釣りガールが博多湾でシーバス連発 - 2017年釣行記

釣りガールが博多湾でシーバス連発

 09,2017 10:50
KIMG0215.jpg



こんにちゎ。。。


あたし、釣りガールのボラ子。。。


最近みんなあたしのこと、忘れてないかな。。。?


もしそうだったら。。。。


あたし。。。とっても寂しいっ


って思ってみたり。。。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ



もし、あたしのこと覚えていてくれてるなら。。。


どれか一つでいいから、上のバナー押してくれたら超ウレシぃかも?





今日も今日とてマニックよ・・・


なんてスカしたことを言いながら釣りを開始しますが、同時に禅問答といいますか、思考実験をも行います。



釣りガール:私は釣りガールではない

釣りガール:私は男に媚びてる釣りガールが嫌いだ

釣りガール:私のこの発言は釣りガールの立場から取り巻きの男連中に向けて発せられている



弁証法的に考えると第一項目と第二項目は何も問題ない。

私は【女性】であり【釣師・釣り人】である

私は【女性が釣りを嗜むことは世間一般的には珍しいことであると認識されていることを知っている】
私は一介の「女性釣師」であるが【いわゆる釣りガールと呼ばれる人種ではない】なぜならば【釣りガールとは女性であることを利用してチヤホヤされたいと願う人を指す言葉だからである】ゆえに【釣りガールと呼ばれる女を軽蔑し、同類視されることを嫌う】


論理的な矛盾は一切ない。
完璧である。
ところがここに第三項目を付け足すと論理性の全てが破綻してしまう・・・(そりゃそうだ)

いかん、これは現代思想の敗北だと思ってマニックを投げながら打開案を考えますが、どういう頭を巡らせても思考は閉塞してしまします。





あ っ ・ ・ ・




法則に『例外』という存在を付け足せばいいのである。



「法則の例外の存在」とは経済学の基本的な概念であるが、彼女もきっとその筋の人に違いない。



これで論理性は完成した。




釣りガール:私は釣りガールではない

釣りガール:私は男に媚びてる釣りガールが嫌いだ

釣りガール:私のこの発言は釣りガールの立場から取り巻きの男連中に向けて発せられている

釣りガール:上記三項目につき、釣りガールである私の存在は例外とする



つまり・・・・



“私”は男に媚びた釣りガールだが、男に媚びた他の釣りガールは嫌いである。そんなビッチども彼女ら釣りガールと“私”のことを同一視することはできない、何故ならば“私”は例外的な存在であるからして、仮に男に媚びた釣りガールであったとしてもそう見做すことは出来ないのである。



う~ん、美しい・・・実に非の打ち所がない論理性だ・・・なんて一人悦に浸ってると、つんつんとアタリが。



なんかシーバスじゃないっぽい。


ヌーチー?

グーフー?

ギロッポンでデルモチャンネー引っ掛けてザギンでシースー?



回収して再度投入すると、またつんつん・・っとおっー!!!!????




つんつんアタリの直後にイキナリ突っ込まれて


KIMG0210.jpg


この有様よ・・・・





ちなみにこの回収マニック、実はこんなものを連れてきており・・・



KIMG0209.jpg



サヨリ


こいつらの群れの中を通してこのサヨリをフックに引っかけた瞬間にバイトが来たっぽい。


そういうことなら次のバイトがあった瞬間に強引に頭の向きを変えてやってやるゼ!














KIMG0211.jpg

(バイトがあった瞬間に強引に頭の向きを変えて水面を引きずって揚げた40フッコの図)





ふー、やってやったゼ!
い、いや、パターンは掴んだし




二匹目


KIMG0219.jpg


ジャスト60

ヒットルアーはもちろん・・・




フックはがまかつ53に換装


KIMG0214.jpg


がまかつ53のサイズは多分#1ですが、ぶっちゃけ、スタッガリングスイマー125のシングルフック化はあまりお勧めしません。
重量的に軽くなった分、もっとワイドに泳ぐようになるかと思ったら・・・実はもっと棒になります。
自分はそれで釣れることを知ってますし、リトリーブスピードに迷いがでることもありませんが、大抵の人はもっと早く巻いてもっと動くアクションがでるように願う心理が働くはずです。
どうやらトレブルフックの水かきがアクションに作用してる模様。





メリットとしてあるのはデフォルトのST46#5の比ではない安心感が、フッキング成功後にやってくることですかね(笑)
あと、針外しが簡単。




三匹目



KIMG0224_20171007130947640.jpg



目視60くらい。
同じパターン



KIMG0226.jpg



前の魚が60ジャストだったのでかなり正確な目測・・・のはず。



これをカウントしていいものか、四匹目
これはR-32のお遊び(笑)


KIMG0227.jpg



ポイッと投げ捨てリリース



五匹目



KIMG0228.jpg



よく引いた個体
これも同じパターン







背中の盛り上がりがとっても筋肉質
ちなみに目視70up


KIMG0230.jpg



サヨウナラ


ちなみにここまでの使用ロッドは




ここから場所を変えてロッドも替えて


六匹目
ロリベで



KIMG0232.jpg



SHORE7実戦初投入で初フィッシュ

目視50のなんてことないフッコだけど、SHORE7の曲がりに感動してここで納竿。



KIMG0236.jpg



インプレはまだ先かな。

ああ、でも、とっても好きになりそう・・・






こんなタックルを使っています







関連記事


Latest Posts