博多湾シーバス エリア10EVOで60up - 2017年釣行記

博多湾シーバス エリア10EVOで60up

 07,2017 10:23
DSCN4613.jpg


アフターの偵察兵をゲット!


この1匹はマグレだけれども、この1匹が釣れたのは必然でもある。





・・・なんて書き出しにすると玄人っぽく見えません?

え、見えない?

あ、そうですか・・・





あ、全然関係ない話ですが、ツイッターなどでお世話になっている

No-Biteさん

をリンクに加えました。

老舗かつ全国区のシーバスブログなので面白いですよ!

最近は釣りブログを始めとする釣りSNS業界(?)に潜む闇について、鋭く追求のメスを入れているようです(苦笑)



DSCN4637.jpg



さて、突然ですが、博多湾のアフターシーバスの過去の戻り状況についてちょっと書いてみましょう。



2012年は・・・4月

2013年は・・・3月

2014年は・・・3月


2015年は・・・4月

2016年は・・・4月



これは自分のデータの蓄積が無くても、ある程度経験を積むとわかるようにます。

例えば・・・ “1998年”

この頃のぼくちんはシーバスとは無縁も無縁ですし、1998年といえばまだインターネット黎明期なので人様の釣りブログからデータを探すなんてこともできません。
が、アフターのシーバスが博多湾に戻ってきたのは3月26~29日頃だとわかります。

え?

そこまで具体的に?

どうやって?




・・・内緒




(誰でも「検索」すれば可能です・・・検索方法が特殊ですが、分かってしまえばどうってことありません)




ただし、全てが全て、正確に推測できるわけではありませんし、当年の予測もハズレることがあります。



当たった予測

外れた予測

例外的存在

覆された定説



DSCN4615.jpg



今年初のスズキサイズとなったこの個体はただの“例外”であって、取り立てて騒ぐ必要はないのですが、例外を追っていくとひょっとしたらいつか「過去に事例がない新説」にたどりつくことがあって、自分一人のスペシャルな釣りにまで発展するかもしれない・・・と、そういう野心を持っているアングラーならば予測外の釣りをせねばならないわけですね。

それが九分九厘、釣れない釣りになるだろうとわかっていても。



DSCN4631.jpg



そういうわけで、釣れそうにない日の釣れそうにない潮に竿を出すためにトボトボと水辺にやってきたのでありました。

まずはコノシロとイナッコゾーンに足を伸ばしますが、反応は皆無。

唯一発生したドラマはR-32と静ヘッドの根掛かりのみ・・・静ヘッドを伸して回収。

それから潮が動いてそうな場所を探して歩きます。

歩きます。

歩きます。

アダージョ65とスタスイ80で無反応なので、マリブ78に替えます。

マリブで長いこと時間を浪費した後、なんとなくマリブだとレンジが上すぎる気がするので、エリア10EVOに替えて水中に沈め、底から少し上の層を流されるベイトをイメージして巻いてみます。

これには理由が2つあって・・・・

1つは「いるけど活性が低い」と仮定した場合、本当に口元をかすめるように巻かないと食ってくれないだろう、という理由。

1つは「シーバスはいないけどチヌ・キビレがいるかも」という単純なスケベ心。

エリア10EVOにして流れをきざみながら、トレースコースを変化させながら歩いていると、アカエイがもう戻っていることに気が付きます・・・おお、もう油断できないね。

そして、とある一点で静かなアタリが発生。

軽い感じがするので、セイゴに本気になってもなと思いつつ回収に掛かると・・・

意外と重い。

意外と重いけどドラグは出ない。

(↑R-32の根掛かり回収の際にドラグを締めたままでした)

セイゴのスレ掛かりかな・・・?

と、近くまで寄せるとエラ洗いを始めてサイズが明らかに・・・セイゴじゃなかった(笑)

ドラグが締められたままで全然働かないことにようやく気がついて、アーリープラス89Lの曲がりに頼ってクネクネと魚を捏ね回します。

よいしょ!



DSCN4618.jpg



おっ!


60up!


嬉しい1匹ですが、釣り上げた瞬間にこれが例外であり偶然の1匹であることが、なんとなく分かっていました。


DSCN4620.jpg



意図せぬドラグガチガチ設定でも獲れたのはこのロッドのお陰。

使用ロッドがなぜアーリープラス89Lかというと・・・UC79だとこのデリケートな時期の釣りには絶対に向かないであろうことが察せられるから・・・いや、この時期に使ったことないですけど、絶対に合わないってことくらいわかりますw
適材適所が大切ですね。


リリースした後、一応別のエリア10EVOで探ってみますが、やはりこれは単発の例外でした。

“本隊”の戻りはまだ先で、こいつはさしずめ先遣の偵察兵といったところでしょう。

あまり粘ることなく、そう遠くないであろう「本隊」の到着を期待しつつ、早目に引き上げることにしました。




使ったルアーズ


DSCN4621.jpg

もしかしたら自分が一番操作を得意としているルアーかもしれない・・・エリア10EVO
これはもとのカラーが気に入らなかったので荒く削り落として無理矢理ピンクトランスルーに
フックがやられているのはマズいドラグ設定のせい(苦笑)

ロッドティップの位置と角度
リトリーブスピード
トレースコース
レンジ
内蔵ウェイトの位置

どれか少し変えてやるだけで魔法が放たれるルアーです



こんなタックルを使っています







関連記事


Comment 1

2017.04.07
Fri
11:20

万年初心者 #-

URL

博多湾 スズキ 漁獲量 検索

でしょうか?まぁ適当ですがwwww
そういえばトウゴロウパターンとか成立しないかなと思って木曽三川 下流部 トウゴロウイワシとか木曽三川 落ちハゼとか色々調べて回ったのを思い出しました

こちらは東海ですが膝上シャローにも魚が入り始めました、この時期のエリエボは強いですね なんか一時期エリ10使ってる奴はまだまだだな、とかいう風潮なかったでしたっけ? 散々投げ散らかして最後にエリエボで1匹釣ってみたいな事今でもやってます

編集 | 返信 | 

Latest Posts