海の中道 海辺の里 - 直売所

海の中道 海辺の里

 28,2016 11:10
DSCN3315.jpg

よくある「道の駅モドキ」の施設です。

看板などが道の駅のソレに意図的に似せて作られていますが、ただの一営利団体が経営する商業施設です。

かつては近くの船着き場まで市内中心部のベイサイドプレイスと福岡市営フェリーで結ばれていましたが、利用者数の減少に伴い大岳のフェリー乗り場は廃止されました。

よって公共交通機関で行くには西鉄バスを利用するか(その場合は目の前にバス停があります)、JR西戸崎線の執着である西戸崎駅から「散歩」を兼ねて相当な距離を歩くしかありません。


海辺の里は正確には直売所ではなく、食堂・物産ブース・鮮魚・野菜ブースから成り立つ施設です。

一部の野菜は近郊農家からの出品で「直売」の形態を取っていますが(苦笑)

物産ブースは一部の海藻を使った商品を除けば殆どが「志賀島産」ではなく、食堂もサザエを除けば地場産というわけではないありふれたものです。

が、さすがに生簀料理を提供しているだけあって、店内には生簀が設置されており中には意外な魚(勿論、持ち帰りの購入可能)が入っている時があります。


http://umibenosato.wixsite.com/umibenosato

営業時間 9:30~17:00
定休日 9月~3月の間は毎週水曜日

オススメ度 ★★






ここでハズレがないのが1個150円の活きサザエ(志賀島産)

ちなみに生簀に自分で手を突っ込んで好きな物を選べます。

サザエはサザエ丼のネタとして回転率が高いらしく、常にフレッシュなものばかりですし、なにより生簀の中で砂抜きされているのであのヤな「ジャリッ」感がほとんどありません。
サザエの刺身が食べたくなったときにはホントにお勧めです。

極稀にですが、シャコが生簀に入っています。
もし発見したら、一度買ってみましょう。
美味しいですよ!

あとは、ガザミなどのカニ(必ずしも生簀には入っていません)や芝エビなどの甲殻類。

季節によってはアオリやモンゴウなどのイカが出ることもあれば、夏場はマゴチやソゲなども出ます。



この店のポイントというか、注意点が一つ。


生簀ではない鮮魚コーナーの魚は必ずしも志賀島産とは限らないのでパッケージをよく確認しましょう。

・・・ここまで来て非志賀島産の魚を買う理由は何一つありません。



店の手作り干物はアジ・カマス・レンコダイがレギュラー商品ですが、これは酒のお供に悪くないです。

お手頃価格でコストパフォーマンス抜群。


結論としては


「わざわざ訪ね赴くこともなければ、特に目玉があるわけでもないが、暇つぶしにちょっと覗いてみて、何かいいものがあったら買ってもいいよ」


という使い方がよろしかろうと思われます。


志賀島まで釣りにいってボウズだった・・・そんな時にどうぞ!


DSCN3316.jpg
関連記事


Comment 2

2016.10.29
Sat
22:07

くろこげ #jjTL4YWY

URL

今日もボウズ・・・

>志賀島まで釣りにいってボウズだった・・・そんな時にどうぞ!

サ、サザエでも買って帰ろう。

ボウズよりも、お気に入りのオレンジベリーを全てロストしたことがつらいorz

編集 | 返信 | 
2016.11.04
Fri
17:46

ぼらお #-

URL

Re: 今日もボウズ・・・

> >志賀島まで釣りにいってボウズだった・・・そんな時にどうぞ!
>
> サ、サザエでも買って帰ろう。
>
> ボウズよりも、お気に入りのオレンジベリーを全てロストしたことがつらいorz

わああ・・・

編集 | 返信 | 

Latest Posts