4/30 博多湾シーバス - 2014年釣行記

4/30 博多湾シーバス

 02,2014 20:35
この釣行の見出しは何がいいだろうか

「ベテランの殉職」

いや

「逃した大物(またか!」

それとも

「チーバスフィーバー」


うーん、


やはり、「逃した大物」だな・・・



雨が降ったあとなので、満潮止まりの時間よりもっと前に流れが出るとおもって行くと・・・



夢に出てきそうなくらい完璧な上り潮が出てるやん


絶対に釣れる。

絶対に。


パイロットルアーはいつものエリア10

ファーストキャストで早速乗らないバイトを拾う。

使い込んでいるルアーだからフックがもう限界に来てるかも・・・という考えが頭の中にあったので、爪で確認すると案の定、死亡確認。このエリア10に本日出番なし(もう1個パールホワイトチャートはある)。


この全然スレてない感じの群れに何が一番効くだろうかと、しばし逡巡の後・・・


自分のルアーケースの中で一番シーバスを捕殺している古参のフィール120(フックRBB10MHに換装済み)を取り出し

KIMG9395_2014050220073010c.jpg

キャストすると・・・









ガツン!







っとっとっと、デカイ!!

(ヒットは期待していたがサイズまでは期待してなかった)


フィール120はフックが弱いのでドラグをきつく締められない。
なので潜り走られたらヤバい(フックが多いので、エラ洗いされるほうがまだ安全といえる)。

リーダーが底に擦れるイヤな感触を得て・・・















フッ・・・






嗚呼・・・さよなら、歴戦の勇士。


フィール120殉職



だが、まだこの群れはここに居る。

切れたリーダーは長く残ったので、スナップを装着してフックがまだ新しいエリア10でリスタートすると・・・





ガツン!





ここまで、開始してから3キャスト内の話ですw







今度はドラグをやや強めに絞っているので、上手くコントロールできる。






  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;   ドラグをやや強めに絞っているので
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   魚を上手くコントロールできる・・・
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!






フィール120を切った魚より更にサイズを感じさせられる突っ込み、ツマミをさらに回す余裕もなくまたリーダーを仏恥義理(今度はゴロタではなく牡蠣)。







リーダー16lbでアホだった

フックがST36#8とかRBBMH#10とかでバカだった

ドラグが甘くてマヌケだった


強引な勝負にはフックサイズが大切だし、牡蠣やゴロタには太いリーダーが必要だし、大きな魚に甘いドラグは禁物。


狙う魚のサイズ、釣る場所の特性・・・タックルバランスというものについて深く考えさせられました。


最近買ったばかりのスタッガリングスイマー100(ARCバージョン)で再開して

KIMG4031.jpg

40強を数匹

秘密ルアーや別のフィール120でドチビを

処理済~KIMG4032

KIMG4036.jpg

多分10匹以上



慰めとして釣るも、最初の2匹のようなサイズは出なかった・・・

引きの潮が当分出そうになかったので撤退。




殉職ルアー:
フィール120
エリア10




ヒットルアー:
フィール120
エリア10
スタッガリングスイマー100(ARC)
スタッガリングスイマー80



使ったルアー

処理済~KIMG4037




使用タックル




ロッド:ラテオQ96ML
リール:13セルテート3012H
PEライン:G-soul UPGRADE X8 1号
ショックリーダー:タカミヤ フロロ16lb→フロロ25lb












おまけ




































KIMG4042.jpg



ふふんw

関連記事


Comment 0

Latest Posts