フキノトウ狩り2018年 - スロー散歩

フキノトウ狩り2018年

 21,2018 11:00
KIMG0784.jpg


メェ-!

メェ-!


近づいて写真を撮ろうとすると、スマホが気になって仕方がないようでペロリ!


お仕事(草むしり)頑張ってね!





・・・山羊さんと戯れた後、寿命を七十五日ほど伸ばすべくフキノトウを探しに行きます。


探すといっても場所は抑えてあるんですけどね・・・ただし、「今年は厳冬だった」ことを念頭に周るのが肝要。


春一番の陽気が多少続いているとはいえ、それまではずっと寒かったからフキノトウの出もあまりよくないだろうと。


といういうワケで、↓こういう沢の近くのハードコアフキノトウより・・・



KIMG0801.jpg



↓こんな感じの「陽があたりやすい土手系」のイージーフキノトウから狙います



KIMG0796.jpg



やっぱり水の近くの土地が好きみたいですね。


やっとフキノトウの群集を再発見



KIMG0788.jpg



フキという植物は冬の間、地上から完全に姿を消すヤツもいれば、写真ように少数の個体が葉と茎を出しているが、周りの植物に圧倒されかけているヤツもいて、完全初見のフキノトウ狙いはなかなか難しいです。

さぁ、芽吹いているかどうか・・・



KIMG0789.jpg




あった!



KIMG0791.jpg



あった!



KIMG0792.jpg



ここにも!



KIMG0793.jpg



あそこにも!


この感じはホントに芽生え始めたばっかりでしょ!


心は既に天麩羅モード。


一緒に揚げるのはエビか?イカか?なんて邪念が蠢きはじめます(笑)


kamui.jpg



オソマ味噌付けて生でムシャムシャ・・・は、したことないです。

意外なことに天麩羅派よりフキ味噌派のほうが主流らしい(自分調べ)

一応ミツバも探してみますが、収穫はなし。


ま、フキノトウだけでいいでしょ・・・山羊さんのところでビーツ買ったし!


というわけで収穫はこんな感じ



KIMG0804.jpg



ビーツのサラダと釣って寝かしておいたヒラスの刺身でテンションを上げて・・・



KIMG0805.jpg



本命登場!



KIMG0808.jpg



ああ、このほろ苦さよ・・・
(本当は花に衣は付けずに揚げたほうがいいんですけど、マ、そこは気にしない)


自分で採った旬の味を楽しむ・・・海だけではなく山も楽しむ・・・俗な表現をすると「サイコー!ウェーイ!」って感じ(苦笑)


ちなみにフキノトウのお供はコレ



KIMG0809_2.jpg



よっしゃ!また採りに行こ!

(これから20日間くらいはフキノトウを味わえるチャンスですぞ! in 北部九州)





関連記事


Latest Posts