シイラチャレンジ2016 No.04 ファイナル - 2016年釣行記

シイラチャレンジ2016 No.04 ファイナル

 25,2016 11:26
DSCN3457.jpg


やっと釣れた!

ワーイ!

ワーイ!

・・・と喜んでいるものの、シイラに纏わる「幻想」が去ってしまい、すこし寂しいです。



なんというか、このシイラ釣り(シイラという魚じゃないですよ、シイラ釣りを、です)を一言で表すと・・・





ボージョレ・ヌーボー





なんですね。




お祭り騒ぎ




ともいいます。




季節感を受けるもの


シーズンインの予兆


期間限定





こういうキーワードが当てはまります。


自分の釣り嗜好からすると1年で1回1匹・・・もしかしたら2回くらい「お祭り」に参加できたらいいかな、という感じです。


ファーストフィッシュを釣るまで頑張りましたが、実際に釣ってみるとその瞬殺感には拍子抜けするし、何しろ「お祭り騒ぎ」の魚なので釣りの奥の深さはそれほど無いし、陸っぱりから執念を燃やして狙い続ける魚ではないなというのが正直な感想です。






・ ・ ・

・ ・






今年のシイラは運がなかったと半ば諦めかけていたわけですが・・・・その時っ!


”神風”ともいえる強風が突如として吹いたので、行ってみることにしました。


いや、実はシイラは目的の「半分」なんですけど(苦笑)





まだちょっと暗い内、到着してからラインを組みながら夜明けを待ちます。


この頃気温も落ちてきたし、朝方は放射冷却で特に冷え込むし、強風だし、寒い・・・






自分のラインシステムはこんな感じ:








ウルトラジグマン4号300m→スペーサーPE8号1.5m→ショックリーダー2m以上(太さはお好みで50~80lb)


堤防シイラでググるとタックル強度に関しておどろおどろしい「忠告」が散見されますが、実際の現場ではダイワ3500/4000(シマノ5000/6000)番手にPE3号か2.5号の「フィネス派」のほうが多いですね。
ダイワ4500シマノ8000は少数派ではなかろうかと思われます。
PEの品質・信頼性が向上した現在ではそれくらいの太さでもシイラには十分だという判断でしょう。
PEのフィネス化の次はリールを小さくして一日の負担を軽くしようとする・・・ある意味で当然の成り行きといえるかもしれません。




組み終わって2~3投、ガイド抜けも特に問題ないな、と思いながらボンヤリとキャスト&リトリーブを続けていたら・・・



なんの前触れもなくいきなりヒット



どの方向のどれくらいの距離で食ったか全然わかりません(笑)


ただ、大したことのない、平均的なサイズであろうことは直ぐにわかります。


・・・・シイラの引き味、いままで人様のヒットシーンを目撃して薄々感じていたことなんですが、いざ自分で味わってみると



嗚呼、やっぱり



感がありますね。


アキュラ100Hだと誇張でもなんでもなく瞬殺です。


がっちり掛かっているっぽいので自分でギャフ掛けをしようとすると(というか、自分でしてみたいです・・・)、親切にもヘルプが入って・・・




DSCN3460.jpg



ファーストシイラ・・・ゲット!


ヒットルアーはアゴペン1020・・・95gモデル


リアをアシストではなくトレブルにしているのは、こっちのほうが泳ぎと泡の出がなんとなくいい気がするから。


因みにフックはST-66 2/0を使用。


メジャーを忘れたので、頭も尻尾も落とさず、血抜きだけしてクーラーに曲げて入れて持ち帰ります。
(家に帰って計測すると・・・だいたい90強・・・曲がってしまって正確な測定は不可能w)


その後、2匹目3匹目を狙うべく(できればデコッパチと言われるオスの大型・・・アキュラ100Hをもう少し曲げることができる黄金の美魚を釣りたい!!)更にキャストを続けてますが・・・・


数時間しても中々回遊が自分には回ってこず(回遊自体はこの”神風”で凄く多かったです・・・堤防の上の人、全員安打くらいの勢い)、やっと自分の射程に回ってきた4~6匹のスクールは捕食モードではなかったらしくガックリ(苦笑)。


そこで終戦です。






祭りに参加した。
一匹釣れた。
これで十分。






次の魚が自分を呼んでいるのだ。




DSCN3461.jpg






こんなタックルを使っています








関連記事


Comment 8

2016.10.25
Tue
12:12

TKTN #-

URL

おめっとさんです!

