シーバス日和で怪鳥 - 2017年釣行記

シーバス日和で怪鳥

 18,2017 11:29
KIMG0369.jpg


冬を予感させる朝の冷え込みがあった。

その風に乗ってきたのか、水辺に行くと久しく見なかった鳥の群れが・・・

まさか・・・



kaicho.jpg




怪鳥・王騎!?





・・・じゃなくて、いたのは鴨の第一陣。



好きなんですよね、鴨。

見るのも食べるのも

実は我々シロウトが「鴨」と一括りに認識してしまうのはちょっと大雑把すぎるようで、日本にやってくる鴨にも多くの種類があるようです。
干潟や汽水域で水に潜って魚や貝や甲殻類を漁っているのはあまり美味しくないんだとか。

美味しいマガモくんたちは主に淡水域で植物を食べて生きており、シーバスの生息域とあまり被っていないそうです。





ま、いつもいつも




ギョエェーッ!
by サギ




と耳にタコができるほど聞かされている、美しくない鳴き声の持ち主より、どんな鴨でも鴨ならウェルカモ。

なんてくだらないギャグが自然に出てくるあたり“麒麟も老いては駑馬に劣る”って諺はホントなんやナ、かつての“神童”もこのざまよ・・・そういえばアレキサンダー大王が死んだのは32歳で、衰えを知らぬ良い時分に死んだよな・・・な~んて、妙なナルシス自分語りを挿入しつつ開始します。

まぁ、あっちで浸かっているのは昔ハンニバルだった人かもしれないし、こっちの陸っぱりから竿を出しているのは現代のスキピオかもしれないわけで、そう考えればぼくちんも韓信くらい名乗ってもバチは当たらないでしょ・・・



ぽん!



KIMG0345.jpg



PONG!



KIMG0356.jpg



ポン!



KIMG0362.jpg






どうもこの梅雨みたいな天候になってからセイゴの活性が高くなったらしい。

バラシや乗らずのバイトはアルカリ+静ヘッドやカッター115やサヨリスプラス120、それにグラバーハイ68などで多数。

ただ、どれも「惜しい」と感じさせるだけの魚信ではなかった。




今年の前半戦にインプレリクエストを全然消化できなかったので、出るまで粘りたいのですがこれは無理やな・・・ということで最後の仕上げにマニック135。





BANG!



KIMG0368.jpg



あちらこちらに吸血された痕があって、あら大変。
虫を全部ナイフで剥がして掃除してお返し。



KIMG0375.jpg


マニックのどぎついピンク系、ホント好き




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村





釣行を終えてウェーダーを脱ぐと、股間の部分だけ浸水した滲みが・・・
なんだ、やっぱり韓信っぽいじゃん!
なんだっけ、韓信の股しゃぶりじゃなかった・・・ま、そういうの。






こんなタックルを使っています






関連記事


Latest Posts