サーフシンペン BEST3 - ルアー特集

サーフシンペン BEST3

 20,2012 14:06
サーフに持っていけるシンペンは3個である。
という規制法案が与野党多数の議決により国会で可決。


なんてことが仮にあったとしても、4個以上持っていく人は居ないと思うw
それどころか、人によっては1個のみ、大抵の人は2個くらいじゃないですか。

まぁそれはそれでよしとして、個人的なBEST3の特定が完了したので書いてみようと思う。
もうこれら以外のシンペンをサーフ目的で買うことは無い(なくなれば補充するだけ)。






1位 アダージョヘビー105

KIMG0105_20120611124238.jpg



その圧倒的飛距離と逆風に強い性質、シンペンなのにある程度レンジを変えて探れるという特異点、フォールの際の強み等がありながらも、通常の(やや早めの)リトリーブでは普通のシンペンのように表層をサイレントにゆらりゆらりと泳ぐ事が出来、欠点らしい欠点がまるで無い一品です。


2位 ブルースコードC125
KIMG9056.jpg



このシンペンはアダージョヘビーの逆をやりたいとき必要なシンペン。
表層をゆっくり、本当にゆっくり漂わせるよう、引くときに使います。
そういう性質とまるで比例しない大飛距離で遠い沖から波打ち際までを狙えます。

3位 ハードコアシンペン100
KIMG0098_20120611124238.jpg



キビキビと自分で思う通りにシンペンを動かしたい時のためのシンペン。
素直にロッドアクションに従って動きます。
また、サイズをなるべく小さく、でも飛距離はサーフの飛距離を、という少し贅沢な要求に対する回答。


次点 レイジー115
KIMG9057.jpg



一番ネックになったのは飛距離。残念ながらこのクラスのサイズで期待される飛距離ではない。
シンペン規制法案に基づき、ルアーボックスから締め出されてOUT。





あ、あれ?

デュエルにマリアというリーズナブルなブランドで独占されてしまった・・・

というのも、これらより高級志向のブランドは「港湾」「河川」に目が向いており、煽り文句が「スレに強い」とか「ドリフト」とか、まぁそういう傾向にあるわけです。

それを考えると、あまり不思議な結果ではないはず。

サーフは素直で質実剛健なシンペンが選ばれます。

最後に、持ってないけど気になるシンペンを一つ。

エクリプスのドリフトペンシル110・・・多分ぼらおさんに最も縁遠いルアーに属する上に、実売価格も高額なので手にとったことすらありませんが、ひょっとしてサーフにいいじゃないのか、というアイディアが捨て切れません。


デュエル(DUEL) アダージョ105 ヘビー 105mm SHP

商品詳細を見る


ヤマリア(YAMARIA) ブルースコードスリム  C125 SYH

商品詳細を見る


デュエル(DUEL) ハードコア シンキングペンシル120 120mm HOKS

商品詳細を見る


ダイワ(Daiwa) レイジー115Sムーンライト

商品詳細を見る


エクリプス(ECLIPSE) ドリフトペンシル110 #23 サイトチャート

商品詳細を見る
関連記事


Comment 2

2013.05.13
Mon
01:01

KK #-

URL

ルアーの評価は面白いですね。
同じように思うことも違うように思うこともありついつい全部読んでしまいました。
千葉の砂浜と磯でヒラメやスズキを釣っていますが
私の場合はアダージョヘビー105、ブルースコード115C、スライドベイトヘビー28gです。
時点はGIG28g、モンスーンブレイカー、バンジーキャスト30g
アダージョヘビー105は後半歩で飛距離が足り無いように思うが価格と品質で気に入っています。

編集 | 返信 | 
2013.05.14
Tue
21:35

ぼらお #-

URL

コメントありがとうございます。励みなりますのでこれからも暇な時によろしくお願いします。

スライドベイトヘビーワンについては前々から聞いていたので、実は最近はじめて買ってみたんですよ。たしか28グラムがいいんだよなって。

おお、すっごい大きいけど(←この辺で既に嫌な予感)これで釣れるんだろうな、すごいな、飛ぶのかな。

お察しの通り、スライドベイト120の28グラムでございました^p^
あー、死にたい・・・

弾丸系のシンペンでいえばもう一つ、ザブラのスライドスイムミノー(というなのシンペン)120を買ったのですが、こっちはウェイトを戻すが難しくて修行中です。
これらを一通り使いましたら、また書くかもしれません。

編集 | 返信 | 

Latest Posts