レンジを意識する(遅すぎ) - 2016年釣行記

レンジを意識する(遅すぎ)

 20,2016 12:15
KIMG6725.jpg



橋の上からの釣りはNGです。


ダメ


絶対







春のバチ最盛期もそうですけど、秋も今頃になると、おかしな人が水辺に増えてきます。




無言で割り込む人


被せてくる人


ゴミを捨てる人


・・・それから、橋の上で釣りをする人




こういう時期からこそ、「人もしているから自分も」のようなレベルの低い意識に流されずに「普通」でありたいですね。







ところでこの時期、つまりはシーズン最盛期になると



「一つのポイントに囚われずに見切りをつけて次々にランガン」



のようなシーバスハウツーサイトの定型文を思い出してはクスッとしてしまいます。



「次」の場所なんかねーよコノ野郎!


どこにいっても人、人、人。


「次」どころか「今」のポイントですら怪しいじゃないですか。




ハイシーズンの混雑の解決策といえばだいたい次の3つ


A) 一番いいポイントに一番乗りする

B) 今確保しているポイントから魚を引きずり出す(そのポイントのコンディションがどうであれ)

C) 絶対誰も知らないポイントを開拓する


まぁ、現実的には殆どの人の解決策、いや、対処案は(B)なワケです。

一番乗りできたとしても潮やベイトの具合が良くなるまで待てるとは限らないし、”絶対誰も知らないポイント”に行ってみると大抵の場合、釣り人が居るものです。



いま、ここから、一匹を釣る。



この命題には2つのメソッドがあって、2つのメソッドの思想は同じです。


ポイントを分割し、それぞれ時間を掛けながらローテする

例:一つのポイントを
①流芯
②淀み
③ストラクチャー表
④ストラクチャー裏
⑤オープンスペース
5つのスポットに分割し、1スポットにつき10分ずつ消費する・・・1つのスポットが終わればそのスポットは自動的に40分の休息が与えられ、スレの回復に有効となる。

ポイントを休み休み撃つ
例:高確率で魚が付く場所を狙う際は5キャスト1セットとし、1セットが終わると10~15分は何も撃たない。


してることはまったく同じで、要するに場所を休ませるということです。


これは、効果があります。


ただし、前者は「立ち位置を変えたり、ちょっと横に移動すると人に距離を詰められたり取られたりする」という危険性を孕んでおり、後者は10分もの間、本当に何もせずにしていられるのかという疑問が残ります・・・・自分の感覚で「もう10分」と思っていたとしても実際には意外なほど経過しておらず、警戒心がまだ解けてないまま撃ってしまって結局無駄なインターバルとなってしまうという、あまり笑えないことが起こります。


あとは、ルアーの質を変えてやること。


速いのを使ったあとは遅いのに、強波動を使ったら弱波動に、ただ巻きだったらジャークに、パールホワイト系だったらホロ系に、大きいの・小さいの、底・上・・・etc.


最近自分が思うことが、ルアーについては「○○だからキタ!」というより、「(見飽きた)○○じゃなかったからキタ!」というパターンのほうが実は多いんじゃないかということです。


これも実は広義での「場所を休ませるテクニック」に入るのではないかと思います。
見切られたモノを何度も通さないという意味で思想はスポット分割ローテションや10分インターバルと同じですから。


あ、何か初心者ハウツーっぽくなったのでこの辺で終わり。



UC79 + 15ルビアス2510H + エリア10EVO


KIMG6728.jpg



ガリガリに痩せていた目視60UP



KIMG6729.jpg



前回好調だったソフトベイトに反応が一切なく、色々試してみるも、レンジバイブとただのシンペンになってしまったフラペンにそれぞれ1回ずつ乗らないバイトがあったきり沈黙。


レンジバイブのバイトを誤解釈してしまい、この日の正解・・・つまりは「ゆっくり表層・泳ぎは控えめ」のエリア10EVOに辿り着くまでに長い時間が必要でした。


同じエリア10EVOのセグロホロに強烈なバイトがもう1回ありましたが、フックの刺さりが浅いまま伸ばされてEND






こんなタックルを使っています













関連記事


Comment 10

2016.10.20
Thu
13:28

石鯛 #y8j/9w2E

URL

橋の上

今秋、宮古島へ行った時、宮古島ー池間島に架かる大橋で単独・夜釣りをしている人を発見。ルアーじゃなく餌釣りだと思う。万が一、大型GTでも掛かったらどうするつもりだったんだろう?水面まで推定10m以上はあるし岸まで約50mだが大型GTだと海に引きずり込まれる事故だって考えられる。釣り上げるなんて無理。3時間後に通りかかったらさすがに撤収していました。

編集 | 返信 | 
2016.10.20
Thu
22:06

あるまだ #-

URL

お疲れさまです。。

こちらのエリアにも、(落ち鮎パターンにも関わらず)割り込み大好き中年バイブ紳士が湧いています。

背中に付けたウェーディンライト、
元い、強光度の白色フラッシャー(←外基地レベル)が、彼がルアー交換で岸を向くたびにポイントを照らし、、、、。

外基地紳士は毎回、
今日も調子が悪いと独り事を言いながら岸に上がって行きます。

錆びた鮎だけでなく、
錆びた感性丸出しアングラーが増えて困るこの頃です。。。


あ、先日、アキュラで80アップの
ヒラマサ上げましたが、
フォアグリップの長さ、グリップエンドの形状、強靭なバッドに救われました。

テコの原理に基づいて考えると、
(テコの作用で強く感じるヒラマサの引きを相殺するためにはという観点から)
超近距離戦でヒラマサにボトムでスタックされると、、、
なるほど!と思わざるを得ない、
設計であることが分かりました。

編集 | 返信 | 
2016.10.21
Fri
01:13

ぼらお信者 #-

URL

プランCに魅力を感じて今日も安定の坊主です。
釣り場で人と出会うのが嫌いなのでC多めですが
未開の地を探検してるのが楽しいですね。
釣れる場所と釣れない場所の違いを考えてる時間が凄く好きです。

編集 | 返信 | 
2016.10.21
Fri
12:38

まっつー #-

URL

>強波動を使ったら弱波動に

ジャンプのタイミングがズレてよく喰らいました、緩急大切。はどーけん!はどーけん!

