マリア カーボンバイブ - シーバスルアー:バイブ

マリア カーボンバイブ

 23,2016 10:28
DSCN1537_20161223085044e75.jpg


カーボンバイブ

メーカー:マリア
カテゴリー:鉄板バイブ ハッタリバイブ

評価

今や釣具屋のルアーコーナーの「顔」となりつつあるのが、小型モニターによるルアーPV放映。
アピア、コアマン、シマノ、デュエルなどなど、主だったメーカーは小売りの現場での「最後のひと押しとなる説得力」を動画で得ようと躍起になっています。
当然、マリアもやっています。
自分の記憶によると、マリアはこの動画放映に関してはかなりの先駆者だったような気がします。
この「売場で動画を流す」というアイディアは革命的な発想だったと思いますね。
動画を観るだけでも楽しめますし、右も左も分からない初心者にとっては棚にあるルアーを使ってバコバコ釣り上げているシーンは非常に参考になるものです。
そのルアーがどのようなフィールドのどのようなシチュエーションで使われているのか、具体的な使い方・・・タダ巻きでいいのか、何か操作の秘密があるのか、などなど・・・・

そのような「楽しく・ためになる」ルアー販促動画の中でひときわ異彩を放つ動画が、今回取り上げるマリアのカーボンバイブの動画





この動画、大手釣具屋で観たことがある人が多いでしょう。
妙な説得力を感じさせるナレーターの声、何だかよくわからないけど科学的に設計されているんだなと思わさせる解説、そして・・・



carbonojisan.jpg

ドキュメンタリーチックな照明のあてかたをしたインタビュー(苦笑)
結論からいえば、この動画の解説は全てがハッタリで、カーボンバイブは鉄板バイブというカテゴリーは特に悪くもなければ特に良くもない、まぁ「二流」とか「B級」とか「日東駒専」・・・じゃないな、「大東亜帝国」とか、それくらいのランクのルアーです。


適性

サーフ   ★★★
内湾干潟   ★★★
河川/河口  ★★★
磯      ★★★★
港湾    ★★★★★

自然と港湾堤防が一番の使い所・・・意外と磯でも使える


キャスティング

飛距離 ★★★★★
飛行姿勢 ★★★★★
キャスタビリティー ★★★★

カーボンバイブの真実その①

鉄板バイブとしてはクラス最低レベルの飛距離

動画を見返すと気がつくと思いますが、飛距離についてのコメントは一切なし。
カーボンバイブは鉄板バイブなので当然、実用的な射程を備えてはいますが、そのライバルたち比べてみると5~10mは劣ります。
5m劣るから釣果も劣るという話ではありませんが、魚影が薄い時や、逆風のタフコン時にはその5mが釣れる・釣れないの差になることもあるので、かなり残念な要素でしょう。
ちなみに5~10m劣るというのは「体感」みたいなアバウトな話ではありません。
実釣でダイワのリアルスティールと比較してみると


DSCN1389.jpg


カーボンバイブには届かないストラクチャーをリアルスティールだと余裕を持って撃てたという事実がありました。


レンジ

鉄板バイブなので普通はカウントダウンしてからの早巻き・・・つまりは任意のレンジで。
ただ、鉄板バイブにしてはちょっと浮き上がりやすいと思えます。


アクション・使い方

アクション ★★★

カーボンバイブの真実その②

平凡極まりないアクション

カーボンだからごくスローから振動が起きるのかと思った・・・
カーボンだから超早巻きしても安定しているのかと思った・・・
カーボンだから・・・


こういう事は一切ありません。
強いていうならば、結構早巻きしないと振動が発生しない系の鉄板バイブです。
プライアル鉄板バイブほどではありませんが。

つまり、背がカーボンであるかどうかはアクション性にまったく寄与していないということです。
動画の解説を注意深く聞いてみてください・・・

「カーボンであることの最大のメリットはフラッシング」と、まったく意味不明な供述をしていることがわかります。

バイブならフラッシングくらいするわっ!

背がカーボンであるから鉛部分により多くのウェイトを仕込めるから飛ぶとか
背がカーボンであるから独特の波動が出るとか

そういうことが一切語られることなく、「カーボンであることのメリットは軽さであって、すなわち、フラッシング」という意味不明な結論に達していることからして、マリアもカーボンを使ったハッタリを展開したまではいいものの、どう帰結させるか窮したのでしょう(笑)

使い方はというと・・・磯なり沖堤防なりで沈めて早巻き・・・まぁ、鉄板バイブとはそういうルアーですが、カーボンバイブだから釣れるというシチュエーションは存在しません。
カーボンバイブのフラッシングが他の鉄板バイブよりナチュラルベイトのフラッシングに近いから、それらのバイブより釣れるということも300%ありません。

ちなみにですが、素材がカーボンであるのはオレンジ枠の部分であって、


DSCN1386a.jpg


ウェイト本体の部分は普通の鉛です。
正確には「カーボン板バイブ」ですね。
鉄板バイブが「鉄板の背」と「鉛の本体」で作られているから「鉄板バイブ」というように。


フックチューン

DSCN1385.jpg


#6サイズがデフォルトで港湾で使うには申し分ないのですが、これ、ST46ではありませぬ。
マリア独自(?)のフックと思われます。
コーティングが剥げやすく、ややサビやすいので注意。


ルアーの入手

値段 ★★★
安定供給 ★★★★

カーボンバイブの真実その③

高いだけのカーボンバイブ

今、鉄板バイブのほとんどは中国で作られています。

コアマンのIP26
エバーグリーンのアイアンマービー
ジャクソンの鉄板VIB
ダイワのリアルスティール
ラパラのTETUJIN
etc.etc.

えっ?
IP26まで中国製なのかよっ!?
と思われる方もいるかもしれませんが、事実です。
その中でmade in Japanを頑張っているマリアのカーボンバイブは偉いですが、価格的にみればカーボンバイブはそのライバルたちに比べてかなり高く、しかも、その価格差を正当化できていないと思います。
この値段で国産でいいルアーなら・・・よろしい、買いましょう。
でも、カーボンバイブ程度の性能だと・・・買いません。
カーボンバイブ1個でジャクソンの鉄板VIBやメジャークラフトのジグパラブレードやラパラのTETUJINが2個買えるわけですから。

ちなみにカーボンの強度については・・・認めます。
多くの鉄板バイブはぶつけるとその背に不可逆的な破損・・・つまりは元の状態に戻らない重度の曲がりが発生し、そのアクション性を損なうか、最悪の場合ルアーとしての機能が終焉しますが、カーボンバイブは背が曲がらないのでカーボン板が砕け散るか、本体から剥離してしまうレベルの衝撃が加わらない限り使い続けることが可能です。


総評

最終評価 ★★★

カーボンバイブの真実その④

消え逝くカーボンバイブ

カーボンバイブに未来があるのか?といえば多分、NOでしょう。

まず第一にカーボンであることのメリットが実釣上、存在しない。
第二に、鉄板バイブとして基本設計が優れているわけではない。
そして最後に、鉄板バイブの生産の主流は中国になっており、価格面でどうやっても太刀打ちできない。

これを乗り越えるには設計を一からやり直して、カーボンであるから飛ぶとか、カーボンであるからスローからファストまで振動が一定に近いとか、鉄板バイブとしての性能を「カーボンであるが故に達成できた高いレベル」に仕上げないとムリでしょう。
「軽いからフラッシングがイイ」なんてタワゴトを言っている場合じゃないです。

カーボンバイブを買った人は値段が多少高くても「カーボンであるが故のメリット」を求めたのに、それが無いと判明した今ではリピートする事はないでしょう・・・つまり、カーボンバイブは平凡なのに高いということが周知の事実になりつつあるということです。

