スライドスイムミノー120 - シーバスルアー:シンペン

スライドスイムミノー120

 26,2013 06:34
名称:スライドスイムミノー120
通称:SSM120
メーカー:ジップベイツ
カテゴリー:シンペン
フィールド:サーフ ◎
       港湾  △
       漁港  ×
       河口  ◯
       河川  ×
       干潟  △
       磯    ◯
お勧めカラー:なし
ライバル:なし


KIMG9430.jpg





評価




http://www.zipbaits.com/catalog/2013_cataloge/salt/zbl_slide_swim_minnow_120.htm

<引用開始>
※平水域でご使用される場合、ウエイトがフロンポジションに移動し難い場合がございますが、そんな状況では着水直後に軽く1~2度ロッドを煽っていただきますと立ち上がりがスムーズになります。超シャローを攻略したい場合は、ウエイトポジションが後方のままのほうが泳層は浅くなり根掛かり等を回避しやすくなります。
<引用終了>


このルアーの最大にして最悪の問題点です。ウエイトが戻りません。単純にして明快、そして不可避的であり釈明の余地がない欠点です。
ウエイトは簡単に動くのですが、磁力が弱すぎるのでロッドを煽って前に戻しても、くっついてくれずにまた後ろに戻ります。

致命的欠陥

ですね。

このルアーを考えるに、いや、検証するにあたって思い浮かぶのは裂波120です。
え?裂波?何の関係が・・・?
と思われる方も多いと思いますが、順を追って説明します。

裂波のようなルアーは、リトリーブ中に重心ベアリングがある程度遊び動くので、所謂、「ランダムなフラつき」動作を出します。捕食者に対するオートマチックな「喰わせの間」を演出してくれていることになりますね。
マグネットによる固定式ではTKLMのように思い切ったフォルムではないと無理(というかサブサーフェイスのウネリを入れたフォルムじゃないと無理)な挙動を、1m弱のレンジのFミノーができる、というのはかなり革命的な出来事だったのでしょう。
昨日も今日も、それから明日も第二第三の「裂波」ルアーが各メーカーから出されています。
マリアの「スカッシュ」(←最近買ってみました^p^)なんて、ワザと作られた重心移動の遊び部分が大きくて「お前はノイジーか!」というくらい「カタカタカタカタ」五月蝿いくらいです。

さておき、このスライドスイムミノー、迷ったのでしょう。

ダイワと同じ(というか多分、ジップベイツがダイワのルアーを作っているのでしょう)方式の重心移動システム、ミノーならリップが水を掴んでくれるのでマグネット固定しなくてもいいけれど、リップレスなシンペンだと固定しない限り抵抗がない頭が水面を割って出てしまう・・・

zbl_slide_swim_minnow_120.jpg

そこでジップベイツの担当者は考えました:

解決策①
ベアリング式の重心移動にする

解決策②
重心移動をやめる

解決策③
強いマグネットで固定できるようにする

解決策④
マグネットで固定するが、ランダム性を消したくないので離れたりくっついたりする微妙な磁力で調整する


そして彼らはピコーン!オレ、アタマイイ、と④を選んだようですが・・・

はっきりって、「ランダム性」という欲を捨てれば解決したはずです。もともとシンペンなんて、リトリーブ速度や流れ次第で動作が一定しない性質のものです。それをスケベ心まるだし、しかし仕上げはズサン、というモノ作りの精神で挑んだ結果がこの始末。

ルアーの目的は、「魚を釣る」ことです。そうであるべきはずです。
が、このルアーは「遠くへ飛ばす」「ランダム性をもたせる」という目的ための要素が目的そのものになってしまっています。
どういうことかというと、わたくし、自分が未熟だと思って丸一日、ウエイトを戻す練習をしました。

