3月の釣り日記 - 2018年釣行記

3月の釣り日記

 14,2018 11:26
KIMG0905_201.jpg



あれは確か3月の第二週だったと思う・・・



とんでもない風邪



に捕まったのは





山菜採りと里山歩きで早めの春を謳歌していたぼらおさんを襲ったこの邪悪なウイルスは、風邪というおだやかな(?)範囲に留まってくれずにナントカリンパ節炎とかいうモノにレベルアップしたのでありました。


何が一番ツラかったかというと、喋りたくない(喉を使うと超痛い)のに電話なんかで

「はい、新宿調教センターです」

「はい、ぼらおです・・・あ、はい、はい、その件は・・・」

みたいな応接をしなければいけなかった事ですね。


当然、そういう状況下では「やらねばならぬこと」のリストの下位に位置する釣りと釣りに付随する活動(つまりはこのブログとか)はやせ衰えたワケでございます。

某SNS界隈では“ぼらお落水死亡説”なるものがまことしやかに囁かれたらしい(苦笑)


それもう伝説の呂布風説の流布やんけ!


実は体調が回復しはじめた3月下旬にはアフターを探りにぼちぼち釣りに行ってたりしてましたが、習慣というものは奇妙なもので、「ブログを書く」というデイリールーティンが一度消えると中々もとに戻らないんですね。


あれ、ブログ書かないとこんなに使える時間が増えるじゃん!


・・・みたいな発見もその流れを助長したワケですが、いつまでも書かないというワケにもいかないのでそろそろ再開してみることにします。


KIMG0888_201.jpg


3月下旬の釣行その①

中潮

この潮で戻ってくる可能性は無い。

・・・無いけれど、やっぱり釣れないことを確かめずにはいられない。

周囲に釣り人の姿は見当たらず、水も冷たい。

アタリもなく二ヶ所を回って一時間強で終了。


3月下旬の釣行その②

大潮

引き続き可能性は無いが、上げ潮に乗って「間違い」があるかもしれない。

ということで、釣れるかもしれないけれどやっぱり釣れないことを確かめるために出撃。

セイゴかクサフグのあたりが3~4回出るがすべてフッキングせず。

夜風に吹き曝されても続けらる体調ではないのでこの日も1時間前後で終了

3月下旬の釣行その③

大潮

まだ釣れない(戻ってきてない)という事実は前回すでに確立されているが念の為、別のスポットで・・・

案の定釣れない


花見で気分転換


KIMG0901.jpg


KIMG0908.jpg



KIMG0902_20.jpg


4月上旬の釣行その①

KIMG0919.jpg

いつ頃からかカモが姿を消し(きっと北の湿地に戻っていったのだろう)、桜に葉が混じってきた頃・・・

日中、ふと水面を覗くとハクが大量に泳いでいたので“そろそろ”を予感したので行ってみる。

大潮

二ヶ所回ってセイゴっぽい反応が1のみでアフターらしきものはカスリもしない。

水はまだ冷たい。

4月上旬の釣行その②

潮干狩りに行ってみる(これもまた海況を知るためのシーバス釣りの一種である)

KIMG0910.jpg

今年もダメっぽい・・・?

KIMG0912.jpg

1時間頑張ってこれだけ・・・
さみしい・・・

KIMG0913.jpg

そのかわり山菜を頑張る

KIMG0914.jpg

初物わかめはホント旨い!

・・・あ、釣り。

大潮

この潮で戻ってくると思っていたのに釣れなかった

釣れるはず・・・というか、釣る気マンマンで一匹(あるいは数匹)釣って「読みどおり、今年のシーズンが始まりました」的な記事でブログ再開しようとしたら完全にアテが外れる。


・・・が、こういう事があるから面白いということに気がつく。


よっしゃ、次の潮やな!


がんばるでー(何故か関西弁になる)


主に使ったタックル










関連記事


Latest Posts