シーバスに関してここ最近まず人が来ないポイントばかりなのでトラブルなくストレスフリーなんですが、やはり居るんですねぇ。

橋の上からは確か法律上禁止されてるはずなのに時々箱崎埠頭辺りの某所で通りすがりに見かけます。
取り締まることも大切ですがぼらおさんの仰るとおり「他もやってるからOK」という腐った考えを正す活動を切に願います。

編集 | 返信 | 
2016.10.21
Fri
15:02

SBJ特攻隊長 #-

URL

こんにちは。

全く同感です。シーバスに対するアクションインパクトを変える。釣れなくなったら、レンジを下げるのもその一つですが、同じレンジで見せ方を変えるってのは凄く大事だと思います。

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
06:43

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> こんにちは。
>
> 全く同感です。シーバスに対するアクションインパクトを変える。釣れなくなったら、レンジを下げるのもその一つですが、同じレンジで見せ方を変えるってのは凄く大事だと思います。

反応しないヤツを反応させて釣りあげてみると、○○だから釣れたというよりはもっとおおきな括りで考えたほうが論理性に隙間がない場合がおおいですねぇ

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
10:18

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> プランCに魅力を感じて今日も安定の坊主です。
> 釣り場で人と出会うのが嫌いなのでC多めですが
> 未開の地を探検してるのが楽しいですね。
> 釣れる場所と釣れない場所の違いを考えてる時間が凄く好きです。

ベイトの入れ替わりが激しくなってきたので、昨日まで釣れていたところが今日はまったく釣れないということが起こるのが今の季節ですね。

読みが当たって誰一人居らぬポイントで大爆発しようものなら高笑いが止まりません・・・w

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
10:23

ぼらお #-

URL

Re: 橋の上

> 今秋、宮古島へ行った時、宮古島ー池間島に架かる大橋で単独・夜釣りをしている人を発見。ルアーじゃなく餌釣りだと思う。万が一、大型GTでも掛かったらどうするつもりだったんだろう?水面まで推定10m以上はあるし岸まで約50mだが大型GTだと海に引きずり込まれる事故だって考えられる。釣り上げるなんて無理。3時間後に通りかかったらさすがに撤収していました。

福岡市内某所では落としタモまで用意(多分、オリジナル自作ではなかろうか?)して幹線道路の橋の上からシーバス狙っているアホが存在します。
一体何が楽しいのか・・・

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
16:20

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> >強波動を使ったら弱波動に
>
> ジャンプのタイミングがズレてよく喰らいました、緩急大切。はどーけん!はどーけん!
>
> シーバスに関してここ最近まず人が来ないポイントばかりなのでトラブルなくストレスフリーなんですが、やはり居るんですねぇ。
>
> 橋の上からは確か法律上禁止されてるはずなのに時々箱崎埠頭辺りの某所で通りすがりに見かけます。
> 取り締まることも大切ですがぼらおさんの仰るとおり「他もやってるからOK」という腐った考えを正す活動を切に願います。


おお、見つけてますか、自分のパラダイスをw

最近はそこそこ釣れているので一箇所に執着することなくアチコチに出没しているのですが、入りたい場所に入るためには何時にはソコに立っていないといけないか、初日にはわからなくて流れ着く先で釣ってる感じです。

1箇所ではもうすでに抜けが始まっているのを確認しました。

いまはシーズン最盛期といえますが、それもあっという間ッスなぁ・・・

編集 | 返信 | 
2016.11.05
Sat
08:35

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> お疲れさまです。。
>
> こちらのエリアにも、(落ち鮎パターンにも関わらず)割り込み大好き中年バイブ紳士が湧いています。
>
> 背中に付けたウェーディンライト、
> 元い、強光度の白色フラッシャー(←外基地レベル)が、彼がルアー交換で岸を向くたびにポイントを照らし、、、、。
>
> 外基地紳士は毎回、
> 今日も調子が悪いと独り事を言いながら岸に上がって行きます。
>
> 錆びた鮎だけでなく、
> 錆びた感性丸出しアングラーが増えて困るこの頃です。。。
>
>
> あ、先日、アキュラで80アップの
> ヒラマサ上げましたが、
> フォアグリップの長さ、グリップエンドの形状、強靭なバッドに救われました。
>
> テコの原理に基づいて考えると、
> (テコの作用で強く感じるヒラマサの引きを相殺するためにはという観点から)
> 超近距離戦でヒラマサにボトムでスタックされると、、、
> なるほど!と思わざるを得ない、
> 設計であることが分かりました。

ライト照射マンはマジで殺意沸きますよねw
アキュラを試すような釣りをされているようで羨ましい限り・・・こちらはいまだにシイラ1匹で全然試せておりませぬ・・・
あのシャクリを阻害するグリップエンドの形状に意味があったとは驚きです!
これを考えたヤツはXXX喉に詰まらせて○ね!
とか書かなくてよかった・・・w

編集 | 返信 | 

Latest Posts