水素水とかゲルマニウムネックレスとか、そういうレベルのハッタリルアーは(仮に一時的なブームに乗れたとしても)やがて淘汰されて、ワゴンセールで「あ、昔こんなルアーもあったよね」的な印象を残して消えるでしょう。


胡散臭いハッタリエセ科学でシーバスアングラーを馬鹿にする商法は終わったんですよ。


カーボンを使ったバイブを、という着想はアリといえばアリですが、マリアのカーボンバイブは「カーボンを使ったらいいバイブになる」あるいは「いいバイブを作ろうと研究したらカーボンという素材に辿りついた」というプロセスを辿って作られたわけではなく、「カーボンを使ったハッタリバイブを作ろう」という出発点から作られているからおかしいわけですよ。

そのスタンスがおかしいのです。

マリアのカーボンバイブを三行でまとめると・・・

ルアーコーナーで動画を流すこと自体は良い
カーボンバイブはカーボンを使った意味がない
他社の鉄板バイブと比べて高い


DSCN1538_201612230850457fc.jpg







関連記事


Comment 8

2016.12.23
Fri
10:47

ジョージ拓馬 #-

URL

その通り

私も発売されて、すぐ買いましたが、期待外れでした。
ほんとに書いてある通りだと思います。

編集 | 返信 | 
2016.12.24
Sat
00:44

元ロン毛 #-

URL

これ出て直ぐ買いました。
釣れました。が、これでなきゃダメな理由が解りませんでした。
が、カーボンでルアーを作るって考えは面白いと思いました。
同社の西陣織の餌木と同じ様に「面白いから作った」じゃダメなんですかねぇ?

編集 | 返信 | 
2016.12.24
Sat
02:10

まっつー #-

URL

ド直球

いや、なんつーか「ボクが買う気が起きなかった」理由を理路整然と並べていただいた感がスゴくて笑いました。

なんですかね、先日フラペンでも言いましたがまず「ハッタリありき」というのがユーザーとして敬遠してしまうんですよね。
しかもそのハッタリが本当にハッタリだけで終わってしまっているから更に手を出す気にならないという悪循環。

あ、比較で上げられていたリアルスティールは僕も試しましたがボディバランスがよくてジャークしてもエビりづらくお気に入りです。

編集 | 返信 | 
2016.12.24
Sat
02:12

ヒデ #UHehxFXA

URL

右に同じく

期待ハズレ。タカミヤバイブでいいやって
思ってしまいましたw

編集 | 返信 | 
2016.12.24
Sat
21:36

タケシ #-

URL

動画の人マ〇タスポーツかと思いました

編集 | 返信 | 
2016.12.25
Sun
12:35

石鯛 #y8j/9w2E

URL

大規模量販店のバイブコーナーに設置されていたミニディスプレイに騙されて購入しました。(あのイワシのきらめきとかwww)バイブレーションはあまり使わないけどこれは特に使いません。そう言えば某中古釣具チェーン店で新品にもかかわらず廉売されていたな。やっぱそれなりの理由があるんだ~。ボラオさんのこのブログでどう評価されるか楽しみにしていましたがやっぱりというか納得です。

編集 | 返信 | 
2016.12.29
Thu
09:51

くるぼう #EYW6Ahq.

URL

飛距離がウリの鉄板バイブで飛距離イマイチなら普通のバイブでいいやってなりそうですね、安くてかっ飛ぶタカミヤのバイブと対照的なような

編集 | 返信 | 
2017.01.03
Tue
21:25

石鯛 #y8j/9w2E

URL

でもこれ、もっとカーボン部分を長くし、薄くして波動を強烈にすればありかな?
その分、カーボンの強度を増す必要がありますけどそこまでするつもりないだろうなぁ。騙された者の妙な心理状態かな?

編集 | 返信 | 

Latest Posts