着水直後に軽く1~2度ロッドを煽っていただきますと立ち上がりがスムーズになります

そして気が付きました。

アホかとw

着水直後というのは大変重要な瞬間です。だからフェザリングをしたりフケをとったりカウントしたり、色々と技術的要素が詰まっているのです。
それをバシャバシャ二度三度と煽って盛大に水面弾いて、もうね、馬鹿ですよw
このルアーが飛ぶ理由の一つは、ポイントよりまず数十メートル遠くへ飛ばしてそこで体制を整える必要があるからです、としたり顔で説明されても納得できますネ。
こんなことして釣れるわけないじゃないですか。ライントラブルの原因を自分で毎キャスト作っているようなものじゃないですか。
かなりやりこんだ後、ウェイトがすんなり戻ってくれるのは3回に1回程度でした。また、3回に1回は強引に水面を弾くように何度も何度もシャクって戻せました。
残りの3回に1回はお察し・・・
頑張れば67%ウェイトが戻るのでは?とポジティブに受け取る人もいるかもしれませんが、全然違います。
水面を荒らしまくって話になりません。信頼性の問題です。当然ですが、真剣な釣りにおいて、挙動が制御不能なものは排除されますよね。


超シャローを攻略したい場合は、ウエイトポジションが後方のままのほうが泳層は浅くなり根掛かり等を回避しやすくなります


この文にも注目してください。
「根掛かりが回避できる」であって、その泳ぎでも良いとかシチュエーション次第で使えるとか、そういう旨は一切ありません^p^
一見「別にウェイト戻らなくてもその動きで使えるんだよ」という風な感じの文にもみえますが、全然関係ありません。
ちなみにどういう動きになるかというと、そう、ペンシルのような動きになります。つまり、ドッグウォークとかダイブとか、そういう動きです。
でも、そういう動きがしたいならペンシルを使いますよね?これはシンペンじゃないのですか?




飛距離 ★★★★★
飛行姿勢 ★★★★★
風の影響 ★★★★★
キャスタビリティー ★
ここまで酷いルアーはみたことがないです


アクション ★
ここまで酷いルアーはみたことがないです
因みに、ウェイトが戻っている時はかなり大きな振り幅です。
ウェイトが戻っていても距離が縮まってくると頭が水面を割って泳がなくなります。
どんだけ肺呼吸したいルアーなんだよwオマエは雷魚かww


値段 ★
500円でもいりません。


ユーティリティ ★
何か無性に腹が立って破壊衝動を抑えきれないとき、このルアーをハンマーや石で粉々に砕くと
「ざまーみろ!胸がスカーッとした」
という風に役にたつかもしれません。


総評 ★
写真でフックを外しているのはそういうことです。
「スライドスイムミノー120」というキーワードで検索された方が必ずこの記事に辿りつけるよう、欲をいえばジップベイツのHPの真下の位置にくるよう、キーワード羅列しておきます。

スライドスイムミノー シーバス サーフ スライドスイムミノー120 ウェイトを戻す ウェイトが戻らない ヒラメ 飛距離 クソルアー SSM スライドスイムミノー120 石で粉々に砕く 産業廃棄物  スライドスイムミノー 使えない 釣れない 釣れる ←そんな訳ないじゃないですか SSM120 燃えないゴミ スライドスイムミノー 使い方 ←窓から投げ捨てるのに適しています ウンコ

あ、ちなみにスライドスイムミノー85のほうは重心移動可能域が狭く、普通に使えるいいルアーのようです。
お間違えのないよう。



関連記事


Comment 7

2013.05.26
Sun
11:13

poponta #-

URL

ssm120一昨日買ってきてしまいました・・・・
まだ使用していないのですが、心の準備が必要のようですね(^_^;)

