リバレイ RBBファイティングベストIII - ギア・ウェア・ガジェット

リバレイ RBBファイティングベストIII

 17,2016 12:09
KIMG6801.jpg



リバレイのウェア・ギアって大したことねーな



という結論に、今、非常に接近しております。


いや、ただ一つのアイテムの印象をもってして、そのメーカーの全ての製品を否定するのはどうかと思ってますし、事実、自分はとあるメーカーのXという商品が気に入らないからといって自動的にYやZやメーカー自体の全否定をするようなことはしません。 (滅多に・・・多分・・・)

・・・が、「ライジャケ」というアイテムは特別なんですよ。
ライジャケがダメだったらその会社の製品および会社自体を自動的に全否定してもいいと思ってます。
そこで働く社員の人格も全否定していいと思っています。
クズ、ゴミ、カス、生きている価値がない、タダ飯を喰らっては二酸化炭素と排泄物を生み出すことしか能がないウンコ製造機・・・と。

ライジャケの何が特別かというと・・・当たり前のことですが、アングラーにとって最後にして究極の頼みの綱とするアイテムなんですよね。

文字通り『救命具』なんです。

それがテキトーな作りだったら・・・?

まぁ、心情としてはその会社の製品は二度と買いませんよね。

それが理由でオレンジブルー(マズメ)の製品は二度と買わないと決めてます。

詳しくはこの記事を参照

ちなみに雑な作りのライジャケは落水して荒波に揉まれていたら次第に縫製が崩れていくらしく、ライジャケの品質は「気分の問題」ではなく安全上の切実な問題です。





このライジャケ、極限まで身軽さを追求したものだと思われます。



RBB.jpg


動きやすさを追求!
ウェットスーツとのコンビネーションで
安心性を高めるライフベスト


安全性、機動力を追求したライフベスト。
通常のライフベストではフロントのポケットが移動の際に、妨げになる場合を考慮しフロントポケットを排除。
転倒などのアクシデントから体を守るボディフィット設計。


リバレイ公式HP No.8674 RBBファイティングベストIIIより引用

ポケットが一切ないことが強調されていますが、それよりも特筆すべきはその軽さでしょう。
およそ600g以下の自重だと思われます。
この軽さは驚異的で、ライジャケを着用している感じが殆どしません。
しかもそれが体にタイトにフィットします。

ライジャケのポケットの出っ張りが苦手だったり、自分の足元が見えてないと不安を感じる人にとってはピッタリのライジャケ・・・のように見受けられます。


自分がこのライジャケを買ったのは

A)崖の登り降りの際の身軽さを追求したい

B)磯際の身軽さを追求したい

この二つの「身軽さ」が欲しかったためです。
日常のマルスズキで使うことはありませんが、ショアジギや磯ヒラスズキではこのコンセプトはアリだと思ってました。

が・・・

確かにRBBファイティングベストは身軽さ、快適さ、疲れの少なさを提供してくれましたが、それが安全性とトレードオフされていることが分かってしまい、この軽量性には今となっては賛同できません。

この「軽さ」は使われている生地の薄さ、つまりは「破れやすさ」に理由があったわけですね。
残念です。



外面は問題なし


KIMG6805.jpg




ベストの右側を開きます


KIMG6804.jpg




一見、問題がないようですが・・・
黄色○に致命的な欠陥が生じています


KIMG6804a.jpg




はい
縫製の問題ではなく、生地の問題ですね
縫いがホツレたのではなく、生地が薄すぎてビリっとなってます


KIMG6802.jpg




実際の着用数は10回未満です
このライジャケは荒波に揉まれたらバラバラになるんじゃなかろうかという疑念が湧いてきます
恐ろしいことに・・・
リバレイはこのライジャケをウェットスーツで挑むようなタフな釣りに推奨しています



KIMG6807.jpg




(まだ)破れていない左側
フィット感は気に入っているし、実際にこの軽さには釣行の度に助けられているので、当分の間は右側を補修して着用を続けようと思いますが、左側も破れるようなことがあったらその時点で着用をやめて廃棄することに決めています。
そうなった場合、リバレイを盛大にコキ下ろすことができるよう、ありとあらゆる罵倒用のボキャブラリーを準備してます。


