おさかな天国 - 直売所

おさかな天国

 13,2018 15:09
DSCN6082.jpg


実は福岡市(西区の西の西)にあるのだけれども、誰しもが糸島にあると思っている直売所。

この直売所の最大の問題は

「近隣漁港の魚を売る直売所という性質もあるが、全国各地の魚を仕入れる普通の魚屋さんという性質のほうが強い」

ということ。

地元漁協などが協力しているわけではなく、あくまで一個人(あるいは一企業)の仕入れ力なので仕方がないのかもしれません。

・・・が、大分のアジとか長崎のサバまでは譲るとして、北海道のサンマ(写真のPOPに注目!)とかホッケの干物とかを普通に売る(しかも主力として売る)のはアレじゃないですかね・・・

ちなみに伊都菜彩がすぐ近くにあります。
福岡から下道で行く場合、伊都菜彩より先に着くのが「おさかな天国」ですが、朝イチのイイ魚を狙う貴重な時間をにここで費やすのは大損です。

■営業時間 9:00~18:30
■定休日 不明

オススメ度 ★★








ちなみに野菜も置いていますが、当然のように糸島産は少ないです。


糸島産の魚も置いていることは置いているのですが、漁港のイケスの中で出荷タイミングを伺っている「ペンディングマダイ」が主力だったりして、初めての訪問で期待しているとガッカリすること間違い無し(苦笑)


いや、道の駅宗像でも伊都菜彩でも“日焼けした天然真鯛”を売ってますけど、やっぱりアレっしょ・・・アレ。


ただ、一つだけ弁護しておくと・・・普通の魚屋さんとして見た場合「おさかな天国」レベルの店が自分が住んでいる街にあったらかなり嬉しいと思います。


「普通の魚屋さん」としての戦闘力は某ダイ○ックス香椎店内の鮮魚コーナーと並ぶ・・・か、ちょっと劣るレベル。
知っている人は知っているかと思いますが、某ダイ○ックス香椎店の鮮魚コーナーと比較されるということは貶しているわけではなく、賞賛していることになります(笑)



まぁ、この店の賢い使い方としては


「志摩の四季」も「伊都菜彩」も回ったけど海が荒れて(あるいは行く時間が遅くて)ロクな魚がなかった。
最後の頼みの綱として非糸島産の使えそうな魚を「おさかな天国」(と、ルミエール今宿)で確認して福岡市内に帰ろう。



くらいがよろしいかと思います。


あ、アクセスですが、都市高と前原有料道路を使うならば今宿で降りることになります。
関連記事


Latest Posts