DUEL スーパーXワイヤー8 ファーストインプレッション - シーバスライン

DUEL スーパーXワイヤー8 ファーストインプレッション

 12,2017 12:23
DSCN5931.jpg


表記方法がよくわからないというか、この名前、検索上めっちゃ不利じゃないですか?
商標登録上の都合だとは思いますが、ぶっちゃけ、この名前は失敗デスネ。


super x wire 8
スーパー エックス ワイヤー 8
スーパー X ワイヤー 8
super エックス wire 8


とりあえず記事中は「スーパーエックスワイヤー8」で統一します。





細さと強度



DSCN6021.jpg


このスプールは10セルテ3012Hのものです。
↑のスーパーエックスワイヤー1号200mを巻く前には
↓のユニチカのショアゲームX8の1号200mが巻かれていました。


DSCN3769.jpg


このショアゲームX8がクセモノで、G-soul x8 upgradeを200m巻いて綺麗なスプールにならなかった(足りなかった)下巻き調整でピッタリ・・・つまり太かったわけですが・・・

見た感じ、スーパーエックスワイヤーは「スプールいっぱいいっぱいではない」的な、理想的な収まり具合ですね。



ショアゲームX8>スーパーエックスワイヤー≧G-soul x8 upgrade



太さの比較はこんな感じ。

あっ、ところでですね、巷には




「原糸が同じならどこが製品化しようが全部似たようなPEラインになる説」




が存在するようですが、ぼくちんはこの説を全否定します。



・糸を拠る技術

・撚りを固める技術

・抵抗を減らす技術

・長持ちさせる技術



原糸が同じでも製法が同じとは限りません。

原糸が同じでもコーティング次第でスペック上の太さや重量に違いが出るし、使っていれば性能の差が出ます。

原糸が同じなら何でも同じという論は、同じ製鉄所の鋼板を使っているからトヨタもニッサンもホンダも、それらの車は全部同じというくらいの暴論ですネ。


DSCN5933.jpg


この「IZANAS」という原糸はG-soul x8 upgradeと同じで、東洋紡のモノです。

強度も信頼してよいでしょう。

あっ、ついでに言っておきますが、1号の破断強度で

・ショアゲームX8が22lb
・G-soul x8 upgradeが22lb

・スーパーエックスワイヤーが20lb

この2lbの差を重視するというか、「性能の差」として捉えて深く考えてしまう人はPE初心者以外いないかと思われますが、念のため・・・・

そんな違いは無視してOKです。


カラー

こういうことらしいです。


zzzzza.jpg
画像引用元


タチウオみたいなライトオフショアには役に立ちますね。
全然関係ない話ですが、このショッキングピンクとオレンジは磯で視認性が高いので、この単色が欲しいところ(笑)
磯と船以外のフィールドでは、自分はラインのカラーに関しては無頓着です。


射程と滑らかさ

GOOD

DSCN6262.jpg


G-soul x8 upgradeと殆ど変わらないでしょう。


コストパフォーマンス

メーカー希望小売価格を見るとギョッとなってしまうラインですが、実際の店頭価格はそれほどではありません。
それどころかビックリするほど安い時期がありました。
(この1号200mは2000円ちょっとでした・・・安過ぎワロタ)

よく考えれば、ですよ?

よつあみが150mを2000円ちょっとで売っているのに、PEライン市場のネームバリューではよつあみの後塵を拝するDUELが、同じ原糸を使ったラインでよつあみの上の価格帯で出してたら・・・・当然のように売れませんよね。

というわけで、この価格帯を当分の間はキープして貰いたいです。


トラブル


オフショア1回
サビキ1回
シーバス2回
ライトショアジギ1回

今のところノートラブル


寿命

この項目がスーパーエックスワイヤーをG-soul x8 upgradeの真なる競合相手にするか否かのポイント。

自分はG-soul x8 upgradeを愛用していますが、別にG-soul x8 upgradeが完全無欠のラインであると言っているわけでもなければ、G-soul x8 upgradeの性能に信仰心を抱いているわけでもありません。

ぶっちゃけ、PEラインの「格」があるとしたらG-soul x8 upgradeは“中堅”のラインでしょう。

でもG-soul x8 upgradeは幅広い支持を集めています。
その価格と、その無難な性能と、その長い寿命から選ばれているわけです。

スーパーエックスワイヤーはまずメーカー希望小売価格で躓きました(一時的にかもしれませんが改善したようです)。
性能は恐らく同じレベルでしょう。




で、寿命は・・・?




セカンドインプレッションに乞うご期待。




ファーストインプレッションの結論としては、このラインは生き残るんじゃなかろうか、アングラーから一定の支持を受けるんじゃなかろうかと思います。

一つは、ハードコアX8で裏切られた層を再び取り込めるだけのクオリティ(と値引き)があること。
一つは、オフショアアングラーや一部のショアアングラーのために距離別のカラーリングがあること
そして最後に、G-soul x8 upgradeにはない300m巻きを売っていることです



※追記※
先端ラインカットを施すレベルのヨレを見ていると予感しますが、ユニチカのショアゲームX8よりは間違いなく寿命が長かろうと思われます。
ユニチカのショアゲームX8はコーティングに依存しているためにヨレるとコーティングが剥がれて8本撚りが崩壊しているのをよく目撃しましたが、スーパーエックスワイヤー8はしっかり撚りを維持できています。






関連記事


Latest Posts