KIMG6806.jpg






いま現在、「メイホウ3010が4個前面に収納可能」との条件で普段日常のシーンで着用するライジャケの選定中なのですが、RBB製のライジャケはこの件が発覚したので選択肢にすら入れていません。
リバレイはライジャケにはロクなテストしてないのではなかろうか、という疑惑を抱くようになりましたからね。

リバレイのウェア・ギアはリバレイのスタッフも実際に使っているので良い物だ、なんて宣伝文句を使いたかったら、とりあえずファイティングベストⅢをとっとと廃番にして、重量が増してもいいのでⅣをもっと丈夫な生地で作ってください。



リバレイの製品はショートライフベストから始まって、ウェットスーツにスパイクシューズと、多くのアイテムを愛用してきましたが、ここまでガッカリした製品はいままでに無かったです。







関連記事


Comment 6

2016.12.17
Sat
15:08

あるまだ #-

URL

同感

す、素晴らしいインプレです!
激しく同感です。

最近、リバレイは見た目に重視になって質が落ちてきている気がします。

新製品のロックショアベストもなかなかにク○なので、辞めたほうがいいです。
(着弾後、作りにがっかりしていたら幸運にも裁縫ミスを見つけて、返金クレーム対応で済みました)

ロックショアスパイクは、インソールのレベルからサイズが一回り小さくなっています(特に横幅)。
ウェットとスパイクシューズだけは、
良いと思っていたのに、ロックショアスパイクは安っぽくなっているし(軽量化の犠牲?)、最近、リバレイ離れが進んでます。

パズは、値段もですが、品質、対応ともに最高です。
コーデュラ万歳!

お粗末さまでした。

ファイティングベスト4出ないとリアスに気が移りそうです。

編集 | 返信 | 
2016.12.17
Sat
18:11

元ロン毛 #-

URL

同じ製品を使ってるのでびっくりです。
動き易く好きにいじれるのでお気に入りだったのですが・・・次なににしようかな。

編集 | 返信 | 
2016.12.17
Sat
22:18

通りすがり #-

URL

AIMSにしましょう(笑)

編集 | 返信 | 
2016.12.18
Sun
02:57

万年初心者 #-

URL

私も同じの使ってます。
まだ破けてませんが確かに磯にガスったら簡単に破けそうな生地してますよねwww
まぁ軽いし値段相応かなと思って割り切って使ってます。

あるまだ さん がコメントしてますが
自分はポーチもRBBですがツンツルテン過ぎて(良く言えば自由度が高い)ルアーBOX以外は入らないんで小物収納用(リーダー、ナイフ、ストリンガー、プライヤー、グリップ、ピトン等々)にロックショアベスト購入を検討中だったんですけど◯ソなんですね、ショックです でも触ってもないのにク◯だと決めつけるのもなぁ、 今腰周りに色々付け過ぎてガッチャガチャなってます

RBBヒップバックはベルクロが全然ズレてこないし太い帯が若干サポーターみたいな感じでお気に入りなんでヒップバックにベストを合わせたいんですよね。




編集 | 返信 | 
2016.12.18
Sun
05:33

貧弱 #-

URL

ぼらおさんが定期的?にライジャケ記事を書いてくれたお陰で
着用する習慣がつきました。

ポイン○で売っていたリアス社のイフリートを使用していますが、
頻繁に開閉するポケットのチャックが塗装が剥がれうっすら錆び気味以外は
特に不自由を感じません。

浮力体もベルクロで開閉出来たので外して本体を洗うことが出来ましたし、
強いて言うなら密着させるために絞ったベルトの端が
風に煽られて誰かに肩を叩かれている錯覚がある位でしょうか(笑)。

編集 | 返信 | 
2016.12.18
Sun
14:24

遼紀 #-

URL

やはりロックマンベスト一択でしょうかw

編集 | 返信 | 

Latest Posts