デブヒラスズキ&ランカーヒラスズキ - 2017年釣行記

デブヒラスズキ&ランカーヒラスズキ

 10,2017 09:29
DSCN5640.jpg


日没前の夕日ヒラ

カタクチ大フィーバー

デブヒラスズキ

ランカーヒラスズキ





DSCN5600.jpg

ポイントの入り口でK2F142T2でファーストヒット
アワセを入れて巻き始めるとフックアウト
幸先いいね
自分の記録用写真


DSCN5601.jpg

K2F142T2で2バイト目
乗らず
大きなサイズのルアーに2フックは良くないのかもと思ってチェンジ
(これはK2F142の泣き所である・・・T2はT1との差別化を図るために3フック仕様でも良かったと思う)
これまた自分の記録用写真


DSCN5613.jpg

ワンド攻略中
初めての場所でも、ランディングまでの道筋はラフに組み上げておく


DSCN5607.jpg

当日3回目の反応でフィッシュオン!
ダウンサイジングしたのが功を奏したのか、Z97Fで綺麗にフッキング



DSCN5602.jpg

最初の一匹はサイズに関係なく、何だって嬉しい。

ちなみに使用タックルは:

バリヒラ11MHNANO
11ツインパ4000XG
PE1.5号
リーダーフロロ30lb


DSCN5615.jpg

!!
突如、12~15cmくらいの大きめのカタクチが岩に打ち上げられ始める。
溜まってた群れが波で巻き上げられた・・・?


DSCN5616.jpg

!!
いや、違う。
この感じは違う。

DSCN5617.jpg

こういう挙動は何度か見たことがある・・・
「何か」に追い詰められた時にみせる動き。


DSCN5618.jpg

鳥が集まってきた。

・・・青物かっ!?

急遽、ヘビーシンペンにチェンジして鳥の下を撃つ・・・居ない

それなら広く探ってみる

探る

さぐる





むっ、まてよ?

ワンドの入り口でライズが見えた。

どうみてもスズキ族の捕食シーンなんですけど・・・ヒラスズキがカタクチを追って回遊してきた・・・とな?


DSCN5620vc.jpg

4ヒット目
再びサラシを探り始めると反応アリ・・・乗らず
やっぱりヒラスズキか
思うところあってタイドミノースリム140を使用中


DSCN5626.jpg

5ヒット目
同じサラシで


DSCN5630.jpg

太っ!
重っ!
イイ魚ダナー


DSCN5629.jpg

エラ洗いができなかった超メタボ
メジャーをピンと伸ばして張った状態で77くらい
今年一の魚だ


DSCN5631vc.jpg

6ヒット目
同じルアー
同じサラシ
乗らず


DSCN5633.jpg

7ヒット目
またまた同じサラシ
これもデカイッッ!


DSCN5634.jpg

いったか?
いったか・・・?

いった!

ヒラスズキのランカー
略してヒランカー

飛べなかった超メタボな前の一匹と違って、サラシの中飛びまくり。

引きの強さはメタボ
テクニカルな引き味はヒランカー

甲乙つけがたい両者でした。

因みにこのタイドミノースリム140は非フライヤー

旧型も旧型のルアーです。
そういう時代だったのでしょう・・・同世代のルアーもこのようなロング&スリムばかり。
が、それら同窓生はリップが小さく荒海では水噛みが悪い(その水噛みの悪さを好んで選ぶこともありますが)のに対して、タイドミノースリム140はリップの造りがしっかり水を噛むように出来ています。
サラシの上方で水を掴み損ねて動く・・・・「軽い感じ」がするルアーより、サラシの中でしっかり泳いでサラシから逃げ出そうと抵抗しているアクションのほうが、この大きめのカタクチフィーバーに合うと思ってチョイスしました。




DSCN5641.jpg

8ヒット目
フッキングはできたものの、早期にバレ
フックが伸びてた

磯ヒラで釣れなかった反応があった際は必ずルアーの写真を撮るようにしました。
時間とルアーを記録するためというよりは、どのサラシから出たか、どういう状況で反応があったかを思い出すためです。

まだ粘れば釣れそうでしたが、暗い闇の中をライトなしで崖を登るような自殺行為はしたくなかったので、ここで引き上げ。

全体的に食いが浅かったかな・・・8ヒット3ゲット、乗らないバイトが多かったです。

時期的にそうなのかもしれないし、この釣行に特に限ったことなのかもしれません。

その中でスリムシェイプ&3フックのルアーを選択したのは大正解。

こうやって経験を積んでレベルUPしていく「現在進行系の成長」を楽しめる今が一番楽しいのかも。


DSCN5648.jpg

本当に綺麗ですが、やっぱり(薄い)闇の中を登るハメになりました・・・満足度MAX、キチガイ度もMAX

蚊に刺されながら、余韻に浸りながら、またいつか・・・




こんなタックルを使っています








関連記事


Comment 3

2017.06.10
Sat
11:03

アルスター #-

URL

いい魚ですね!

ぼらおさんのブログ、かなり熱心に読ませてもらってる関東のソルトルアー経験一年半の初級者に毛も生えてもないようなものです。
いつも色々と参考にさせてもらっています。
今回は素晴らしい釣果におめでとうの意味を込めて初コメントさせていただきました!
いや〜それにしてもいい魚ですね。
自分の磯釣行はまだヒラフッコ?をバラした経験しかないので、本当に素晴らしいと思います。
これからも、応援してるので、ブログの更新、釣行共に頑張ってください。
楽しみにしています!

編集 | 返信 | 
2017.06.10
Sat
22:04

すまいそん #-

URL

Z97Fって磯ではいい働きするんですね

編集 | 返信 | 
2017.06.11
Sun
04:24

しかちゃん #-

URL

おめでとうございます(*^_^*)

ランカーおめでとうございます(*^_^*)
メタボも凄いッス!
ず~っとイワシに付いていて、
喰いまくっていたのでしょうか?

細身のシルエットが良かったのでしょうか?
それとも流れに身を任せておいて、
追い詰められたイワシを演出して、
ちょんちょんと時々泳がせたのかなぁ~?

兎に角素晴らしい魚体で、
楽しい夕まず目になりましたね。
おめでとうございます!!

編集 | 返信 | 

Latest Posts