ウルトラセンシティブヒラスズキ 多い日も安心サイドギャザー付き - 2017年釣行記

ウルトラセンシティブヒラスズキ 多い日も安心サイドギャザー付き

 12,2017 11:48
DSCN5160.jpg



しっかし、ヒラスズキって本当にわからん魚だな・・・



ある日は、そこを通せるならルアーならなんでもいい、みたいにバコバコとルアーに食いつく

ある日は、上下のレンジにシビア

ある日は、ルアーのサイズにシビア

ある日は、リトリーブスピードにシビア

ある日はサラシに無頓着

ある日は表

ある日は裏



そしてこの日は・・・バイトというバイトが超繊細

どないせいっちゅうねん





DSCN5148.jpg


あまり良くない風向き


サラシは・・・まぁ及第点


DSCN5149.jpg


よしっ! やろう!


で・・・・一ヶ所目、ワンドを引いていたらコツンとした1バイトで終了。

そのバイトを拾えというのは酷。

この一ヶ所目は今までちょっと敬遠気味だったけれど、実はかなりいいポイントだということが発覚・・・ただし、釣り場への往来が非常に危ない。

釣り場もそれ相当の危険度だけど、それより帰りのことを考えるとどうしても集中できない。

1バイトあっただけでも儲けもの、かな。

もっと安全な日のためのポイントだと覚えておこう。



で、2ヶ所目。


DSCN5151.jpg


自分縛りプレイ・・・


DSCN5166.jpg


爆発・・・下巻き調整ちょっと失敗(巻きすぎ)
(ちなみに爆発は軽症)




fu*k f*ckと言いながらラインをどうにかして・・・ハードコアTT115MDを再投入・・・再投入一発目で風に煽られまくってハードコアTTが殉職・・・oh, *uck!

着水間際に魔球のような変化をしたな、と妙な感心をしつつ、オレは怒ってない、オレは決して怒ってなんかないと自己暗示に努める。

落ち着いた心でラインシステムを組み上げ、天の御心に導かれるかのように、風に強いであろうアダージョヘビー105を選択。

すると・・・





グァツゥウン!!



きたっ!


合わせて入れて・・・

入れ・・・?

あ、あれ?



DSCN5153.jpg



^p^


こういうこともあるさ・・・ちなみにこのバイトは数少ない明確なバイトの一つ。


立ち位置を変えて再開。


別のサラシに投げると再びヒット!



意外と早く堕ちたな~(嬉しい誤算)



UC11にはちょっと物足りないヒラフッコ・・・サッと抜き上げようとすると、ぽろりと脱落。

ま、いいさ。

立ち位置はかわってるけど、スナップを曲げ伸ばしたヤツがいたサラシを通す。

すると、一ヶ所目のワンドを通した時に出たような繊細なバイトが発生。乗らない。



堕ちたフリしてるだけじゃねぇのかぁ?(懐疑)



フックにあったった?
あたってない?

・・・もう一度・・・


シーン


じゃあヒラフッコがいたサラシをもう一度・・・で、またヒット!



お前を芸術品に仕立てや・・・仕立てあげてやんだよ



おっ、中々いいサイズかも?

掛けた場所が近距離のキワなので、根ズレに注意しながらまずキワからはがす。



お前をげいじゅつし・・・品にしたんだよ!



一度正面の沖に誘導して、そこで疲れさせてからランディングしようとする。
が、取り込み寸前で暴れられて失敗・・・大したサイズではないね。

波を見計らって・・・



お前を芸術品にしてやるよ(妥協)



DSCN5158.jpg


いいねぇ!


DSCN5165.jpg


ここまで5打数1安打、ここの景気の良さからすると、もっと伸ばせると思ったら・・・これっきり。

場所移動で3ヶ所目。




最後の一発くれてやるよオラ!



と勇んでやってきましたが、なんと3連続でウルトラセンシティブな「コツン」としたバイトというか接触があった限りで、どうやってもフックアップせず。

リトリーブスピードが早すぎと思って超スローにしても同じ。

接触はする(見切られているわけではない)が、フックアップしない。

サラシは決して厚いわけではなく、波の周期も特に早いわけでもない。
一体何が彼らのバイトをそこまで控えめで謙虚なモノにするのかが不明。

なんやこれ、なにが正解なんや?

ルアーを回収しきらずに足元に漂わせたまま、頭を悩ませていると・・・その放置した足元で突然噴水のようなバイトがあがって、ルアーとヒラスズキの両方が宙に舞う。



・・・トップがエエのん?



というわけでトップを使ってみるも・・・ミノーで8回(放置ヒットをカウントすれば9回)あった反応が皆無に。


ボク疲れた・・・もう知らない・・・・帰るっ!
プンプン(怒)





で、帰路、車内で反芻するかのように情報を総合してはバラして、検討しては放心して、を繰り返していると・・・あっ!

そういうことか!

明確なバイトがあったやつはシンペンとミノー・・・でもそのミノーはミノーでも・・・あれかっ!


いや、こういうセレクティブな日が実際にあって、その理由がわかると本当にワクワクしますなぁ・・・


8打数1安打・・・ランディング率だけみたらかなりストレスフルで自分のスキルの無さを嘆くことになるような今回の釣行・・・でも、いい釣行だった!

この釣行のbefore/afterで自分のヒラスズキレベルは違うものになったとハッキリ言える。

ありがとナス!





こんなタックルを使っています









関連記事


Comment 4

2017.05.12
Fri
17:48

ウグイさん #-

URL

ボラTIT先生オッスオッス!

編集 | 返信 | 
2017.05.12
Fri
19:59

pacotaka #-

URL

久しぶりにぼらお先生の冴え渡る芸術性を目の当たりにした気がします。

編集 | 返信 | 
2017.05.12
Fri
23:06

しかちゃん #-

URL

コツンは明確なバイトでしかも大型が多いッス!

コツンは明確なバイトでしかも大型が多いッス!
コッてアタリじゃ仕方がないと思うけど、
同じトコしつこく引いてくればヒットの確立は大だと思う。
漂っているミノーに反応があるのはトップが良いと言う訳ではなくて、
目で見て分からないけど、
流れがあるときにしっかり泳いでいるからです。
ルアーチェンジするのが早すぎました。
ご検討期待しております。

編集 | 返信 | 
2017.05.13
Sat
19:29

遼紀 #-

URL

ルアーは直結がいいです。
スナップは伸ばされたら終了です。

編集 | 返信 | 

Latest Posts