恵みの雨でランカーシーバス!? - 2017年釣行記

恵みの雨でランカーシーバス!?

 28,2017 12:00
DSCN5817.jpg


ウム、これは行ったな・・・




ところでワリとマジな話なんですが・・・

定期的に変な人が出没しては妙な裸踊りを披露していくブログコメント機能を、今後は全廃する方向性で検討しています。


「初心者のためのシーバスルアー」というカテゴリーの記事で“エイト環だと青物が混じる磯ヒラがー”とかオカシイでしょ(笑)
どういう初心者を想定してるん・・・?
それとも全ての記事が自分に向けられたメッセージだという統失的解釈でもしてるん・・・?



酔っ払って感情を昂ぶらせて鬱憤を晴らされても困ります・・・ここは釣りブログです。

(統計的にみると、夜から深夜にかけて、酒で気分が大きくなって書いたであろう「妙なコメント」が多くみられます)

「よしよし、今日も頑張ったのね」という反応が欲しければ馴染みのキャバクラとかスナックでしてもらってくださいね。


と、いうことで・・・・今後読者様との交流はブログではなく、ツイッターがメインとなるでしょう。





いや、実はもう、既にそうなってますけどね。





さて、良くも悪くも前日まで続いてきた状況をリセットしてくれる雨・・・・・


バチを釣り続けたいならばこの雨は凶ですが、バチが続いてフッコが釣れ続けるるよりは、「なんでもいいから何かが変わって欲しい」という、やや他力本願的な願いを抱くのが人情というもの。


さて、その変化や如何に・・・?









KIMG7223.jpg


一番いいであろうポイントに付いていたセイゴ・・・






うヴォー!





だめやんけ・・・・まだバチのほうがマシやんけ・・・

ちなみにこれくらいのメザシーバス*3




場所を替えて、というか、立ち位置を替えてかなりのディープウェーディングを敢行。

多分、傍から見ると頭オカシイ人がウェーディングやってるように見えるはず。

どうしても試したいトレースコースがあるのです・・・

で、胸まで浸かると今度はロッド(モアザンAGS93)を振り切れないので、飛距離がでなくなる。

うーん、このコースで飛距離が欲しい。

届かないことにはどうしようもないので、トレースコースをちょっと妥協し、数歩下がってロッドを振り切れるポジションへ。

上げの潮で長く留まってられないので、短時間勝負だしね。




数歩下がっても尚、なかなかベストな飛距離が出ない、あるいは意図した精度が出ない中・・・・

妄想の中でのみ存在するような、パーフェクトキャストが、ついに出た。

立ち位置からくるドリフト角度の問題で、ベストゾーンを通る距離が短い。

マニック135を落とすか?

そのまま表層を巻き続けるか・・・?




結局、そのまま巻き続けることを選らんで・・・





DSCN5810.jpg


ハーモニカ


DSCN5815.jpg


太くはないが、ガリ痩せでもなく・・・

エラ洗いの数がハンパなかったッス

ドラグをかなり緩めて手前にくるまで水面に出さないように苦心


DSCN5812a.jpg


その飛び跳ね具合から「スレンダーな65クラス」を想像していたら、なんと、長かった。

一匹のマルスズキを釣るに要した時間ランキングではかなり上(笑)


DSCN5814.jpg


が、ランカーにはちょい足らずの・・・79?78.5?

背びれの状態や色具合や臭いから察するに、雨で活性化した居付きクンだと思われます。

ちょっと足りませんでしたが、今年一のマルスズキなことには変わりなく、嬉しいです。

ヒットルアーはもちろん





このあと2回ほど「ミラクルなキャスト」が極まりましたが、いずれもフッコ級のヒットでバラシで終了。

いい釣りでした。


使ったルアーズ


DSCN5827.jpg


何度か掛けたことあるけれど、未だに一匹もマトモな魚を釣ったことがない邪道ヨレヨレ
今回も成らず。



こんなタックルを使っています






関連記事


Comment 0

Latest Posts