春マサ狙いは続く - 2017年釣行記

春マサ狙いは続く

 13,2017 11:00
DSCN5211.jpg



拾ったプラグでデカ春マサを釣る





・・・ごめんなさい、嘘です。

正しくは “拾ったプラグでデカ春マサを釣りたい”



まだ春マサいるかもと思ってショアジギング。

ヒラスの生態に関しては勉強不足だけれども、どうもGWを境に産卵のために食わなくなるという説が存在するらしい。

桜の時期がピークで、GWが終わるとハルマサも終わり・・・というのが通説なんだとか。

青物狙いは負け続きなので、そこをなんとか・・・・ねっ?



というわけで・・・プラッギング→ジギング→プラッギング


ラインシステムは
リーダー:ナイロン80lbを5.5m
スペーサー:PE8号を3.5m
メインライン:PE4号300m


んで、ジギング中に問題が発生



マジ用のアシストフックケースを忘れてライトなアシストフックを使った

・・・・流石に細いフック2本じゃイカンだろと思って豪華(?)に4本つけたたった
でもなんか動きがよくない気がする


四十肩とテニス肘のダブルコンボで腕が上がらなくなった

・・・・病院行ったわけではないけれど、多分、そう。
実際に腕が上がらないのをみるに、認めざるをえない。
横になら動くのでプラッギングに戻り。



DSCN5206.jpg



そういえば春は泡を出すなとか誰かが言ってたな・・・

つっても、あまりにも反応がないからポッパーも投入したけど。





結局、何投げても出ないし、肩も痛いしで、早目に撤退。
(一体何連敗中なのか、自分でもカウントしていない)





一番使って楽しかったプラグは



DSCN5213.jpg



拾ったタンゲーラ・・・フックはST66#3/0・・・キャスティングは爽快だし、スウィープした時のS字の蛇行が艶かしい。

伊達にプレミアムがついてるわけではないのね・・・

ガチのオフショアアングラーから支持を集めているにはやっぱり理由があるのか。

今気になっているプラグは青政188SFとローデッド180F。

釣れないとルアーが増えるのはシーバスと同じ(苦笑)

あと1回くらいは湿布貼って春マサにトライしたいけれど、それがダメなら秋に(肩も肘もそれまでになんとかして)リベンジということで。





こんなタックルを使っています









関連記事


Comment 2

2017.05.13
Sat
19:31

遼紀 #-

URL

ダブルコンボは一昨年喰らいました。
軽いルアーでベイトタックルの投げすぎで1年間棒に振りましたorz

編集 | 返信 | 
2017.05.15
Mon
11:26

にしこり系 #-

URL

いつも楽しく拝見しております。私も昨年テニス肘を患いました。
すぐ治るだろうと思ってましたが、結局1年経った今でも手を伸ばして強く握ると肘に痛みが走ります。肘の少し下に巻くサポーターなしでは、釣りができない体になってしまいました…日常生活が滞りなく過ごせる様になっただけでもかなり有難く思えるんですが。
テニス肘にはこれといった治療法もないので、どうかご無理をされませんように。


編集 | 返信 | 

Latest Posts