モアシルダはよさそうですね。
私はチヌークS17g・21gが好きなのでモアシルダも買ってみます。

編集 | 返信 | 
2013.05.26
Sun
11:52

ぼらお #-

URL

最初の釣行はゴロタ場を避けてください。
多分手頃な石を拾って粉砕したくなるはずです。
冷静になってフックだけは回収しましょうwww

ウェイトをシャクって戻す時、おそらく簡単にセンターへ戻っているはずなんですよね。ところが磁力が弱くて外れやすいために、すぐに後方に移ってしまうんでしょう。

一期一会の魚には絶対会えないルアーだと思いました。

あと、どうも磯のように高い位置からの釣りだと問題がないようにも受け取れるので、サーフ以外の使用だとまた話が違うかもしれません。


スプーンは簡単に自分の色が移るルアーだからいいですよね。
かく言う私も最近チヌークの17と21を買いましたw

編集 | 返信 | 
2014.09.10
Wed
09:10

ナルカイザー #-

URL

はじめまして。スライドスイムミノーを検索してたどり着きました。
とてつもない酷評ですね・・・笑
自分の持ってる個体は磁石の磁力が強すぎるのか、なかなかウェイトが下がらないです^^;

多少のはやまきとトゥイッチで、トップウォーターのペンシルとしては使えると思います。
適度に頭ふってくれるし引き重りも少ない、バシャバシャとアピールする、飛距離バツグンですので、青物のトップゲームで使えると思います。
チェイス確認後にフォール入れると、割と姿勢がいいのかガツンと食ってくれることがありました。
シイラは何本かコイツで上げました。
まあ・・・メーカーが想定している使用法でもなけりゃ、コイツである必要は全くないかもしれませんが・・・。笑

編集 | 返信 | 
2014.09.11
Thu
07:20

ぼらお #-

URL

余裕のある大人の配慮が感じられるコメント、ありがとうございます・・・ご好意、痛み入ります(笑
自分が愛用しているルアーを貶されたら普通は中々許してくれないものです。

磁力が強い個体をゲットって、かなり羨ましいですね。
弱い個体よりアタリですよそれw
弱い個体は着水後の作業内容が衝撃的すぎて、2個目を買うという考えが起きませんでした。
今はブルスコC125スリムが想像していたスライドスイムミノーだろうと、勝手に決めつけて一人満足していますw

編集 | 返信 | 
2014.12.24
Wed
16:50

サトウ トチロウ #-

URL

スライドスイム

はじめまして、岬の先端でキャストしていて偶然遭遇したヒラマサのように、
ぼらお様の世界に遭遇しました(笑)。ナイスな痛快ヒットです。
さて、スライドスイム120の酷評に興味がわき、初めて購入して使ってみました。僕は磯オンリーなのですが、かねてから攻めあぐねていた、ゴロタのドシャローをエリア別に2週間に渡って3個所狙ってみました。
結果的には5匹キャッチしましたが、高活性であれば、ウェイトの戻りはあまり関係ないような感じでした。
元々、僕自信が低感度のアングラーかもしれませんが(笑)

編集 | 返信 | 
2014.12.24
Wed
23:09

ぼらお #-

URL

コメントありがとうございます(苦笑)

酷評で見捨てられたルアーを使い込んで頂き、重ねて感謝しますw
いま検索してみると「スライドスイムミノー120」でトップに来るのはこのページなんですね・・・

ジップベイツは早急にサトウ トチロウさんに感謝のルアー詰め合わせを送るべき(スライドスイムミノーを除く)

編集 | 返信 | 
2014.12.25
Thu
09:27

サトウ トチロウ #-

URL

スイムテスト

ぼらおさん、こんにちは。
左寄りとはいえ、詳細にわたるルアーチェックと評価が大変面白く、ユーザーサイドに立ったコメントは素晴らしいです(笑)。
自分の兵士達もチェックしてみたところ・・・・・・驚きました!
今まで深く考えずに使用していた大手メーカーも、ウェイトの戻り、バランス、アクション、姿勢にバラツキが有りました。
ちなみに、興味購入した5個のスライドスイム120もそれぞれ個性があって、かわいいです(笑)。
一個一個全てをチェックせずに、ましてやスイムテストなんぞは、やっていないのですかね?
確かルアーフィッシングを始めた頃、ラパラのカタログか広告では、フィンランド人のおっさんが水槽でスイムテストしてましたからね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts