【ダイソー】100円で買える便利なアイテム・スプールケース【100均】 - タックルあれこれ

【ダイソー】100円で買える便利なアイテム・スプールケース【100均】

 03,2017 12:12
DSCN4544.jpg


100均で作るスプールケース

必要な素材
・ネジ蓋のクリア容器
・隙間テープ

必要な道具
・カッターナイフ
・ボンド

費用:216円
(隙間テープは余るので2個目以降は108円)

製作時間目安:1~3分




まず、100均でこれぞと思うサイズの容器を探します。

経験上、中身が見えるクリア容器のほうが、中身が見えない容器より600%くらい利便性が上なので、クリア容器を選びましょう。

あ、フタが「タッパー式」だと高価なスプールが悲惨なことになり得るので、絶対にネジ蓋(スクリューキャップ)式を選びます。

サイズは・・・どうせ108円なので気になったもの全部買ってもいいと思います。

容器の準備ができたら、次に大事なスプールが傷付かないように容器の中に隙間テープを貼ります。

↓隙間テープ


DSCN4547.jpg


スプールを収納した際に、遊びが無くなるように、スプールが中で動かないように隙間テープを貼っていきます・・・まだボンドは使わない「仮どめ」です。

底と、スプールリング周りが大切ですね。


DSCN4548.jpg


隙間テープを仮どめしたら、実際にスプールをいれてみます。


隙間テープが厚すぎてスプールが入らないならば、カッターナイフで隙間テープを切って調整します。


DSCN4549.jpg


お、ピッタリ、ジャストフィット。

ボンドを塗って隙間テープをしっかり接着させたら出来上がりです。

所要時間3分で、下手なリールより高い15ソルティガ様の替えスプールをしっかり守れるケースが完成しました。
(ちなみにソルティガのスプールは15ルビアスと殆ど同じ値段です・・・)



スプールケースは色々と手を出してみましたが・・・
結局小型スプールケースは携帯性が命


DSCN4560.jpg


その場でサッとスプール交換して釣りを続行するためには
スプールケースが手元に無いとダメなんですね
つまり、肩のD管なんかにブラさげることが可能な、タカ産業のカラビナ付スプールケースが最強
カラビナ付きでない小型スプールケースはタックルボックスの肥やしです




でも大型リールは「その場でサッと交換」なんてことをしないわけです。
大型リールを使用中にスプールの交換をするような重大インシデントあったならば、十中八九、釣り座を離れて安全な後方基地で時間をかけてシステムを組み立て直すでしょう。
つまり、大型スプールケースはカラビナが要らないので、100均製でもメーカー純正品でも純正品より高いサードパーティー製でもなんでもいいんです。

いや、100均製のほうが1個1個妥協なく作れる(苦笑)ので、スプールを守るという目的からすると純正品より優れているかもしれません。





いかがです・・?



216円ですよ、ソルティガのスプール・・・じゃなかった、ソルティガのスプールケース。
関連記事


Comment 1

2017.04.03
Mon
20:30

SurfaceSummer #-

URL

こういう事するのも全部「釣り」と考えるとほんと一生もんの趣味ですよね、釣りって。

ところでアクシデント発生時に限って替スプールが車に置き去りの私は何なんでしょうか。

編集 | 返信 | 

Latest Posts