バチ抜け大爆発(でもサイズはでないよ編) - 2013年釣行記

バチ抜け大爆発(でもサイズはでないよ編)

 18,2013 10:32
5/13(金)
天気:曇りっぽい晴れ
小潮:上げ三分
風向:西の風
波:さざ波
時間:日没後


多分、今年一番のバチ抜けだった。

何故か小潮で満ち潮だったけどw





そして重大発表・・・







とあるルアーに対して土下座いたします
^p^






   r'ニニ7      本当にすまないという気持ちで…
     fトロ,ロ!___       胸がいっぱいなら…!
 ハ´ ̄ヘこ/  ハ
/  〉  |少  / |      どこであれ土下座ができる…!
\ \    /| |
 ┌―)))――)))‐―┐      たとえそれが…
  ヽ ̄工二二丁 ̄
   〉 ヽ工工/ ;′∬     肉焦がし… 骨焼く…
  lヽ三三三∫三三\;'
  h.ヽ三∬三三';.三三\';∫   鉄板の上でもっ………!
  └ヽ ヽ三,;'三三∬三;'三\'"
    ヽ |__|烝烝烝烝烝烝|__|
      lj_」ー――――‐U_」






さんざんコケにしてどころか、コキおろしてきたのですが、使い方をようやく理解しました。





エリア10エボ・・・通称エリエボ・・・は、いいルアーです


どれくらいいいかというと


S フィール120 エリア10
A エリエボ←NEW!
B ワンダー80 スタッガリングスイマー80
C R32
D ネレイド レイジー
E
F 

これくらいいいです。

言い訳をするとですね、曳き波リトリーブでよく釣れることは知っておりました。
ただ、それはノーマルのエリア10でもできるが、エリア10の泳ぎをエリエボが真似ることはできない。
という、相対的な要素から必要以上に貶めていたようです。反省。

撤回します。

エリエボはフィールにもエリア10にもないユニークなアクションがあります・・・というか、出せます。

その結果セイゴフッコを一網打尽・・・2時間で20匹くらい。




・・・このうちの一匹のフッコがまるで切腹するようにフックを自分のエラの中にいれて大暴れしたので

KIMG9378.jpg


今晩贈呈した家にいって食べてきます。



まあ、釣り場のコンディションが爆っていたのを加味(差し引いても)しても、よい出来だと思います。
そこら中にリアルバチの曳き波がでてましたし、セイゴフッコどもが水面をひったくるように動いたり、ちゅぱちゅぱ吸い込んだりする音が賑やかに響いていました。
釣った奴らはほぼ全てゲロバチをぺっぺっと吐いておりましたね。

実際、ワンダーで同じことをすると定期的なカラーチェンジと場所の休みが必要でしたが、エリエボだとそんなこと関係なしにただひたすら釣り上げることが可能でした。
また、何故かしらバラシ率も低かった気もします。


飽きたのでバチカラーローテの研究をしてみたところ

① 派手な(ラメやクラッシュ入りでバックとベリーがチャート等)のクリアかパールホワイト系
② 地味クリア(茶とか常夜灯オレンジとか)
③ ①に戻るか控えめなホロ系
④ 透過が無いか少ないマット系

マット系で反応が出なくなったらそこに魚は居ないので、移動or場所休ませ、というローテが良いかなあとちょっと思い始めています。

何故こんなことを真面目にしてるかというと、雑魚を釣り上げて反応が無くなってしまったのでああ終わり、じゃなくて・・・同じ場所にたまたま口を使わなかったデカイ奴がいるかもしれない、というケースがあるかもしれないからです。

備えあれば憂いなし。











ま、ないと思いますけど念のため。





因みにST36BC#8をつけたフィールは案の定、泳ぎが棒っぽくなってました(それでも釣れたけどw)

近日中にエリエボのルアー論評を訂正します。




ヒットルアー
エリエボ 10匹以上
ワンダー80
スタッガリングスイマー
関連記事


Comment 2

2013.05.18
Sat
14:31

poponta #-

URL

お~、エリア10エボもよく釣れるんですねー。
釣れるルアーを見つけるのすごく楽しいですよね。
私もエリア10エボ使ってみますね。

編集 | 返信 | 
2013.05.19
Sun
01:47

ぼらお #-

URL

いや~、まじで釣れます。

フィール120と同じ速度で巻いていたのも悪かったようです。
固定重心ではないので、同じ速度(かなりゆっくり)で巻くと重心が後方にあるままテイル部がかなり沈んでしまうんですね。

別にこれでも釣れるんでしょうけど、「フィール120は何故魚を集めることができるのか」をよーく検分した結果、もっと生命感ある動きのほうが絶対に良いと思い、「ちょっと速く」+「ちょっとティップを下げて」巻いてみると緩いローリングが生まれていきなり爆りだしました。

簡単な曳き波リトリーブにもルアーに合わせた色々な方法があるんですね~。

一言でいうと自分の固有の「リズム」に合ってなかったんだと思いました。

編集 | 返信 | 

Latest Posts