使わなくなったルアーでスマホ落下防止ストラップを作ろう - ギア・ウェア・ガジェット

使わなくなったルアーでスマホ落下防止ストラップを作ろう

 30,2017 13:01
DSCN3988.jpg

簡単!

お手軽!

10分で出来るスマホ落下防止ストラップ製作のレシピだよん!


材料

・スマホ

・使わなくなった小型ルアー(後述)

・ダイソーとか100均の首掛けストラップ(ネックストラップ)

・自作アシストフック用PE(50LB程度が目安)

・スプリットリング2個(#4サイズ以上推奨)

・ソリッドリング1個

使う道具

・自作アシストフック用ニードル

・ライター

・PEカッター付きプライヤー





スマホとスマホのストラップコード取り付け部位の確認

スマホを取り出します。


DSCN3989.jpg


スマホには大抵、ストラップコードを取り付ける窪みがあるので、まずはどこにあるか確認しましょう。


DSCN4004.jpg


え?
ない?
無い場合はそのスマホを窓から投げ捨てて適切なスマホを入手することから始めてください。


ストラップ用ルアーの確認

色々研究しましたが、ストラップ(根付)として使うルアーは次の条件を満たしていることが必須です。
ちなみに自分の愛用ストラップはリップが折れたタイドミノー75スプリント。


DSCN3998.jpg


1.95mm以下の小型ルアーであること・・・60~80mmが最も好ましい
2.高品質の塗装が施されているルアーを使うこと・・・剥げやすいとカッコ悪い
3.パール系よりホロ系がGOOD
4.「お魚さん」であることが釣りをしない人にも一目瞭然であること・・・カワイイは正義
5.「ルアー」であることが一目瞭然であること・・・そのストラップは色々な会話の糸口になります
6.リップレスであること・・・リップは間違いなく折れます・・・折れても美的外観が損なわれないリップ付きルアーであれば可
7.固定重心推奨・・・重心移動はカラカラ五月蝿くて邪魔になります

おそらく、ラパラCD7のレッドヘッドあたりが「最強に可愛く」「皆が知るルアーで」「サイズ的にもピッタリ」と、誰しもが思うでしょう・・・


raparacd7.jpg


が、ラパラの塗装は剥げやすいので「可愛さ」はそうそうに消え失せ、パール系の色は汚れがすぐに目立つようになって1ヶ月後には「こうじゃなかった・・・」的な後悔をすることになるのでお勧めしません。

ジャクソンのアスリート7とか、ワンダー60/70/80あたりのホロ系カラーが安全牌です。

何故60~80mmクラスのルアーが良いのかといえば、スマホのサイズとのバランスの問題で、どちらかが主でどちらが従であるかを考えればわかるでしょう。

当然ですが、フックは外してください。

使うスプリットリングはデフォルトの物ではなく、なるべく大型で丈夫なリングにしましょう。


DSCN3993.jpg


写真のものは#4か#5か忘れましたが、それくらいのものです。
取り出しにくい内ポケットからルアーストラップを頼りにスマホを強引に取り出すなんてことをするので、スプリットリングは実用パーツです。

また、スプリットリングの口径が小さすぎるとネックストラップのフックが入らないので、大きいに越したことはないです。


DSCN4001.jpg


ソリッドリングはPEラインをルアーに結ぶためのアイテムなので、サイズ感は適当でOKです。
↓は多分内径4mm


DSCN3992.jpg


スプリットリングは

・テイルのフックアイに1個装着したうえで、ソリッドリングも装着

・ラインアイに1個装着

ソリッドリングの取り付けは逆でも可です。


DSCN3997.jpg


ここまで準備できたら次はアシストフック用PEラインをスマホに通す工程に移ります。


ストラップコードをスマホに取り付ける

この工程で必要なのはこの二つのアイテムです。

DSCN3999.jpg

よつあみの柄付ニードルとシャウトのアシストPEライン50LB



まぁ、大抵の人は自作アシストフックのためにアシスト用PEもニードルも持っていると思うので、それを使ってください。
アシスト用PEは細すぎるとハードな使用によって早々に摩耗して千切れてしまい、太すぎるとスマホの穴に通りません。
50lbくらいのPEだと1年は持つと思います。

間違ってもヤワで貧弱な一般用途のストラップコードなんかは取り付けないでください。

釣りにおいてのスマホというのは己の命を救うことができる最重要アイテムであり、コードが千切れてしまったなんてことは絶対に許されないのです。

あ、いうの忘れてましたけど、この記事はけっこうガチ系(安全啓発活動系)の記事です。


スマホを落とさないように運用することと、スマホを厚着(ライジャケ→防寒防水ジャケ→インナーの胸ポケ)の中から素早く強引に取り出して使用することを想定しているストラップ作りです。

丈夫なヒモとソリッドリングだけを使ったスマホ落下防止ストラップを作ったこともありますが、ルアー付いていると断然にポケットから取り出しやすいのが判明したので、ソリッドリングだけでなくルアーのストラップを必ず付けるようにしています。

話しを戻します。


DSCN4006.jpg


大体これくらいかな、という長さでPEを切ります。

まぁ、初めての場合は長めに切ってください。

次に・・・


DSCN4007.jpg


PEの中軸を取り出し、捨てます。

次に中軸を抜いたPEをスマホのストラップコード取り付け穴に通します・・・

もしかしたらここが一番ムズカシイ工程かも?


DSCN4008.jpg


細い針金なんかを使って押す&引っ掛けて抜くと早いです。

ここでニードルの出番


DSCN4013.jpg


アシストフック作成とまったく同じです


DSCN4014.jpg


フウゥ~ッッッ

抜けた~!


DSCN4016.jpg


余計なPEをカットしますが、ソリッドリングに結ぶためには長く残しておいたほうが簡単です。


DSCN4017.jpg


・・・が、ソリッドリングに結ばれた状態でPEラインが長く残るとバランス的におかしくなるので

・結ぶために長く残して切る

・結んだあとは短く残るように結ぶ

この二つの事を覚えておきましょう!


DSCN4018.jpg


オプションとしてライターで結び目の端を炙り、コブを作りましょう。

コブを作るとアシスト用PEとソリッドリングの結び目が抜けにくくなり、より安全度が増します。


完成!

ダイソーなりなんなり(ちなみにダイソー製のネックストラップは強度の面でも持続性の面でもかなり優秀なのでオススメです)の首掛けストラップをルアーストラップのスプリットリングに装着すると・・・


DSCN4021.jpg


完成!!!

ちなみにこのスマホは防水性能が超高いうえに、防塵性も耐衝撃性も強いので、「首から掛けるだけ」でウェットスーツとライジャケの上に露出させたまま磯で使ったりしてます。



このストラップ、釣りをしない人にもウケがいいですよ!

是非使わなくなったルアーで作成に挑戦してみてください!!
関連記事


Comment 3

2017.01.30
Mon
22:21

ワゴンセール #JalddpaA

URL

iPhoneには、ストラップ取付場所がないので、投げ捨てました(。´xω×)ウワーン

そもそも、防水ですらない(/ _ ; )

編集 | 返信 | 
2017.01.30
Mon
23:55

貧弱 #-

URL

いつぞやのつまらん問いかけに、
わざわざ新たな記事でのアンサー、
何時もながらにありがとうございます。

女子供ウケは全く必要ないので、
ザラかウッドプラグでも結んで、
スマホ浮かぶようにしようかしら?
若干新喜劇の松浦真也の持ちネタみたいに
なりそうですが(笑)。

編集 | 返信 | 
2017.02.01
Wed
23:15

SurfaceSummer #-

URL

ストラップにするルアー選ぶのに11分以上かけてしまいそうでんがな。

私はキーホルダーとしてカストマスターを使っていますが、あまりに自然過ぎて誰も釣具とは気づきません。

編集 | 返信 | 

Latest Posts