5/8 博多湾シーバス - 2013年釣行記

5/8 博多湾シーバス

 09,2013 12:28
5/8(水)
天気:晴れ
大潮:上げ七分から下げ三分(なんでこう、逆なんだw)
風向:北の風(中→弱)
波:波あり→なし
時間:日没から


モルダー:「いいかいスカリー、ここにシーバスが居ないのはエイリアンの仕業だ。政府は否定してるけどね」

スカリー:「モルダー、あなた疲れてるのよ・・・」



今日のテーマは上げ潮と止まり潮のバチパターン。

何故って・・・


そいう時間帯で釣れるようになれば釣果二倍じゃね?



という、小学生の思いつきを真面目に実行してみるのでありました・・・





日没ちょうどにスタート






ポイントは高確率で潮が動き出すまでシーバスどもが溜まっている、とある場所・・・だが如何せん、足元よりちょっとさきにいるので難しい・・・

R32で1バイト、掠っただけで終了。高活性とまでは行かないまでも、結構いい状況だったのになあ・・・こいうシチュエーションで1匹確実に搾り出せるようになりたい。




潮がとまって場所移動。




セイゴ捕獲兵器を投入すると即座に



KIMG9321.jpg




ちょっとだけサイズアップ



KIMG9323.jpg



うーん、相変わらず進歩がない釣りをしてるな、おれ・・・と、思いつつも他に芸がないので、セイゴの数釣りに興じていると、ある時点からバラシ連発。

というか5~6連続バラシ(痩せフッコ級の当たりもあったぞ・・・)


なんだろうと思ってルアー点検してみると・・・・






フックがのばされまくって全滅してた^p^










ここにきてフィール120依存症(=セイゴオンリーアングラー)からの脱却を真剣に考えてみる。

足りない頭をちょっと使ってみる。

ルアーチェンジ。狙い目チェンジ。




ようやくハッキリ出た下げの流れの終末部分にそっと流すんだ。そして、バチを食べているベイトフィッシュの演出をするんだ。
ロッドを軽く使ってみるんだ。



すると・・・










KIMG9325.jpg






50cmくらいかな。




写真でもわかるように、目を痛く傷つけてしまったので(食べるのに勇気が必要な場所だったけど)、〆て持ち帰り。


KIMG9329.jpg


昨日からの課題である「次の一匹」がサイズダウンしすぎて苦笑しながら帰途へ・・・














ちなみに、刺身と柚子&葛餡かけの蒸し物で食べましたが・・・













めちゃくちゃプリプリしていて旨かったです。


実は、釣りあげた瞬間、危険な感じの粘膜臭がまったくなかったのでイケそうだとは思ってたんですけどね。

それどころか、綺麗な魚体でむちむちだったので、いいもの食ってたのでしょう。

まだ川に入ってなくてセーフw









スタッガリングスイマー80、好きになりそうです。

ほんとはダイワ派レイジー派で、レイジーで釣りたい・・・ギギギギギ・・・悔しい・・・






ヒットルアー:フィール120 (セイゴ二桁)
       スタッガリングスイマー80 フッコ1 セイゴ1

バイトルアー:R32

他に使用したルアー:レンジバイブ55
          アラジン90S
          ベイスラッグ
          レイジー80&95
関連記事


Comment 0

Latest Posts