フックカバーはフックポイントの鋭さを保つに有効か? - 初心者のためのフック講座

フックカバーはフックポイントの鋭さを保つに有効か?

 10,2017 10:54
DSCN3876.jpg


結論からいえば・・・


鋭さを守るという観点からすると、フックカバーあるいはフックキャップと言われる物をフックに被せる意味はほとんど無いかと思われます。


保管中であっても、シーズン中であっても、です。


以前は全ルアーに行き渡るようにフックカバーを買い求めていたこともありましたが、今では完全に無頓着というか・・・フックカバーの用法や存在を意識することはありません。


そういうわけで、ひょっとしたらフックカバーの購入に迷っている人がいたらお知らせします・・・必要ありません




まず最初に中~長期保管中のルアーのフックを守るという使い方を吟味してみると・・・


一度海水に漬けた使ったフックは短時間であっても洗浄したとしても保管中に腐食が進行する可能性がある
↓↓↓
フックカバーを被せても意味ないじゃん



仮に腐食の進行が起きなかったとして・・・


フックの劣化はルアー同士やケースへの衝突によって発生する
↓↓↓
室内で安置されているルアーは動かない・・・つまり保管中に新たな破損は発生しないからフックカバーの意味ないじゃん



・・・ということになります。


ルアーケース内でフック同士が絡むことを防止するため・・・つまりは純粋な整理目的のために装着するのであれば、理に適っていますが、それは今議論している「フックカバーはフックポイントの鋭さを保つに有効か?」というトピックとは別の問題です。




DSCN3879.jpg

130mmまでのルアー収納にお勧めのルアーケース:メイホウVW-2010ND-T





では次に、現役使用中のルアーに装着させることを考えます。
これには二通りの運用方法があると考えられます。

A:
現場に持ち込むルアー全てにフックカバーが装着され、キャスト寸前まで外されることはない・・・これによってフックのシャープさは限りなく万全に近い状態となる。


B:

現場に持ち込むルアーまでには付けないが、車で使うルアーをセレクトする際に、フックカバーを取り外してルアーケースに入れる・・・逆の言い方をすれば、車内格納時においてはルアーはフックカバーを装着された状態にある・・・これによって車内の揺れや振動による「ガシャガシャ衝突」でのフック劣化を防ぐことができる。



Aは理想論に過ぎない・・・というか、実際の運用においては様々な理由から成されることがないでしょう。

例えば、フックカバーをしたルアーを現場に持っていくと・・・

使用済みの付着したルアーからの水滴がフックカバーの隙間に入りみ、本来フックを守るはずのアイテムが腐食を助長する原因となりえますし、フックカバーの存在が限られたルアーケースの容積を著しく減少させ、その実用性を失わせたりします。

要するに、煩わしいだけで実用性がないのです。



ではBはどうかというと・・・


「あまり使うことがないが、念のため(ここぞというシチュエーションのため)常に車載しているルアー」に関しては、この運用方法はアリです。

よく使うことがある、所謂「一軍レギュラールアー」に関しては、フックカバーはフックの洗浄&乾燥という動作を面倒くさいものにするだけのマイナスポイントに成りかねないです。

しかも「一軍レギュラールアー」と言われるルアーの使用頻度の高さ・・・すなわち、実釣時の損耗率の高さを考えれば、フックカバーは大して意味をなさないでしょう。



というか、「フックカバーがフックポイントの鋭さを保つ」ことに寄与するというシチュエーションは“B”以外にないと思います・・・

それにしてもニッチな需要を満たすニッチなアイテムである・・・と、いえます。




あ、何らかの理由で自分以外の誰かがルアーに触ることを考慮する必要があるような場合(小さな子供が居る場合や、ルアーを人に手渡す際など)はフックカバーがあったほうがいいでしょう。

もしそういう用途にフックカバーが必要であればこれがお勧めです。
(記事冒頭写真の緑色のフックカバー)



オーナーの『安全フックキャップ』は付けやすく外しやすいので「煩わしさ」が他のフックカバーより小さいでしょう。
関連記事


Comment 4

2017.01.10
Tue
18:27

貧弱 #-

URL

前のコメントのアンサーが記事になってて
正直嬉しいです。

たまに運試しでミノー3つだけ引っ掴んで
ポケットに放り込みヒャッハーと家を
飛び出す事があるので、敢えて外しにくい
バーサスを使ってます。
 
が、ライジャケ必着にしてからはケースに
収納するクセがつき、カバーはしなくなりつつあります。
 

編集 | 返信 | 
2017.01.10
Tue
18:55

 #-

URL

全てのルアーケースをメイホウのリバーシブルケースにすれば問題解決!

編集 | 返信 | 
2017.01.13
Fri
08:18

しんしん #-

URL

フックカバーは①ルアー同士のフック絡み防止→素早くルアーチェンジを行う②キズ防止の条件を満たすので使用しています。
様々な大きさのルアーを色々持っていくので枠のあるケースは使いません。輪ゴムでフックを固定するのはルアー同士でキズが付くので好みません。

編集 | 返信 | 
2017.01.14
Sat
20:09

SurfaceSummer #-

URL

「あまり使うことがないが、念のため(ここぞというシチュエーションのため)常に車載しているルアー」
私このパターンです。一度そのカバー付き車載ルアーをそのままルアーケースに移してしまい、あろうことかそのままキャストしました。巻き始めの違和感で気が付き、「俺どんだけフック守りたいのだ、、。」と一人呟き高速回収した瞬間のバイト。なぜかアワせる俺、滑稽な満月の夜でしたな、、。魚の口からも守ってくれたので、フックカバーは有効ですな。

編集 | 返信 | 

Latest Posts