5/16 博多湾シーバス バチ&本流 - 2014年釣行記

5/16 博多湾シーバス バチ&本流

 17,2014 10:00

バチフィーバーには、人を日常から解放する力がある。

たとえ、どんな一日を過ごしたとしても、ワンキャストワンヒットの魔力の前には全てリセットされる。



1時間


きっかり1時間。



投げても投げても反応がないので、理由はわからないがコンディションがリセットされてしまったのかと、ナーバスに待ち続ける。


潮か、気温か、気圧か、バチがもしかして今日は抜けないのか、それとも群れが別のバチポイントに移ってしまったのか・・・

でも、やっぱりバチは抜ける。セイゴフッコも入ってくる。そして待望の一匹目(一匹目はどんなサイズでどんなメソッドであろうと、嬉しいものは嬉しい)

KIMG4132.jpg




ファーストヒットはスタッガリングスイマー80



そしてやっぱり炸裂、エリエボの集魚吸引魔力。

KIMG4136.jpg

KIMG4137.jpg

KIMG4139.jpg

KIMG4140.jpg

全部別の魚です

KIMG4142.jpg

エリア10系ルアーの中でも最強のカラーだと思うチャートバックパールホワイトオレンジベリーに反応が無くなったけれど慌てない。強いホロピンクのホロを削ぎ落としてマジックでブラックに塗った手抜きカラーで爆発再開。




因みにエリア10系全てのルアーは「油性マジックで全身ブラックにカラーチェンジ」が有効です。
カラー選択に失敗したブツにはお勧めです。



さて、熱も冷めてドッコイショと腰を下ろして一休み。

写真に撮らなかった魚の数>撮った魚の数

だったので、短時間で15匹ほどは揚げていると思います。サイズは伸びずに最大で47cm。

ここからの後半戦は疲れた上に飽きてしまって、「いくらなんでもこれはバチ無理でしょw」的なルアーを試していたので、あまり釣れませんでした。もっと貪欲になれば最低でも20匹↑は確実取れたと思います。

KIMG4145.jpg

このフィール120で納竿。
















なワケがない^p^



大きいアレが欲しいんです。


大きいアレが。










小休憩を摂った後にウェーディングへ出撃。







下げの流れがシッカリ出ているところを確認して、執拗にU字ドリフトで上から下へ輪切りに刻んでいく。



KIMG4149.jpg


ハードコアTTリップレスミノー120FSR




KIMG4147.jpg



65cmのいい個体。








美して、大きい、アレ。






使用ルアー:
(多すぎて掲載不能)



ヒットルアー:
エリア10エボ
スタッガリングスイマー80
フィール120
ハードコアTTリップレスミノー120FSR



使用タックル:

ロッド:ラテオQ96ML
リール:13セルテート3012H改 (フルBB・エアスプール・カーボンノブ&リールスタンド)
PEライン:G-soul UPGRADE X8 1号22lb
ショックリーダー:タカミヤ フロロ16lb→25lb

 


関連記事


Comment 0

Latest Posts