某ルアーのパクリネタを発見 - タックルあれこれ

某ルアーのパクリネタを発見

 31,2016 17:01
DSCN3523.jpg



ご存知、ロケットベイト95・・・最近30gのヘビータイプもリリースされたようで商業的にも成功したルアーといえるでしょう。


自分のインプレはこちらから


最近知りましたが、これ、パクリ元インスパイア元があったんですね。






それは何かというと・・・これ






DSCN3525_20161030140904f00.jpg






これです、これ
リップの位置と形状なんて、紙一重です(笑)
サイズが違うじゃねーかと思われるかもしれませんが、写真のネタ元は大型バージョンで、実は100mm小型バージョンが存在します。





DSCN3524.jpg




ロケットベイトをメーカーが「ジグミノー」とカテゴライズするのに少し違和感がありましたが、その謎がこのルアーによって解けました。

ネタ元が「ジグミノー」と名乗っている、その影響でしょう。

最近出たロケットベイトのヘビータイプ・・・おそらくは「改良」ではなく「先祖返り」だと思われます。


ロケットベイト 95mm 30g
パクリ元(小型) 100mm 36g



久しぶりにアイマが斬新なルアーをだしたなァ・・・と感心したのも束の間、青物用プラグに疎いシーバス・サーフアングラーの知識のスキを突いたわけデスネ・・・流石デス

勿論、これらのルアーの性質は同一ではなく、レンジやスピード、その用途で考えるとロケットベイトの性質はインスパイア元とはかけ離れていているので「オリジナリティがあるルアー」といえるでしょう(特にリップの改良)。


が、そのカタチやアイディアは間違いなくコレから降ってきたものでしょう





コレ





DSCN3526.jpg






タックルハウス コンタクト BEZEL






最近、”楽”(要するにタダ巻きでいいヤツ!)で、なおかつ逆風でもぶっ飛ぶヒラスズキと青物の兼用ルアーを2個しか持っていない(フラペンビッグとアダージョヘビー125)ことに気がついて、この手のルアーを物色しているわけですが、こういう発見(?)があって他のジャンルのルアーを勉強するのもなかなか面白いものです。



関連記事


Comment 3

2016.10.31
Mon
20:20

貧弱 #-

URL

パクりではないかもですがその昔、
リップ根元から空気を取り込み、リトリーブ時に気泡が背中から出て生命感溢れるアクション、
いかにも閃きましたなクランクベイトがありました。

案の定水(空気?)の通り道があるのかないのか、
内部に浸水してフローティング→サスペンド→シンキングにみるみるうちに可変するイカレポンチでしたが。

…そういえばTDペンシルのギルスルー機構も何か似たような物を見た気g


おっと、誰か来たようだ

編集 | 返信 | 
2016.10.31
Mon
22:35

ワゴンセール #JalddpaA

URL

タックルハウス好きなんで、ベゼルは当然押さえています ( ̄∇ ̄)v ドヤッ!

48gは持ってませんが、36gはサーフ用のシーバスロッドでも、フルキャスト可能だから、いろんな使い方が出来そうです^ ^

編集 | 返信 | 
2016.11.04
Fri
18:01

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> タックルハウス好きなんで、ベゼルは当然押さえています ( ̄∇ ̄)v ドヤッ!
>
> 48gは持ってませんが、36gはサーフ用のシーバスロッドでも、フルキャスト可能だから、いろんな使い方が出来そうです^ ^

推奨フックがST66の1・・・これは2~3kgのヒラス(ゴ)だったら絶対にOKっしょ!

そういうルアーだと思って買ってみました。

編集 | 返信 | 

Latest Posts