結局釣りに腕時計って要るの? - ギア・ウェア・ガジェット

結局釣りに腕時計って要るの?

 23,2017 10:00
DSCN6355.jpg



要点は5つ


・あったほうがいい

・防水性はもちろん必須

・軽さは大切

・ステータス性に意味がないので実用本位

・どんなに多くの機能を詰め込んでもスマホに負けるのでシンプル






釣りに腕時計っているの?


“ないよりあったほうがいい”

というのが結論です。



何故?



反応(アタリ・ヒット)があった時の時間を反射的に見るためです。







釣りの規則性を求めるため、「次の釣り」に活かすため、ヒット時間を記憶する(記録する)という行為は非常に大切なんですね。

↑の動画のイトウ釣りの第一人者の方もやっていますネ、腕時計での時間の確認。

自分は釣りブログを書くためにキャッチ写真や、↓のようなバイトがあった直後の記録用写真を撮るのでイベントのおおよその発生時間が記録されています。



DSCN5374.jpg

(たとえばこれは5月某日某所にて磯ヒラがフックアウトした直後‏‎の16:55:04に撮影)



ブログ執筆の副産物のお陰であとから見返すことが可能なので、そこまで「現場での確認」に拘らなくていいのですが、それでもやっぱり「何かが発生した瞬間」は反射的に手首を確認してしまいます・・・たとえ腕時計がなくても、です。
クセですね。


ブログを書いていないならば、おさら腕時計はあったほうがいいでしょう。
できれば、釣行記録ノートもセットで(そこまでするならブログでもいいような気もする)



どれくらいの防水機能が要るの?


生活防水(5BAR以下)はちょっと不安

やっぱり10BARが一つの目安です。

別に潜るわけでもないのでダイバーズウォッチのような極端な防水機能は必要ありませんが、「生活防水」とは基本、水滴に対する防水性なので腕が水に浸かることもありうる「釣り」にはちょっと不安ですね。

あと大切なのは「耐水圧」だけを見るのではなく、その腕時計は海水を浴びてもいいような時計かどうかを考えること。



DSCN3308.jpg



軽さは大事!


10グラム・・・ひょっとしたら5グラム程度のリールやロッドの重量増減に欣喜雀躍しているのが我々アングラーという生き物です。

新素材カーボンなんとかで重量が○○%減!

みたいなお高いアイテムを買ったとしても、腕時計のセレクト次第では何の意味もなくりますよね。

一部のダイバーズウォッチや登山/トレッキング用のアウトドアウォッチがあまり釣りに向かないのは、そのヘビーな重量のせいです。

本当に差がでます。



釣りにブルガリやロレックスは必要ありません


もちろんウブロもいらないです。。

デイ・ナイト問わず、釣り場では誰も貴方の腕時計なんかに注目していません。

ただし、釣行前(あるいは後)に「オトナの装い」が求められることがあるのが男というもの。

“ビンラディンモデル”と称されるコレなんて、軽くて安くて見やすくて、ある意味、理想的な釣り時計の一つといっても過言ではないのですが



いいトシこいた男がこんなモノつけてようものなら、社会的に抹殺されてもおかしくないわけです。

やっぱり1万~3万くらいの価格帯でジュアルなモノとビジネスシーンでも通用するモノの使い分けで行きましょう。



シンプル・イズ・ベスト


一部のGショックシリーズなんかが代表例ですが、結局、どんな性能を備えた腕時計であってもスマホの前では霞んでしまいます。

釣りの腕時計は前述の通り、「その瞬間を記憶する」ためのアイテムですから、潮位だの気圧だの風向きだのGPSだのxvideosだのを見たかったらスマホを取り出すことになります。

よって多機能の時計を1個買うよりは、シンプルなものを数個揃えるほうが釣りには向いています。







あ、でも、ちょっとだけ(ほんのチョットだけ)惹かれるかも・・・?



で、オススメは何なのさ?


アナログ派ならこれ

【シチズン・レグノ・ソーラーテック】

・ハイコストパフォーマンス
・軽量
・防水
・シンプル
・ある程度の社会性

全部詰まって1万ちょっと。

釣りに使う時計なんてこんなものでいいんです。
コレ、愛用してましたが、最近行方不明になってしまいました・・・また買おうかな?





デジタル派なら・・・ワリとマジで前述のビンラディンモデル(笑)とか、こういうの


関連記事


Latest Posts