張しておりましたが、よくよく考えると釣行記の書き方を詳しく説明したことがないのでサラっと書いてみることにします。・・・と、その前に、何故釣りブログで釣行記が大切なのかをおさらいします。一、 釣行記は100%オリジナルである説明不要と思いますが念の為。この世に同じ釣行記は二つとないので、ネタ被りもありませんしインプレ系のようにモノを買う必要も...
ウケがいい記事PV数が多い記事読まれ続ける記事そういう記事には「選んだテーマが良かった」「ホットなキーワードで検索最上位になった」「文章そのものがよかった」など、様々な原因がからみ合っていますが、記事を仕上げる際に簡単な釣りブログ執筆実践テクニックを効果的に使って書くと、より一層の反響が得られます。ソースは「釣りをブログに書くこと・・・おそらく700+記事」の自分です(笑)...
多くの人の読まれる釣りブログを書くにはどうすればいいか、具体的な「アクセスアップの執筆テクニック」を書くのは今回は敢えて避けることにして、日頃の何気ない行動がブロガーとして執筆する行為と関連しているという話をしたいと思います。...
釣りブログ選び・・・もし今から釣りブログをスタートするならどこがいい・・・?FC2?ライブドア?アメブロ?ナチュラムブログ?...
社会的責任(しゃかいてきせきにん、Social Responsibility, SR)とは、市民としての組織や個人は、社会において望ましい組織や個人として行動すべきであるという考え方による責任である。wikipediaより難しい話ではない。例えば、このクソみたいな底辺ブログにも社会的な責任は次のような形で存在する。「このルアーのこのカラーがいい」・・・と一度書いたら、それを本当に信じて買う人がいる。その発言に対する責任がある。「こ...