博多湾シーバス近況 - 2017年釣行記

博多湾シーバス近況

 16,2017 10:41
DSCN6256.jpg



今年は接岸しているカタクチの量が少ない・・・と思う。


カタクチイワシの絶対量が少ないのか、接岸しているカタクチが少ないのか、そのどちらかは不明。
(なんとなく、カタクチの絶対量が少ない気がする)


何れにせよ、夏の深場のカタクチと、秋に接岸してくる“アイツ”との間を橋渡してくれる「浅場のカタクチ」が居なくて困っています。


ちなみに秋に接岸してくる“アイツ”に関しては、ここ数年で一番の大当たりじゃないかなーと思います。



え、“アイツ”って誰?






↓アイツ↓





IMG_0517.jpg



ボラでもサッパでもないです




アイツの残骸①



DSCN6303.jpg



アイツの残骸②



DSCN6304.jpg



アイツの残骸③*3



KIMG7359.jpg





今年は恐ろしいほどにコノシロの数が多い






・・・・が、悲しい哉

シーバスが付いておりません(笑)

いつもなら跡形もなく消え失せるはずの魚体ですが、簡単に取れすぎて美食家となってしまった鳥さんたちは目と内臓をつっつくだけで、魚肉は放置しております。




このコノシロに付いてくれたらなぁ




と、願ってしまうのはアングラーの本能ですが、今のところ、付いている様子は皆無です。


水温もいい、ベイトも居る。


だけどシーバスはまだ沖のイワシから離れていない。


というのが、自分が推測した今の博多湾シーバス事情。




インプレしないといけないルアーがたくさん控えているんですが・・・


イワシが接岸していないからか、サゴシもまだまだ微妙ですね。


やっぱりシイラ行こうかな?





あっ、釣行とは関係ない話ですが、リンクを一つ追加しました。

“シーバスアングラー桃太郎”

釣行記とロッドのインプレッションから猛者感が滲み出ておりまするぞ!
関連記事


Latest Posts