2017年前半戦の魚たちを振り返る - 2017年釣行記

2017年前半戦の魚たちを振り返る

 23,2017 11:56
DSCN4613.jpg


今年の前半戦はホントにキツかった!


博多湾から出たらいいやん?


とか


遠征がアングラーを育てることもあるんじゃない?


みたいな考え方もありますが、ぼくちんは悟りました・・・





マルスズキ狙いで遠くに行くのに必要な労力と

他魚種(ヒラスズキなり青物なりフラットなり)
狙いで遠くに行くのに必要な労力

この2つに違いはホトンド無くね?




と。


いや、距離は関係ないんですよ。


あまり知らない土地への釣行を調べ、計画し、準備して、行く。


50kmだろうが100kmだろうが、丸だろうが平だろうが青だろうが、ソロアングラーにとってはあまり変わりがないんですね。

「折角だからいつもと別の狙ったろ!」

という方向性をたどるのは、ある意味必然なんです。

つまり、博多湾から出るとマルスズキじゃなくなるんです(苦笑)

やっぱりシーバスは我々の直ぐ側にいるべき魚であって、その釣りはデイリーなものであるべきなんですね!


・・・ということで、今年の前半戦の魚を振り返ってみます。


最初の60up


DSCN4618.jpg


細いっ!(笑)
エリア10EVOで戻ってきたアフターを狙い撃ち





原油流出前の美魚


DSCN4658.jpg

サイズは大したことないですが、シーバスは1匹1匹外見に「個性」があって、このような写真映えがいい「美魚」に出会えることがあります。



流出後の1匹


DSCN5309a.jpg

DSCN5314.jpg


雨の中の臭い一匹




バチは出てるんだもん!


DSCN5300.jpg


がお-!



超遠投で泣きの1匹


DSCN5817.jpg

DSCN5814.jpg


おそらくヒット地点までの距離が自己記録
マニックの細いフックを勘定しながら慎重に取り込み・・・ちょっと足らず!



関連記事


Latest Posts