とはいえ、興醒めと言うか、この釣り自体に奥がなく、

北東風が吹く
待つ
回ってくる
投げる
釣れた

て感じで、ボクも1匹釣ったら完全に冷めてしまい、家にある3本のアゴペンどうしようかな状態です(サイズup狙うと言いつつ行ってない)笑

メーターを大きく越えるような個体は引きも強くかなり楽しいとは思いますが、状況的に楽しむ余裕もないのがジレンマですね。

編集 | 返信 | 
2016.10.25
Tue
17:28

まっつー #-

URL

まずは

初物ゲットおめでとうございます!

シイラと言えば昔読んだ服部名人の釣り本にも出ていて「引きが強烈」と書いていたのを興奮しながら読んでいたのを覚えてますが瞬殺なんですねw

ただ黄金に輝く魚体は今でも僕の憧れですのでいつかはシイラチャレンジにトライしたいと思いますが…たぶん独特な雰囲気にやられちゃいそうです。

編集 | 返信 | 
2016.10.25
Tue
22:10

石鯛 #ZQMeTpW2

URL

おめでとうございます。マンビカゲット。

編集 | 返信 | 
2016.10.26
Wed
07:15

ワゴンセール #JalddpaA

URL

お・め・で・と・う🎉

初シイラおめでとうございます。

さあ、次は、外海サーフで、シーバス、ヒラメ、マゴチですぞ。
でも、ロックショアのヒラスズキ、青物も捨てがたい(๑و•̀ω•́)و 頑張れ

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
06:03

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> おめでとうございます。マンビカゲット。

ありがとうございます!

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
06:04

ぼらお #-

URL

Re: お・め・で・と・う🎉

> 初シイラおめでとうございます。
>
> さあ、次は、外海サーフで、シーバス、ヒラメ、マゴチですぞ。
> でも、ロックショアのヒラスズキ、青物も捨てがたい(๑و•̀ω•́)و 頑張れ

残るはヒラス・ヒラメ・マゴチですな。
あ、チニングするの忘れてたw

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
10:03

ぼらお #-

URL

Re: まずは

> 初物ゲットおめでとうございます!
>
> シイラと言えば昔読んだ服部名人の釣り本にも出ていて「引きが強烈」と書いていたのを興奮しながら読んでいたのを覚えてますが瞬殺なんですねw
>
> ただ黄金に輝く魚体は今でも僕の憧れですのでいつかはシイラチャレンジにトライしたいと思いますが…たぶん独特な雰囲気にやられちゃいそうです。

感じとしては「大きなサゴシ」ですね。
ジャンプが美しく、そして厄介ですが想像しているよりあまりジャンプしません。
扁平な魚体故か、一度走りが止むとあとは無抵抗です。
メーターUPも40~50超えると話は違って来ると思いますが、そういうサイズはやはり少ないというか相当レアで、アベレージとなるメーター前後のシイラはぶっちゃけ余裕です。実は女性も多く堤防シイラに参戦しており、女性でも楽に釣り上げています。

・・・あと、「ヌシ」とか「常連」とかいう人が”独特の雰囲気”を醸していますが、どういう人種かは想像におまかせします(苦笑)

編集 | 返信 | 
2016.10.28
Fri
10:07

ぼらお #-

URL

Re: おめっとさんです!

> とはいえ、興醒めと言うか、この釣り自体に奥がなく、
>
> 北東風が吹く
> 待つ
> 回ってくる
> 投げる
> 釣れた
>
> て感じで、ボクも1匹釣ったら完全に冷めてしまい、家にある3本のアゴペンどうしようかな状態です(サイズup狙うと言いつつ行ってない)笑
>
> メーターを大きく越えるような個体は引きも強くかなり楽しいとは思いますが、状況的に楽しむ余裕もないのがジレンマですね。

相変わらず的確な言葉でグサリときますねw

そうなんです。

興醒めであり、奥が深くないのです。

磯で予期せぬゲストとしてはアリですが、堤防にシーズン中通い詰めて何かを見出すような釣りではないですね。

1年1回1匹・・・アンコールの2回2匹で十分な釣りだと私的に結論づけました。

編集 | 返信 | 

Latest Posts