芋焼酎県でトレッキング - 2017年釣行記

芋焼酎県でトレッキング

 21,2017 17:40
DSCN3975.jpg


この日の予定は・・・


①朝マズメは前日入った磯

②釣れなかったら他の磯を開拓

③満潮から下げ始めたら本命の海峡ショアジギングへ


DSCN3930.jpg


起きたら・・・雨やんけ!





そういえばロクに天気予報とか見てなかったな・・・というわけで、今更ながら確認してみると・・・





風速15~17m




風速15~17m





風速15~17m

by GPV天気予報





はあっ!?





いや、ちょっとくらい吹いてくれてもいいけどさ、これ、ショアジギどころかヒラスズキでも躊躇われるレベルの暴風やん?


こういう天気になるならA草でヒラスズキのほうがよかったか。


でも今更A草に行くわけにもいかないので予定通りに①


・・・昨日入った場所にヒラスズキ“気味”のタックルにして恐る恐る降りてみると・・・



DSCN3941.jpg



ヒラスズキはできそう?


・・・と思いきや



DSCN3939.jpg



この↑の写真、何をしようとしている瞬間かといえば、キャスト中のテイクバック。

暴風すぎてロッドが後ろに寝てくれない(!)

ルアー(アイルマグネットDB125)は凧みたいに空中をさまよって降りてこない・・・


DSCN3942.jpg


鳥がしきりに海面に降りてくるので、ベイトはいることはいるんでしょう。

ただ、風がめちゃくちゃ過ぎるので釣りは半分諦めてこの釣行はポイント開拓の旅・・・すなわち②に重点をおくことに。


よっしゃ、移動や!





googlemapを頼りに・・・


DSCN3944.jpg


ちなみにロッドはもってません。




到着


DSCN3945.jpg



おっ、この磯は楽だな
(往来が楽ということは採集圧力が高いということでもある)


DSCN3946.jpg


悪くなさそうなサラシ具合ですが、砂が舞って濁っているのでロッドを持ってきて試すほどの魅力は感じられません。

一応ナビに登録、登録と。

土地勘が無いエリアでの釣行を(いつか)成功させるための下準備ですね。


DSCN3947.jpg


こういう「ダメな日」を捨てずに、いや、ダメな日だからこそ効率よく誰からの邪魔もされずに場所を探求できるというもの。

・駐車スペースの確保
・現場までの経路の確認
・その磯での一番よさげ(サラシ・潮の当たり具合)なポイントの確認

この作業は必ず次回以降に活きます。

駐車場で誰かが準備をしているのを見て「ここ釣れますか?」とか、誰かが引き上げてくるのを待って「今日釣れましたか?」なんて聞くよりは、自分で行って、自分で見て、自分で体験するほうが得られるモノが多いです。

人間は得られる情報の八割は視覚に頼るというじゃありませんか。

初対面の人の話・・・即ち情報ソースとしては二割以下の聴覚情報に頼るより、自分の視覚から得られた情報を頼るほうが科学的であるといえるでしょう。



さ、次の磯。



テクテク・・


DSCN3950.jpg


この島にはいくつかメジャーな「鼻」とか「崎」とかあって、それを巡っているわけですが、磯に降りるまでの難易度はかなり低いです。


DSCN3952.jpg


初めて訪れた自分でも迷うことも躊躇うこともなく、フツーに降りていけます。

磯歩きが苦手な人でも多分問題ないでしょう。






さて、到着


DSCN3955.jpg


オレンジの丸がさっき降りたところ
アカの丸が前日とマズメに入ったところ


DSCN3956a.jpg


四角の枠は、水道に近くて潮の動きが良さそうだけれども、googlemapを見るに降りていけるかどうか不明な岬。
奥にいけばいくほど水深があって青物に向いてそう。

その四角枠の奥にみえる土地はこの島のものじゃないはずです(その岬が最西端のはず)。

つづく





こんなタックルを使っています









関連記事


Comment 0

Latest Posts