やっぱり壊滅的だった2017福岡バチシーバス事情 - 2017年釣行記

やっぱり壊滅的だった2017福岡バチシーバス事情

 24,2017 10:16
DSCN5281a.jpg


博多湾で沈没した貨物船から重油が流出してからはや一ヶ月・・・

やはり、この重油は博多湾シーバスに多大なる負の影響を及ぼし続けています。

今年のバチシーバスはどういうわけかタイミングが噛み合わず、例年より釣行回数が少ないので結論が遅くなりましたが、間違いありません。


シーバス業界用語を使って表現するならば、

今年は


“シーバスのストック量が少ない”


ということです。





まず重油の直接的な影響ですが、これは3段階に分けられます


①流出直後

「震源地」がもっとも重油まみれでしたが、潮の流れの影響で「西方面」が特に汚染されているという報道がありました。
重油の黒い塊が浜にゴロゴロと打ち上がり、防波堤にべっとりついて「目に見える汚染」として『これじゃあシーバスも釣れないよね』と誰しもが理解できる状態でした。
実際のところ、この段階においては重油は湾全域に回っておらず、「潮」と「震源地」を避ければ釣れました。


②安定期

海水表面に薄っすらと膜をはる油がところどころ残っていましたが、水中を転がる黒い重油の塊が減って「いい方向に向かっている」と誤認してしまった時期です。
実際のところ重油は薄く広がり、湾内のシーバスは日に日に減少していきます。
シーバスとシーバスが捕食している各種ベイトは、重油がまわっている海域を嫌がることはあっても重油に直接的に殺されるということはなく、また、油が浮いていたとしてもその水に住み、捕食し続けることができたという点がアングラーの視界を曇らせます。
なんだ、やっぱりシーバス居るじゃん、シーバス釣れるじゃん、と。
この時期を境に湾奥まで入ってくるベイトの数が激減します。
残っていたシーバスは遊泳力の無いセイゴフッコか、スズキサイズでも居付き志向が高い個性の持ち主だったようで、大多数のシーバスはベイトが逃げた先に移動したようです。


③湾内循環

時間が経過とともに震源地近辺のみならず、湾内全体のシーバス数が減ってきました。
流出初期段階において、まだ普通にシーバスが居たエリアでも厳しくなりました。
おそらく、重油が薄く広く回ってきたというよりは、新しいベイトが入ってこないために彼らの好ポイント(捕食場)が好ポイントでなくなってしまったからでしょう。
彼らは捕食するために回遊しているわけですから、ベイトが薄くて効率的な捕食が望めない場所には回ってこないわけです。
今現在、「震源地周辺」を除いて油膜が浮いているような場所はありません(震源地周辺は残念ながら死んでいます)が、重油は見えなくても水中の魚たちに悪影響を及ぼし続けています。
油という液体そのものなのか、油の臭いなのか、環境ホルモンとかなんとかの化学物質なのか、わかりませんが博多湾の水は魚たちに忌み嫌われているようです。




懸念されていたバチへの影響はなんとも言えませんが、バチの出の云々ではなく、シーバスの絶対数が少なすぎるので今年の博多湾のバチシーバスは壊滅的である、と言っていいのではないのでしょうか。



DSCN5130.jpg



1ヶ月経った今、油が見えるわけでもなく、ベイトが皆無というわけでもなく、バチもそこそこ流れおり、シーバスも多少は釣れるので「今年は壊滅的」という事実をなかなか直視できない点にムズカシさがありますね。


ただ、間違いなく言えることは・・・“シーバスのストック量が少ない”


皆無ではない。

遊泳力のある成体ほど少ない。

その成体にしたってまったくのゼロではない。

が、反応のほとんどがアーリープラス89Lのティップも曲げきれないようなドチビ。


DSCN5280.jpg


で、そのドチビが盛大にバチゲロを吐く


DSCN5284.jpg


ちなみに今年バチの出がいいのは・・・・

逆に悪いのは・・・・


DSCN5285.jpg


あ、今年の博多湾シーバスはやはりアングラーの数がめちゃくちゃ多いので迂闊な事を言うのはやめておきます。


「震源地」から離れれば離れるほど、ベイトが戻りはじめているようですが、油の影響が一層されるには梅雨の増水による湾内の水の入れ替えが必要でしょう。

つまり、シーバスが戻ってくるのは理屈の上では梅雨の後・・・いや、梅雨の後は暑すぎる夏、ということは・・・・秋の本シーズンになり、2017年のバチシーズンは数釣りの爽快感もなにもない、人の数だけ多い最悪なシーズンとなってしまう公算が大です。

秋まで他魚種に浮気するか、シーバスに拘るなら湾外へ意識を移したほうがよろしいもしれませんね。

サーフ兼鱚のちょい投げ(こっちのほうがメインかも)に逃げようかな。




こんなタックルを使っています









関連記事


Comment 3

2017.05.24
Wed
15:31

ぼらおさん、はじめまして。昨年10月から
シーバス始めたしょうキャットと申します。
博多湾奥で1箇所に絞って通い今データ取りの真っ最中ですが、自分の主観で本気臭のアングラーさんに話しを聞いたり、拙い実体験から、バチシーズンが始まる前から今年はそもそも戻ってくる個体数が少なかったんじゃないかなと現状推察してるところです。バチフィーバーにも一度遭遇しましたが、本来ならもっと釣れてていいんじゃないかなと。
まだ半年もたってない初心者ですし、去年のデータはもちろんないので、この推察が正しかったどうかは来年、再来年で検証されていくんだろうと思います。ぼらおさんの書く記事を毎回楽しみにしてます。頑張ってください。長文失礼しました。

編集 | 返信 | 
2017.05.24
Wed
18:15

やま #-

URL

おっしゃる通りだと思います。

ここ最近港湾部で釣りをしてても違和感を感じます

博多湾が回復するのを気長に待つしかないですね(泣)

編集 | 返信 | 
2017.05.25
Thu
02:53

くろこげ #jjTL4YWY

URL

何も釣れないまま、スプール3個、黒く薄汚れて巻き替えるはめになりました・・・

編集 | 返信 | 

Latest Posts