ROMシーバス - 2017年釣行記

ROMシーバス

 31,2017 11:07
KIMG7082.jpg


レギュラーなシーバス釣りの秘訣は皆勤すること・・・・連続して通い続けることであることは言うまでもないのですが、ヒラスズキ狙いで穴が開いた「連続性」を埋める作業はなかなかシンドイでごわす。





自分のヒラスズキ釣りを構成する殆どの要素が普段の釣りから来ています


・魚のやりとり
・遠投
・ピンポイント狙い
・ルアーアクション
・回遊待ち
・場の見切り/粘り
・ランガン
・潮読み
・etc.etc


シーバスにはない磯ヒラ特有の「山歩き崖下り要素」にしたって、素潜りの延長線上です。



うーん、こうして考えてみれば

「磯ヒラを学んだ」

ことは多くても

「磯ヒラで学んだ」

ことは少ないな・・・



自分がショアジギなり磯ヒラなりを嗜む理由の一つに、マルスズキで得た経験を他の釣りで活かし、他の釣りで得た経験をマルスズキにフィードバックしたい、というサイクルを完成させたいという野心があるのですが、いまのところ日常のシーバス釣りには「磯ヒラから得た経験の輸入」は発生しておりません・・・・

マルスズキ釣りからの一方的な輸出です。

でもそれはそれで己の「集大成」を披露していることになるので、ある意味で納得しています。

普段の勉強がマルスズキ、試験がヒラスズキ、みたいな。


あ、別にヒラスズキがより重要であるという訳じゃないですよ。

マルスズキにあってヒラスズキに無いという要素もあります。


正確にいうとその要素はヒラスズキにもあるのですが、気まぐれだし、不安定だしで、「ゲーム性を高める要素」じゃないですね。


それは何かというと・・・「読み」です。


マルスズキにはもちろん「そこに居るヤツを釣る」という戦術性もありますが、それより先に「どこに居るかを当てる」という戦略性が存在します。
つまり戦術は戦略の下の階層に位置する、ということです。

そして、戦略性を突き詰めていくと辿り着くのが「そこには今居ないけれど、様々な状況証拠から入ってくるのが予測できるようになる」という練磨された回遊待ちスタイルです。
あ、「様々な状況証拠から入ってきそうな感じがしてるが、入ってこないことを早期に見極めることができるようになる」というのも練磨された回遊待ちスタイルの特徴ですね。


要するに・・・



「居ないけど来るはずだから粘る」という未来予知と、「来そうだけど来てないから見切る」という現実観測を高精度で行い、釣りにおける効率の最大化を探求するという知的な楽しみがあるわけです。



ヒラスズキ釣りにおける「粘り」とはせいぜいこの場のサラシの景気がいいとか、もう他に行き先がないとかが理由でしょう。
ヒラスズキ釣りにおける「見切り」とは、別の人が入ってないサラシがまだあるからそっちをランガンで・・・とか程度の浅い知覚で判断されているはずです。


ところが、マルスズキは、流れの加減とベイトの有無と過去の釣行データから、「来るor来ない」という予測を高度なレベルで成り立たせることができます。

あとはそれをどう釣るかとういうテクニカルな面がありますが、仕事の7~8割は既に終えているわけです。

もちろん、読めたら必ず釣れるというほど甘くはありませんし、まず、


流れの加減とベイトの有無を正しく観測する


というのが難しいというか、理解できるようになるまでどうしても時間が掛かるのでハードルが高いんですけどね。

あと、理解を深めるためにはウェーディングして水に浸かることが大切かな~とも思いますネ(必須ではないにしても)。
体で水の流れを感じて、自分の腰周りにまとわりつくベイトを視認して、前の晩から浸かって気がつけば日の出、なんてキチガイじみた釣行を何回か経験しながら水中の食物連鎖の成り立ちに触れると、陸っぱりから見えなかったモノがみえて・・・くるかも?




まあ、前置きが長くなりましたが、


小バチ


KIMG7077.jpg


大バチ


KIMG7083.jpg


流れる前:一番いいポイントに付いていたセイゴ


KIMG7079.jpg



流れはじめたあと:一番いい場所に入ってきたセイゴ


KIMG7080.jpg


両方ともスタスイARC125



つまり・・・



①ここには居なかった

②バチも流れもそこそこあって、群れが入って来そうだったが来なかった

③粘る必要は、ない



引き上げる直前に3~4匹のコノシロが足元に入ってきたので、しばらく観察しますが何も起こらず・・・ただ、コノシロという良いベイトの存在に触発され、帰路に自分のコノシロスポットを竿を持たずに回ってみることにします(本当に見るだけ)






うーん、マジで深刻なんですけど、博多湾のベイト不足。





こんなタックルを使っています









(腰痛対策のために久しぶりにコルセット買ってみました・・・なかなかエエ感じ)
関連記事


Comment 1

2017.05.31
Wed
11:30

過去のぼらお #-

URL

「買った・巻いた・投げた・よくわらかんけどいいラインだ」

こういう程度の低いインプレになることを避けるためにも、程よくラインが使い込まれたであろう頃・・・2017年の5月頃(バチ最盛期頃)にでも「そろそろユニチカのセカンドインプレを書くべきなんじゃねーか?」と、思い出させてくださるようお願いします。

編集 | 返信 | 

Latest Posts