スタッガリングスイマーの復刻再販を祝して - 2017年釣行記

スタッガリングスイマーの復刻再販を祝して

 07,2017 11:01
KIMG0177_b.jpg


スタッガリングスイマーARC125&100が店頭に並び始めました。

シャロー用シンペンとしては最高・最強でしょうね、このルアーは。

というわけで、そのリバイバルを祝してシャンパンを開けるかのごとく新しいスタッガリングスイマーを開封して釣行に臨みます(謎行動)





んでイッパツ目


KIMG0170.jpg


40・・・45フッコ

今夜はスタッガリングスイマーのお祭りなので、使うルアーは当然マニック135です。









へ?


KIMG0171_b.jpg


何も間違っていません。

スタッガリングスイマーの復刻を祝うお祭りなので、使うルアーはマニック135です。




いや、そうじゃないんです。

開封したばかりのスタスイを投入して釣れなかったらモチベーションが下がるじゃないですか!

まず、マニックで探る。

マニックで探ったパターンで、スタスイで釣る。

実に理に適った行動なんです!
(これだからシロウトは・・・)









(無反応時間)









立ち位置を変え、トレースを変え





発 見




一見なにもない(ホント、流れもストラクチャーもないし、そこがカケアガリとも思えない)ところに、セイゴフッコの群れが溜まってる。


で、そこを通すと数回の反応があったが、かなりシビアな感じで乗らなかった。


ちなみに超遠投ポイントだけれども、スタスイ125でも届く。

マニックからスタスイに替えて・・・




KIMG0174.jpg




やったねたえちゃん、家族が増えるよ




KIMG0175.jpg



サイズは多分50ない。


ないけどスタスイで釣れて嬉しい。




実はスタスイを依怙贔屓・・・・「マニックを外してスタスイに釣らせた」・・・・したワケではなく、マニックだとちょっとタイミングが合わなかったんですよね。


早く合わせると掛からない、アタリがあってから数秒待ってから仕掛ないと乗らないまさかの遅合わせパターンで、キビキビ動くマニックよりヌボーッと動くスタスイのほうがリズムに合ってました。


この1匹までに何回アタリがあったことか・・・



釣れる場所とその釣り方のパターンが分かってから・・・





3匹目



KIMG0181.jpg



ちょっとお腹が凹んだ60弱・・・ま、サイズUPということで。



最後に40~45のフッコを1匹追加して終了



KIMG0185a.jpg



この「遅合わせ」の正体は何やろうね~?


こういうバイトの出方・・・・遅合わせがハマるケースはバチパターンの時にたまになることがあって、おそらくは表層で流れに対してホバリングしながら横着な捕食をしているんだと思います。

甲殻類?
アミ?
イワシ?

なんにせよ、相当イージーなベイトがいるんでしょう、その「一見なにもないところ」に。


サイズは出ないけれど、「謎要素」を乗り越えて誰もが釣れるとは限らないパターンを制する。


こういう釣り、実は好きなんですねぇ!







こんなタックルを使っています









関連記事


Latest Posts