始まりを予感させる1匹 - 2017年釣行記

始まりを予感させる1匹

 31,2017 10:23
KIMG6974.jpg


ベイトが増えたなァ~


バチ

トリッキーバチ

ハク

エビ(アミ?)

イナッコ

コノシロ


一気に増えた。

浸かっていると分かる。






わかりにくいですけど


KIMG6971.jpg


ハク


KIMG6972.jpg


4月の博多湾の4主役ですナ


まだ数はそれほど多くない上に、サイズも極小です。


あちらこちらでハクとバチを啄むような捕食音が聞こえたので、これはもしかすると今夜・・・?


なんてスケベ心丸出しで、フラッタースティック70を選択。
もちろんベイトサイズを意識したチョイス。


流れの澱みのライズは一切無視(そいつらは居残りの雑魚でしょ・・・)して流れの中心のみを狙います。
色々ルアーを替えつつ・・・





ウム、無理であったか





小型シンペンに戻して流芯に拘らずに探ると、自分の立ち位置近くで、なかなかシャープなバイトアリ

やっぱりルアーサイズが大切ですの。
フラッタースティックはおそらくグローカラーが合わなかったのでしょう。

すかさずスーサンに替え、自分には珍しくジャークを入れながら、ナイトゲームにしてはかなり早いリトリーブをしていると・・・


KIMG6977.jpg


うわっ・・・クサっ
掴んで水から揚げた瞬間、鯔のような匂いがしました(笑)

居残りやん・・・

セイゴやん・・・多分40cm届いてないやん


この場を諦め、イナッコ中心のスポットでしばらく投げますが、無反応。


そしてコノシロが集まりやすいスポットに移動しますが、無反応。


コノシロは小さな群れが入っていました。


ホンの1~2週間でえらい違いです。

海が生命で溢れています。

春先のウェーディングの何が楽しいかというと、ルアーに対する警戒感がない「イノセントな群れ」に当たるかもしれないワクワク感ですね。

いつあたるか・・・今日か、明日か、次の潮か・・・って。


とろで、海を見る限り、シーバスやチヌやキビレが今にでも戻ってくる予感がプンプンしてます、が、同時にアカエイも戻ってくることも間違いありません。


今年はアングラーが多い年になりそうですが、エイの一刺しには十分気をつけてください・・・自分の経験からすると泳いで動いているアカエイの危険性はあまり高くなく、砂に潜って動かないアカエイが激ヤバで危険です。








使ったルアーズ


KIMG6979.jpg


写真撮り忘れ:フラッタースティック70

フラッタースティックで無反応
エリア10で無反応
マニック115で無反応
アダージョ65で1バイト
スーサンでヒット!



こんなタックルを使っています








関連記事


Comment 2

2017.03.31
Fri
10:38

貧弱 #-

URL

あ、ライトの電池入れ替えなきゃ

編集 | 返信 | 
2017.03.31
Fri
13:21

遼紀 #-

URL

私のホームもエイだらけです。
流れの早い場所=浅い場所は潜る習慣があるので要注意です。
よく見ると尻尾だけ出しているので海藻かな?と思っても要注意です。
潜っているエイを踏んでしまうと尻尾を振りかざし刺してきます。
まあ運ですね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts