手打ちそば 不老庵 香椎宮 - 食

手打ちそば 不老庵 香椎宮

 20,2017 12:03
DSCN4489.jpg


関東が関西より勝っている、数少ない美食の一つ・・・それが、蕎麦


近畿以西の人は東京の黒くて塩辛いだけのうどんダシを「墨汁かいな」と嗤い、東京人がマグロを尊び白身魚の味を理解せぬのを「まァ、お気の毒になァ」(←京都人風のアクセントで)と馬鹿にする。


ところが、蕎麦の話になると関西・・・いや、福岡人は・・・ヤバイ。


そもそもまともな蕎麦を食する習慣がない。


習慣がないから店もない。


そば?


牧のうどんで?


・・・みたいな(苦笑)


蕎麦に無知すぎ、無頓着すぎて、これはもう、ヤバイとしかいいようがない。



“蕎麦をつゆにドボンと付けたら風味が台無し”

“蕎麦は喉越しを良しとするから噛んじゃなんねぇ”



みたいな落語ネタを一も二もなく信じしてしまうほど純粋無垢(と書いてバカと読む)でヤバイ。


そんな我々福岡人の、蕎麦コンプレックスを癒やしてくれる店が、東の静かな場所にあります。





ちなみに不老庵の駐車場は対面にある醤油屋さんの横に3~4台分のスペースありますが、香椎宮の駐車場から余裕で歩いてこれる距離に店があるので、「ちょっと遅く来たかも」と思ったら香椎宮に駐めたほうがいいでしょう。



アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム


不老庵・・・東の人はその名を知ってる癖に、実際に行ったことがあるという人は何故か少ないです。


きっと「板わさでまずは冷酒を一杯」とか「蕎麦はつゆに付け過ぎないように」とか「チュルッと一口で噛まずに啜って」とか、そういう格式高い作法(?)が求められるような店だと思っているのでしょう。

福岡人の“蕎麦コンプレックス”ここに極まれりといったところでしょうか(苦笑)

ちなみに、不老庵は昼から若旦那が天ぬきなんかで酒を飲むような店ではなく、普通の、(美味い)蕎麦を食するための店です。

気兼ねなく入れますので、ご安心を・・・


ま、週末の朝に香椎宮に参拝して、周囲を散歩して、腹をすかせてから行ってみましょう。

開店は11:30からですが、ミシュランガイドにも載った人気店なので開店前に並んで待つのもアリです。

週末でも「激混み」にはならないと思いますが、お昼を過ぎると順番待ちになることもあるようです。


DSCN4490.jpg


今回も一番乗り

開店前15分くらいになるとお姉さんがメニューを持って外で待っている人に配ってくれます。

中に入ったらすぐ食べられるように。

オススメは

天せいろ1300円 



鴨せいろ1500円

(それぞれ+200円で大盛り可能)

ですが、蕎麦だけを集中して食べるのもアリなので3人前の麺が入っている

箱そば1800円

を1人で食すのも選択肢に入れていいでしょう。
大いにアリです。

要するに、1人あたり±1500エン程度。
リーズナブルです。

店に入るとお茶と蕎麦のお菓子で暇つぶし
(飲みたい人はビールをどうぞ・・・)

そして・・・


DSCN4492.jpg



ジャ~ンッ!!



手打ちの十割蕎麦



DSCN4493.jpg


前回来たときはもっと灰色で、麺にコシがあまりなく、ややボソボソした感があった蕎麦でした。

もっとも、つなぎが入っていない十割そばの食感はそんなものですし、確か季節は夏・・・新そばが出回る前の時期だったので、それはそれで美味しかったです。

つゆも濃ゆく、「伝統的江戸前のストロングスタイル」で、本当に「蕎麦はつゆに付け過ぎないように」食べた記憶があります。



今回はやや緑がかってフレッシュ感満載な、喉越しが素晴らしい蕎麦でした。

季節の違いか、粉の違いか、店主の進化か、それともそれらの複合的な理由なのか、今回は蕎麦の、香り・のど越しともに格段に良くなってました。

つゆもアッサリ風でカツオ出汁より酸味が前面に出ており、蕎麦コンプレックスに悩む福岡人がドップリ付けたとしても問題ない味になってます(笑)

天ぷらも以前はゴマ油の風味がもっと強かったのに、わざと控えめの配合にしていると思います。

これは、春の野菜の風味を殺さないためかな、多分。


エビ、甘ァ~

菜の花、旨ァ~


やっぱりここには公共交通機関で来るべきやな・・・いわゆる「蕎麦屋の飲みメニュー」はありませんが、酒はあります。


ここでヤって、香椎の角打ちでヤって、気持ちよくなってワーワー騒ぎながら街を歩いていかがわしい店に・・・



という遊び出来る街であったはずなのに、香椎の街は区画整理を始めるのが遅すぎて福岡でも有数の負け組の街となりました。

もう既に隣の千早にも差を付けれられ、今後追いつくことはないでしょう。




・・・などと空想しながらズルズルしていたら、蕎麦は終わっておりました。

もちろん蕎麦湯を楽しみますが、蕎麦屋や寿司屋でダラダラ居座るほど「いなせ」ではない行為はありません。

お茶を頂いて余韻にすこし浸ったら、外で待っている人のためにサッと勘定を済ませて店をでましょう。


DSCN4491.jpg


またね~!
関連記事



Comment 2

2017.03.23
Thu
12:32

SurfaceSummer #-

URL

私はニ八くらいが好きです。もっとも十割を食べたことがないのですが、、。
おいしそうなお店ですね、、。
私は海苔とワサビがあれば、おいしくても無理に天ぷらはいらない派なのですが、こちらの「へぎそば」と呼ばれるようなそばの場合、つゆに天かす?揚げ玉?みたいなのをいれて、そばと共にすする食べ方「も」あります。あれうまいです。

編集 | 返信 | 
2017.03.23
Thu
22:59

くろこげ #jjTL4YWY

URL

実家の近所です。

罰当たりな子供の頃は香椎宮でザリガニ釣りをしておりました。

香椎の道路事情は本当にひどくて、車が離合に難渋するところが多いです。工事が始まって50年近く経つのにバイパスは未開通ですし。

そこから少し歩くと不老水がありますので、飲んで寿命を延ばされてくださいませ。

編集 | 返信 | 

Latest Posts