博多湾バチ抜けシーバス - 2017年釣行記

博多湾バチ抜けシーバス

 12,2017 03:51
DSCN4409.jpg


本当は秘密なんですけどね!



「博多湾も東京湾みたいに早いバチ抜けがあるよ」



という趣旨の発言を以前からしてきたわけですが、そのトップシークレットを公開しましょう(マジ)。





えー、早速期待を裏切るようで申し訳ありませんが、冒頭の写真はバチ抜けとはなんの関係もありません


R-32で流れを探って、普通のタダ巻きやちょんちょんトゥイッチから、サーフヒラメでメタルジグをボトムパンピングさせるようなアクションに変えたら出てきた2匹のチビの内の1匹です。


DSCN4412.jpg


さて、ここからが核心です。




なぜ、東京湾を始めとする「戻りが早い地域」は早ければ2月にシーバスが戻っているのに、博多湾には2月どころか3月になっても戻らないか、理由を知っていますか・・・?




ぼくは知ってます。




全て、体系的に説明できます。




1冊の本になるくらいのディープな話で、かつ、超面白い(興味深いという意味で)ので、「なぜ2月に戻ってこないか」についてはもったいぶってこれ以上は触れないことにします(笑)。




自分が不思議に思っていたのは、なぜ3月末~4月頭に戻ってくるのかということです。



なぜ2月でも3月頭でも3月中でも4月中でもなく、3月末から4月頭にかけてなのかを、です。



実はこのバチ抜けと関係があるんじゃないかと思ってます。



DSCN4419.jpg


DSCN4421.jpg


DSCN4424.jpg



これは博多湾の、3月の、バチ抜けです。



2017年の3月の博多湾のバチ抜けです。



博多湾のバチ抜けは奥が深く、自分が把握しているかぎり「5シーズン」といいますか「5パターン」といいますか、2月から7月にかけて、時と場は全然違うんですけど1年に5種のバチ抜けがあります。



2月のは特殊すぎて、見たことある人はあまり居ないんじゃないかと思います。


3月のは、この記事で述べているものです・・・これもマイナーです。


4月末から6月にかけて起きるバチがもっともメジャーなバチ抜けで、皆が知るバチ抜けです。


↑のバチにやや遅れて「バチはセイゴフッコがメイン」という常識に反する特別なバチが起こります。


それが終わって正真正銘「夏」になってから、某所で抜けるマイナーかつ不思議なバチがあります。




自分が把握できていない形態のバチ抜けも存在すると思いますが、殆どの人が「5月末から6月にかけて起きるもっともメジャーなバチ抜け」以外、存在も知らなければモノにもできていないんじゃないかと思います。
・・・そういう自分も5つある内の2つしかモノに出来ていませんが(苦笑)




あ、話しがズレましたが、バチの上にも3年といいますか、バチ抜けという現象を軽くみないほうがいいということですね・・・じゃなかった、あまり知られていないこの3月のバチ抜けこそが、シーバスを沿岸に呼び寄せる「呼び水」的な作用を果たすんじゃないかと、疑っているわけです。



この2~3月のバチ抜けを釣ってやろうと野心を抱き続けていますが、未だに実現できていません。



DSCN4423.jpg


DSCN4422.jpg


DSCN4414.jpg



どうでもいい話ですが、この3月のバチ抜けは2種類のバチが抜けている・・・かな?


5cm前後の白っぽいのと、もっと長い7~12cmの青っぽいの。


実際のところ、夜、水中をウネっているバチを目視で「これは○○ゴカイ、あっちは□□ゴカイ」とか分類できるのは専門家レベルのバチエキスパート(?)だけと思うので断言はできませんが。






結論からいうと


この3月のバチ抜けには


シーバスは付いていません


それ故に・・・







あ~


すげぇおもしれ~








知りたい?



ねぇ



この続きを知りたい・・・?




















釣りって、水辺で糸を垂らして魚が釣れた釣れなかっただけがポイントじゃないんですネ。

釣りすることによって得られる「知的好奇心の充足」を相対的な満足度で表すならば・・・多分、ランカー100匹分より大きいです。
釣れない冬の海に浸かり続けて数年・・・数年越しに満たされるような、こういう形而上学的な釣りも存在します。

魚は釣れなくても釣りは完成されることがあるのです。


使ったルアーズ


DSCN4429.jpg


安定のR-32に静ヘッド・・・ヒットカラーはチャートラメ

ニョロニョロ105とマニック95は完全無反応






こんなタックルを使っています







関連記事


Comment 1

2017.03.15
Wed
00:38

佐藤スズキ #-

URL

初めまして。コメントは初ですがブログはよく拝見しています。

そのバチがヤマトカワゴカイだとしたら
色違いのバチは同一種で白っぽいのがオス
青っぽいのがメスらしいです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts