ゾンネンブルーメ - 食

ゾンネンブルーメ

 18,2017 11:06
DSCN6091.jpg



もともとは今津の奥も奥、というか唐泊港のちょっと手前(もっと厳密にいえば「ざうお本店」と「海釣り公園」の間)にあったドイツパン屋さん。

ロケーション的には海辺で風情がある前の店舗のほうが良かった。

移転先は広い店内(イートインあり)と余裕のある駐車場が良いけれど、ここ、場所がわかりにくく過ぎて絶対に諦める人いるでしょ(苦笑)








福岡のドイツ系パン屋さんといえば中央区今川の「バイエルン」か、この今宿の「ゾンネンブルーメ」でしょうナ。


店主はドイツ系の御仁。


おそらく「ドイツパン」と一括りにしてはいけないのでしょうけれど、自分のようなミーハーからするとドイツのパンといったらやっぱりライ麦を使った黒パン・・・


それにプレッツェル


DSCN6099.jpg


ここのライ麦を使ったパンは慣れない日本人向けに「ライ麦配合率」をちょこちょこ変えたパンを売っております。


写真のは確か75%・・・だったかな?


黒パン特有の酸味が抑えられていて、比較的日本人にも馴染みやすい味。


ラップが掛かったままの写真で申し訳ないのですが、これでも「密な感じ」・・・小さい切れ端を2つ3つバター塗って食べたら腹に溜まる感じ・・・が大分おさえられているのが伝わってくるかと思います。


もちろん、ライ麦だけのパンもあります・・・というか、実はそっちのほうが好きです。


自分がよく買うのは黒パンかドイツバゲットのどちらかに、酒の肴のプレッツェル(笑)


DSCN6097.jpg


この塩味が効くんです!




糸島の帰り道に、海沿いを選んだ際は是非。

ちなみに以前紹介したヒッポー製パン所のすぐ近くです。

初回の店舗発見難易度はヒッポー製パン所のほうが上かな・・・?
関連記事


Latest Posts