ぶどうの樹のパン屋さん - 食

ぶどうの樹のパン屋さん

 14,2016 11:20
DSCN3131_20161012185133b0f.jpg



最近買うパン屋の中でポテンシャルが一番高いというか、材料費を一番ケチってないパン屋だと思います。



粉がイイ


バターがイイ


そして塩がイイ



が、・・・悲しい哉、田舎も田舎、超ド田舎にあるため、『本格ハード系』が理解されないため、しかたなく『やわらか甘い菓子パン系』として世を忍ぶ仮の姿で営業しているパン屋さんです(苦笑)


ちなみにこの「スローリゾート・ぶどうの樹」というホテル・結婚式場・レストランからなる施設はいつか別に総合的に紹介したいと思います。
ここでは「ぶどうの樹のパン屋さん」に特化します。

DSCN3130_20161012185135c08.jpg






ここのパン屋で特に記憶に残るのは期間限定品だった「大島(地ノ島だったかも?)の塩を使った塩パン」


そのころのパン業界は「マーガリン臭いコッペパンに塩を振りかけただけのニセの塩パン」が猛威を振るっていただけに、本格ハード系の塩パン(塩パンといってもバゲット風)が、しかも絶妙の塩加減で作られていたのには物凄く感動しました。


多分、作っている人はこの路線で行きたいのだろうけれど、あくまで「ぶどうの樹」というリゾートに付属するパン屋だという前提・・・つまりは大人の事情が菓子パンメインの路線を往く理由なんだろうと勝手に察しています。


あ、弁護しておくと菓子パンもめっちゃ美味しいですよ!

マーガリン臭がする物が一切ない・・・・とはいい切れませんが、少なくとも、いままでこのパン屋で食べたパンの中でマーガリンが入っていたことは一度もないです。

・・・ただ、自分はハード系が好きなだけなんです。

なんというか、ライ麦を入れた黒パンなんかももっと本格志向にできるはずなのに、小麦粉ベースに工夫を重ねて「ライ麦テイストに仕立てました感」が漂って残念なんですよね。
いや、「ライ麦テイストに仕立てました感のパン」、美味しいんですよ。
そんな半端なパンですら美味しいんですから、もっと酸味の強い本物の黒パンはもっと美味しいはずなんですよ・・・実に惜しい・・・





と、思わずヒートアップしてしまいましたが、菓子パンもハード系も両方美味しいということで結論しておきましょう。




このパン屋の味以外の欠点といえば・・・・パン屋らしからぬ、その日のパンの焼きあがり時間の遅さ・・・・バゲットが焼けるのは昼過ぎだそうです。


焼き立てが欲しければ昼過ぎに行きましょう。


天気が良ければテラスでコーヒーのお供に何か食べるのもアリ


DSCN3132_201610121851382b8.jpg



日によって味に違いがあるので「これが最強!」と断言できませんが、アタリの日のフレンチトーストはマジで美味いです。


安牌を狙うなら・・・アンパンかな。



近くには・・・



DSCN3134.jpg


山羊のメリー君




こっちは


KIMG2305.jpg


ポニーのモモ君


メリー君は他の職場でムシャムシャ草を食べるのが仕事で、ここでは暇を持て余しているようですが、モモ君はキッズを背に乗せて写真撮影に応じたり、施設内を周ったりするお仕事があったりでちょっと忙しい模様。




波津まで何かしらの用事があったら・・・(無いですよね・・・)、波津の近くで釣りをした帰りにはぶどうの樹のパン屋さんでお土産でもどうぞ。
関連記事


Comment 5

2016.10.14
Fri
13:48

トチロウ #-

URL

焼成時間

ボラお様
お久しぶりです。ハード系パンてことで食い付いてしまいました(笑)。
オイラの住んでいる田舎も、ハード系に拘ったパン屋さんがあるのですが
いかんせん、売れません。仕方なくデニッシュも置いてあるのですが
悔しいでしょうね。
地元のフレンチレストランの多くは、その店のパンを使ってますね。

焼成時刻はやはり昼前ですね。フランスのように深夜出勤のバゲット職人が
いなければ必然的に、朝から仕込みからスタートすると昼ですよね~。
ある意味、発酵機械でコントロールして前日より仕込んでいるパン屋より
好感が持てます。

編集 | 返信 | 
2016.10.14
Fri
18:06

ワゴンセール #JalddpaA

URL

おっ、ホームグランドの近くじゃないですか。今度、行ってみます(╹◡╹)♡

ただ、自分自身は、炭水化物抜きダイエットを始めたばかりで、パンは食べられず、長女がパン屋でバイトを始めて、家にパンが溢れているのですが、家族の白い眼に耐えて頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

編集 | 返信 | 
2016.10.15
Sat
17:14

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> おっ、ホームグランドの近くじゃないですか。今度、行ってみます(╹◡╹)♡
>
> ただ、自分自身は、炭水化物抜きダイエットを始めたばかりで、パンは食べられず、長女がパン屋でバイトを始めて、家にパンが溢れているのですが、家族の白い眼に耐えて頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

ここの菓子パンは素材が違いますね。

全部ホンモノ(何がニセモノかは別として・・・)を使ってます。

ただし、味付けが「田舎のオバハン」をターゲットしたものもあって、眼力が問われますw

因みにここの付属の鮨屋さん「屋台鮨」は宮地浜にも出店していますが、大将がいる波津の「波津前鮨」が最高です。

編集 | 返信 | 
2016.10.15
Sat
17:37

ぼらお #-

URL

Re: 焼成時間

> ボラお様
> お久しぶりです。ハード系パンてことで食い付いてしまいました(笑)。
> オイラの住んでいる田舎も、ハード系に拘ったパン屋さんがあるのですが
> いかんせん、売れません。仕方なくデニッシュも置いてあるのですが
> 悔しいでしょうね。
> 地元のフレンチレストランの多くは、その店のパンを使ってますね。
>
> 焼成時刻はやはり昼前ですね。フランスのように深夜出勤のバゲット職人が
> いなければ必然的に、朝から仕込みからスタートすると昼ですよね~。
> ある意味、発酵機械でコントロールして前日より仕込んでいるパン屋より
> 好感が持てます。


塩と酸味・・・つまり塩梅が上手なお店はすごく印象に残りますよね。
特にパンみたいなシンプルな食品でそれができるということは本当に「上手」なんでしょう。
もったいないですのー・・・

好きなパン屋MAPが頭の中に存在していて、西にいったらあそこで買おうとか、東にいったらあそこに寄ろうとか、買うことで支持を表明してはいるんですがw

編集 | 返信 | 
2016.10.18
Tue
19:18

スタッマキンスイマー #-

URL

ハードタイプのパンは私も支持します
縦にさけて歯茎に刺さる位のパンを赤ワインか牛乳で食す至福。
強い酸味の中で引き立つレーズン、愚ではないですね〜

編集 | 返信 | 

Latest Posts