写真 - ぼらお百物語

写真

 27,2017 11:31
PB110491-Edit_TP_V.jpg


年々過密化する都会のソルトルアー。


このシリーズは真夜中一人の釣行の際にこの物語を思い出してもらうことにあります。

現場で怖くなってきて集中力を失ってもらえれば儲けもの。

現場に行くことを躊躇うようになれば、尚よしというやつです。


話はフィクションかもしれませんし、実際に起きたことかもしれません。

もしかしたら、あなたに起きることかもしれません。





「写真」


夜、釣りをしていると足下に写真が一枚、流れてきた。


その写真はすこし大きく・・・メイホウのルアーケースくらいの大きさで、白黒だった。


そこには三十前後と思わしき女性が写っていた。




無表情な女性の、白黒のポートレート。




夜一人で釣りをしている最中にそんな写真が足下にくるのは“中々の出来事”なので


よし、パシャリと撮って怪談のネタにしてやれと思った。


いざ撮影しようとしたその時・・・流れが写真を動かした。


写真は水に揉まれるように水中をひるがえった。






ファインダー越しに、確かに見た。



それまで無表情だった女性の顔が、凄い形相でこちらを睨んでいたのを。







DSCN4282.jpg

関連記事


Comment 0

Latest Posts