UC79の初出撃でランカー - 2016年釣行記

UC79の初出撃でランカー

 10,2016 10:28
DSCN3280.jpg



つぅきーのひーかーりに


みーちびかーれー


なぁんーどもぉ めぇぐりあうー






UC79の初陣は小潮。


ジムで体を少し動かして、マッサージチェアで揉まれて気分がよくなってウトウト睡魔に襲われ・・・気がついたらもうこんな時間かという頃合いで出撃。


お目当ての場所に入ろうとすると、先行者アリ。


普段はさっさと次のポイントに行くはずだけど・・・・







そ こ


ラ ン カ ー 


み え と る や ん け







どうやら先行者は気がついてないらしい。


何も見なかったフリをしてそこを離れる。


もちろん、そこにランカーが潜んでますよなんておめでたい助言をするつもりもない。


釣りたい場所の隣で釣ってはいけない・・・・近くでソワソワされるとそのスポットに固執してしまうというのが人の心というもの。


釣りたい場所の近くで魚体を上げてもいけない・・・・近くで魚が釣れたら自分も釣れるはずと粘りたくなるのが人の心というもの。


欲しければまず与えよ・・・というわけで、第一候補から遠くにエントリー。


そこで適当に投げるけれども文字通り上の空。


正直、初陣となるUC79のキャストフィールとか全然憶えていません。


目視した魚影のデカさがあまりにも雄大だったので、先行者が諦めてくれるかどうかだけを考えておりました。


投げれば投げるほど時間が経過すればするほどスレるだろうけど、パッと見た感じ、ランカーが陣取るスウィートスポットは攻めきれてなかったはず。





・・・



・・








DSCN3285.jpg



この使ったルアーズをみるに、そこそこ試そうとした形跡が見受けられます(笑)


それに、結構時間が経っていることも。




そして・・・





ランカー目視スポットにエントリー


シンペンでゆっくり流して、それがダメならバイブでドカンと緩急をつけて狙う戦略。


シンペンはマリブ78に2回あたったがすぐにフックアウト。いずれも極小セイゴクラス。


シンペンをゆっくり流しても機動力のある雑魚が先に食らいつくらしい。


それからバイブに替えてピンポイントで狙うことにすると・・・


(写真は前回の釣行のエイです)

KIMG6724.jpg



またキミか・・・


UC79の栄えあるファーストフィッシュはエイ・・・


一体何をどうやったらピンポイントでエイが釣れるのかわかりませんが、まぁそこはエイのピンポイントスポットだったのでしょう。うん。


シンペンもだめ、バイブもだめ。


んじゃあ小型のミノー的な何かかな?


だいたい、そこに魚が溜まっているのはわかっているんだけどベイトは何よ?


と思ったら、ここにはコノシロの群れ・・・しかも大から小まで、かなりの規模の群れが入っていることが発覚。


シーバスはいる。


それはもう、確実にいる。


ところが先程まで先行者に散々叩かれて、しかも今は現在進行系で自分がバンバン叩いて、間違いなくスレてる。


ベイトはコノシロで、付近にシーバスがいるにも関わらずコノシロの挙動が落ち着いている。


つまり、ルアーだろうがリアルコノシロだろうが、警戒しすぎて捕食モードをOFFにしている(極小セイゴ除く)ということ。


とすると最善のレシピは「何もせずただ待つ」・・・これに限る。


シーバスの、せいぜい数ccの容積であろう脳味噌の記憶持続時間などたかが知れているはずだし、このリアルコノシロの群れを前にして捕食モードがOFFのままであるわけがない。


待つ・・・


待つ・・・・


待つ・・・・・・








そして・・・







投げる

甘い





また投げる

ちょっと違う





もういっちょ投げる

ドカン!!!!




掛かった瞬間、釣れたのはあのランカーか、すくなくとも同じレベルのヘビー級であることがわかりました。


UC79が曲が・・・らない(笑)


ああ、知ってるこの感じ。


旧オシアARC1006が似たような挙動をみせます(FCLLABO的には『旧ARCがUCに似たような挙動をみせる』か)。


バットにまだ余裕がある。


魚を完全にコントロールできている。


ドラグは今の固めのまま、緩めないでいい。


ロッドは全体的にさほど曲がっていないのに、魚は潜ることも跳ぶこともできずに時折水平に走ろうとする。


その時だけ固めのドラグが出る。


これでいい。


何度か走られても余裕のまま魚を寄せると・・・





あれっ!?


ひょっとして小さい?


スレ掛かり?




なんか、こう、魚体が短いんですよね。






ぬか喜びランカー・・・?






いや、立派なリアルランカーでございました。


体高が高すぎて、横の長さが短く見えるんです(苦笑)


DSCN3273.jpg


この頭、この口・・・


DSCN3275.jpg


長さではなくデブ率で測ると、歴代ナンバーワンかもw


ヒットルアーは・・・


DSCN3278.jpg


ソバット80(カラーはメッキキビナゴ)が完全丸呑み


ルアーを外す際に手を突っ込んだら、自分のぐーパンチが丸々入る大きさの口でした。


30前後のビッグなコノシロも目視していましたが、使ったのはソバット80だし実際に釣れたのもソバット80。


ルアーセレクトは奥が深い。





ちょっと出血させてしまいましたが大したことなかったようで


DSCN3282.jpg



念入りに蘇生させてリリース・・・バイバイ



DSCN3283.jpg



この背の肉の盛り上がり!!



DSCN3281.jpg



まだコノシロはいたし、シーバスももっと居る、もっと釣れることはわかっていたけれど、一晩にこれ以上何を望もうか!


シーバス釣った

UC79でシーバス釣った

ランカー釣れた

UC79でランカー釣れた


これでいいじゃん!





ちなみにこのソバット、もともと微かなひび割れ傾向があったのですが、これで裂け目が完全に割れました。

フックも折れるわ、リーダーは数十センチに及んでザラザラ・・・特にスナップとの接続箇所はあと少しで切れそうです



DSCN3309.jpg



殿堂入りにしてやろう。












↓ランカーヒット時のテーマソング↓





あ、最後に。


ウェーディングしていたのですが、このランカーをもって岸に上がる際、このウェーディングスタッフが地面に潜ったエイを探知。
スタッフに突っつかれたエイは驚いて逃げていきました。
魚を釣った直後は、興奮してしまって足元の安全面についてなおざりになりがちです。
でもエイは人間が魚を手にしていようがボウズであろうが、踏んでしまえば分け隔てなく平等に刺してきます。


大丈夫ですか?
あなたのエイ対策。






こんなタックルを使っています






関連記事


Comment 7

2016.10.10
Mon
11:09

まっつー #-

URL

おみごと!

UC79初陣ランカーおめでとうございます。

僕はロッド全然持ってないから味付けの違い等を語るレベルではないですがUC79はそのサイズ掛けても余裕があるんですねぇ、パワープレイが必要な場所に最適そうです。

ウチには殿堂入りルアーがなく毎回殉職させておりますんでソバットは大切にしてあげてくださいね。

ってかムーンライト伝説で締めるかと思ったらエンディング全然関係ないw

編集 | 返信 | 
2016.10.10
Mon
11:39

POPONTA #-

URL

すばらしい

狙ってとれた魚はめちゃくちゃうれしいですよね、しかもいい型のランカーこれだから釣りはやめられませんね。
ソバットが口からチラ見えしてる画像良いですね(笑)UC79のインプレ期待してまーす。

編集 | 返信 | 
2016.10.10
Mon
19:40

石鯛 #y8j/9w2E

URL

りゅうせいにみちびかれ~ であいはよるのまりーな
るーむなんばー すなに かいて さそいをかけた。
きーるのぐらすを ほほにあてて ほんき? とわらったまーめいど。
おんりーゆー きみにささやく ふたりのなつものがたり
おんりーゆー ぎんのびーちで やけたすはだうつしたひとみをうみにかえすのさ
じゃすと おんりーゆー♪

すんません。ぼらおさんのイントロから連想してしましました。
と言ってもこれは還暦近いジジイしか知らない歌だろうなぁ~(笑)

ちなみに杉山清貴&オメガトライブ1985年の大ヒットナンバーです。

編集 | 返信 | 
2016.10.10
Mon
23:32

くろこげ #jjTL4YWY

URL

先日、波打ち際にどでかいアカエイがいるのを目撃して、エイ対策に先の尖った竹を拾ってきました。まさかそんな場所にいるとは思わなくてゾッとしましたので・・・

昨日早朝に某サーフで先行者さんがランカーを揚げられてまして、良いサイズですねと声をかけると「ねらいどおり」と返答されたのが印象的でした。

私が釣るのはタマタマですけど、上級者の方は狙ってランカーを釣るんですね。

編集 | 返信 | 
2016.10.15
Sat
16:28

ぼらお #-

URL

Re: おみごと!

> UC79初陣ランカーおめでとうございます。
>
> 僕はロッド全然持ってないから味付けの違い等を語るレベルではないですがUC79はそのサイズ掛けても余裕があるんですねぇ、パワープレイが必要な場所に最適そうです。
>
> ウチには殿堂入りルアーがなく毎回殉職させておりますんでソバットは大切にしてあげてくださいね。
>
> ってかムーンライト伝説で締めるかと思ったらエンディング全然関係ないw


超余裕でした。

この独特のフィーリング(曲がりが浅いが魚にプレッシャーを与え続ける)は肯定的にとらえています。

編集 | 返信 | 
2016.10.15
Sat
16:38

ぼらお #-

URL

Re: すばらしい

> 狙ってとれた魚はめちゃくちゃうれしいですよね、しかもいい型のランカーこれだから釣りはやめられませんね。
> ソバットが口からチラ見えしてる画像良いですね(笑)UC79のインプレ期待してまーす。

ただでさえ老獪なランカー、それもスレていたヤツの口を使わせたとなると
「やってやった!」感がすげーっすねw

編集 | 返信 | 
2016.10.15
Sat
17:02

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 先日、波打ち際にどでかいアカエイがいるのを目撃して、エイ対策に先の尖った竹を拾ってきました。まさかそんな場所にいるとは思わなくてゾッとしましたので・・・
>
> 昨日早朝に某サーフで先行者さんがランカーを揚げられてまして、良いサイズですねと声をかけると「ねらいどおり」と返答されたのが印象的でした。
>
> 私が釣るのはタマタマですけど、上級者の方は狙ってランカーを釣るんですね。

サイズは別として、魚がたまる場所と時間がわかってそしてそこにルアーを通すことができると「狙い通り」といえるでしょうね。

そしてその一番いいピンポイントを貫いて一番いいサイズを引きずりだす・・・それを1年を通してやり続けていると、ビッグワンが出てくる・・・これも「狙い通り」でしょう。

釣りは奥が深いのです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts