ユニチカ ショアゲームPE X8 セカンドインプレッション 1.5号 磯ヒラ編 - シーバスライン

ユニチカ ショアゲームPE X8 セカンドインプレッション 1.5号 磯ヒラ編

 24,2017 12:51
DSCN4124.jpg


あれ?


色がおかしくね?


このラインって、完全なホワイトでしょ・・・?






巻いた日

DSCN3766.jpg


↓↓↓



実釣その1


DSCN3854.jpg


↓↓↓


実釣その2


DSCN4124.jpg


というわけで、今はほんのりピンクに染まってますが・・・これは使っているスペーサーPEの色が移っているからです。

意図して付けたものではありませんし、自然に変色したものではありません。

まぁある意味では「自然に変色した」と言えるのかもしれませんが(苦笑)

海藻に触れると緑系に、ドブ港湾で使うと茶系に・・・という具合に、ホワイトカラーのPEラインはどうしてもそうなってしまいますね。


さて、今回「ユニチカ ショアゲームPE X8」について語るのは・・・磯での実釣を重ねて思ったこと。




結論からいうと、やはり磯にはこのホワイトが向いていません。




逆にいえば、視認性以外は素晴らしいラインだと思います。

特に飛距離に関してはその太さにも関わらず、相当なレベルに達しているのではないかと思われます。

前回の記事で「ちょっと太くない?これ・・・コーティングどうなのよ?」と書きましたが、期待を裏切るガイド滑りの良さ、飛距離の長さが今でも続いています。

つまりコーティングが長持ちしているということですね。
結束部位付近の毛羽立ち・軽度のエアノットは発生したことありますが、高切れ・バックラッシュ等の重大インシデントは未だに1回もありません、。


※注※
このコーティングの明らかな弱点というか特質は既に明らかになっています・・・リーダーあるいはスペーサーとの結束箇所付近はコーティングの落ちが特に早いです・・・それだけは要注意。
コーティングが落ちるとヨレが加速するのか、撚りが崩れるのか、それともその両方なのか、ライントラブルを誘発する間接的原因となります。
結束の出来がいいから、メインラインに擦れなどのダメージが見られないからといって、長く使い続けるのは危険。
定期的な先端カットが必要です。
このあたりのラインの性質はあきらかによつあみのG-soulx8upgradeとは違います。




ここまでは、その価格の安さを考慮するとなかなかイイ線行っているんじゃないかと言えるでしょう。


・・・が、磯ヒラでの使用に際しては視認性の欠如という重大な問題があります。






無理ゲー・・・


DSCN3894_20170224114754748.jpg


↑この写真はルアーは見えてますが、ラインは完全にサラシと一体化しております(苦笑)






いや、ほんと、ムリっす・・・


DSCN4117.jpg


↑ルアーがどういう軌道で泳いでいるのか、ラインから得られるヒントは皆無です




荒磯ではルアーが大きなウネリに攫われて、本来意図していたトレースコースから消えて見失ってしまうことがあります。

また、ちょっと沖に投げてから足下のキワのサラシを攻めるような巻き方をする場合は、今自分どの辺を通しているのかちゃんと把握できるかどうかが、ゲームの成否の鍵となります(できないと根掛かり多発)。

もしルアーを見失ってしまってしまったら、ティップ先数十センチのラインの向きと出方をみておおよその見当をつけるわけですが・・・・このラインだとティップ付近でもうすでに見えません(苦笑)
サラシの白と完全に同化してしまいます。


ナイトゲームではホワイトは視認性に有利だし、デイゲームでもサーフゲームや港湾だとそれほど問題ではないでしょうけれど・・・磯用にどぎついピンクブライトなオレンジが欲しいところですね、特に1.5号以上のサイズには。

G-soul x8 upgradeのグリーンが特に磯際の視認性が良かったという話ではないのですが、ユニチカのショアゲームX8と比べると明確にアドバンテージを感じました。



・・・というわけで、主に磯ヒラ用に1.5号+スペーサーPE4号+フロロ30~35lbの編成で使っていますが、「磯ヒラ用としての次回購入」はおそらくなかろうとかと思います。
それはラインの本質の良し悪しではなく、カラーが磯には不向きだという理由で。



ライン自体はいいので、サーフ用とか堤防ライトショアジギ用には使い続けるかもしれませんがね。



ここまでのユニチカ ショアゲームPE X8まとめ

・太い
・さらさら系のコーティングでスムーズ
・結束部位に注意(要先端カット)
・よく飛ぶ
・スプールには密な感じで納まる
・安い
・磯では視認性が悪い
・耐久性の続報については1号のインプレを乞うご期待



次のインプレは1号を使ったナイトゲームでの港湾・河川&デイゲームでのサーフ・ライトショアジギでの感想を予定しております。



関連記事


Comment 1

2017.02.24
Fri
15:13

matt #-

URL

こんにちは。
毎回楽しく拝見しております。
ぼらおさんはPEとスペーサーはどのようなノットでつないでますか?
参考にしたいのでよろしくお願いします。

編集 | 返信 | 

Latest Posts