2軍ルアー粉砕祭り - 2016年釣行記

2軍ルアー粉砕祭り

 01,2016 11:19
DSCN3517a.jpg




体調が悪いのに、シーバス。


雨なのに、シーバス。


アタリの数はハンパなかったけれど、その大多数がセイゴのじゃれつきでUC79のティップで自動排除(笑)


次に多かったのが40~45くらいのフッコで、UC79を曲げきれずにその殆どを途中でバラシ(苦笑)


まともなサイズは2匹でした



DSCN3495.jpg


上げの潮で最初にヒットしたのは・・・トビエイ。


サイズは大したことないのによく引きました。


毒棘がないので丁重にリリース。





この日は上げの潮の入り方が良く・・・



DSCN3497.jpg



R-32+静ヘッドでフッコがちょこちょこ
真面目に狙うなら、こいつらのサイズからして5か7gが吸い込みやすいかと思われますが、使っているロッドがロッドだけに10gでストンと早く落としてそれに食いつくようなバイトを誘発させないと乗りません・・・



DSCN3498.jpg




R-32はもう復刻したのかな?
使っているのはMARSが倒産したというニュースが駆け巡ったときに買い占めておいたオリジナル版です。


DSCN3501.jpg


因みにヒット数に対するランディング率は3割5分といったところ。
途中バレはハンパなく多かったです。
理由は勿論、UC79を曲げ続けきれないサイズだから。


DSCN3504.jpg


R-32の最大魚は・・・60UP(写真なし)

今日は良いサイズが出そうにないからカバーガール(笑)として撮っておこうと思って陸に上がろうとすると・・・途中に大暴れしてフィッシュグリップから逃げていきました。

釣ったらすぐに写真撮っておけばよかった・・・



DSCN3511.jpg



最大魚のヒットカラーはオヌマオレンジ。


オレンジ系が特に反応がよかったかな。






ここまでは上げ。


ここからが下げ・・・のはずが、上げ止まりから全然動かない。


流れが出ない


でも水位は下がっているはず


突き刺したウェーディングステッキからそれがわかる。


んまー、こういう日ってありますよね。流れが止まっているか、それどころかまだ上がっているように見えるのに水位自体はゆっくり下がっていくような日。


こういう日は大抵、何やってもダメな日です。



うーん、関節の節々が痛いし、寒いし、これ、体調不良をおしてまでする釣りじゃない気がするけれど・・・




と、ここから【2軍ルアー秋の粉砕祭り】が開催されます。

※決して意図的にルアーの破損を狙ったわけではありません・・・全てのルアーの本体は回収されています※



このヒマな潮止まりを過ごしている間に危険なゲームをしていると・・・

破損というか文字通り木端微塵になったのが


・ヨレヨレ
・もともと破損していたローリングベイト77
・エリア10EVO
・ダイソージグ18g
・テリフDC9



一番笑ってしまったのがヨレヨレ・・・

本当にフレームだけの「スケルトン」になってしまいました・・・

いや、ワイヤーとフックはしっかりしているので、テキトーに補修材を被せてやると復活するかも。




この暇つぶしで反応があったのが


・木端微塵になる前のヨレヨレ
・シリテンバイブ73
・湾ベイト15g


ヨレヨレは落としている最中、まさにこの動画のようなイメージでバイトが出たのが嬉しかったです。



サイズはいずれもセイゴ~フッコ(全部バイト直後の弾き)



ルアーも思う存分粉砕したし、そろそろ帰るか・・・


と、その時、何を血迷ったか(きっと体調不良のせいだ)、貴重な某ルアーを最後にとっておいたトレースコースに通してみることにします。



で、反応がありました。

ノリませんでした。

それどころか貴重な某ルアーは直後に根掛かりました・・・


キー!!


また別のルアーを投げます。


釣れます。



DSCN3512.jpg

(また陸に上がるまでに逃したら・・・と思って念のためにパシャリ)




DSCN3518.jpg


ハッキリ言ってキライなルアー・・・ショアラインシャイナーZ97SSR

何が嫌いかというと、そのアクションが設定されているスピード帯域が酷いというか、Z120FやZ97Fのソレとかけ離れていてまるで面影がないところ。

同系統の動きをシャローではなく、ほとんど別物なのに性懲りもなく「ショアラインシャイナー」という名前を冠しているところ。

ウォブンロールが大げさすぎるところ・・・

まぁバカとハサミは使いようというか、こういう場所で使えばいいわけですな。


DSCN3519.jpg


ちょっと痩せていた60弱・・・左右の胸鰭にそれぞれ寄生虫がいたので、ナイフで退治してからリリース。

ああ、体が重い、関節が痛い。

頭が・・・悪いのは前からか。

帰ろっと!





こんなタックルを使っています







関連記事


Comment 0

Latest Posts