ハードコアTT リップレスミノー120F SR - シーバスルアー:ミノー

ハードコアTT リップレスミノー120F SR

 18,2014 16:38
名称/通称:ハードコアTT リップレスミノー120F SR (ハードコアTT120F)
メーカー:デュエル
カテゴリー:大型サブサーフェイスミノー
適性:
サーフ  ◎(M以上のロッド)
干潟   ◯
河口   ◎(M以上のロッド)
河川   ◯
磯     ◎
都市港湾 ×
地方漁港 ×

久しぶり・・・ショアラインシャイナーZ120F以来・・・となる「旬」で「気になる」ビッグネームルアー「ハードコアTT」のインプレです。
予めはっきり宣言します。このルアーは絶対的価値観に基づくと高評価です。

自己流の採点では四つ星★★★★クラスです。

ですが、超辛口にブッタ斬ります。

このルアーはデュエルの戦略により「モニター」という名の無料ルアー配布(つまり飴)によって悪いインプレがオモテにでないように仕向けられています。
まあ、客観的にみれば良いルアーであるのは間違いないのですが、ちょっとそれが気に入らないんです^p^

いや、真面目な話、旧型のオリジナル「ハードコアリップレスミノー120F」をこよなく愛した自分にとっては、新型は旧型を凌駕していなければならないという、相対的なハードルを評価に織り込んでいます。

KIMG3859_201405181527286bd.jpg




評価



ところでデュエルは新型であるハードコアTTに何を託したかったのでしょうか。
旧型のハードコアリップレス120Fに何か不満があったのでしょうか。
多分、一つだけあったのだと予想します。
それは・・・旧型はその売上が不満であり、新型には売上アップのテコ入れを託したということでしょう。
そこにユーザーの都合はなく、魚を獲るための目線が感じられません。

KIMG3862_20140518152722242.jpg


このハードコアTTリップレスミノー120FSRは、オリジナル(旧型)のハードコアリップレス120Fとは具体的に何が違うかというと・・・

①飛距離UP
②アクション系統の変更
③値段の大幅UP

実はこの上記三点、何一つユーザーが望んだことではないのではないでしょうか。

確かに新型ハードコアTTは素晴らしい飛距離を持ち、キャスタビリティーが大幅に向上していますが、この要素については旧型の時点で充足的でした。
アクションは、旧型の「ゆっくりスローから発生する喰わせのローリング」から、新型は「普通のウォブンロール」になりましたが、そのアクションにルアーの哲学、つまり同じルアーの名前を冠する連続性がありません。
そして実売価格は大幅にあがりました・・・

ようするに、このハードコアTTは別のルアーとして並行して売るべきルアーなのではないでしょうか・・・
たとえば、新しいルアーにどうしても「コモモ」とブランディングしたいなら「コモモⅡ」とか「コモモカウンター」として名付けてオリジナルコモモの横で並行して売るのが正解であって、オリジナルのコモモを踏襲した後継機に見せかけて(オリジナルのコモモをラインナップから消して)まで売るのは間違っているといえます。

デュエルは、ここの所を勘違いしています。
旧型で商業的には成功を収めることが出来ませんでした。
新型は旧型がもっていた美点までを無くして別テイストで作りました。
でも、その新型が「新型だからこそ成功する」という保証はいったいどこにあるのでしょう・・・?

営業力(旧態依然の雑誌を中心としたマーケティング・プロモーション)が悪くて売れなかっただけなのに、新型にリニューアルすることによって儲けてやろうとしているだけなんですね。悪く表現すると、「新装開店セール商法」です。
モニターと称して完成品を無料でばら撒いて(当然無料で貰って人が悪く製品を言うはずがない)SEO対策を講じているのは一歩前進といえますがw

次に、ユーザーが置いてけぼりを食らっていると感じるのは、このルアーはどうも純然たる「磯ルアー」として作られている気配があるところです。
旧型は完全にオールマイティな全フィールド対応の良いルアーでした。
キャスタビリティーが進化した新型は、当然それを受け継いでいると思われますよね?

そうじゃないんです(苦笑)



飛距離 ★★★★★
飛行姿勢 ★★★★★
風の影響 ★★★★★
キャスタビリティー ★★★★

120mmクラスのミノーとしては空前絶後の域だと思う。
素晴らしいの一言。旧型より文句なしに向上したタングステンウェイトによるキャスタビリティー。ライバルと比べても圧倒的なアドバンテージ。
特に逆風の中でライナー軌道で撃ちだすと、ルアーとはここまで進化しているのかと驚嘆してしまいます。

が・・・

この恩恵をML以下のロッドだとあまり感じない。

硬めのM以上のロッドになるとビンビンに飛ぶのですが、一般的な河川や河口で使われるMLパワーのロッドでは新型の重心をバットに受け止め載せて射出するのが難しい
不可能ではないのですが、シビアであり、キャスタビリティーが高いとはいえない。
これは多分、磁力が強いタングステン球をお腹の位置から外して尻尾の先に動かし、飛翔中は戻らないようなキャストをするには強いバットが必要だからだと思う。このへんはK2Fが抱える問題点と似ている。
このルアーがユーザーを置いてけぼりにしているなあ、と感じる点の一つがこれ。


アクション ★★★★

見た目そのまま、シャローを強いウォブンロールで往くルアー。
早目に引いても動きが破綻しない。泳ぎだしも良い。
遅くても速くてもしっかりアクションするというのは、サラシの中でヒラスズキを狙うため、あるいは激流の中のビッグな河鱸を釣るに必須な条件であって、その点は賞賛に値するでしょう。

KIMG4148.jpg

が、これはこれで物議を醸すもう一つのポイントです。
何故スローから発生する魅惑的な、ハードコアリップレスだけが持っていた特有のローリングアクションを消して、普通のどこにでもあるようなウォブリングアクションにしてしまったのか。
確かに釣れる新アクション。でも、ぶっちゃけこのルアーでなければならない「特有のアクション」ではない。
このルアーが旧型と並行販売されているならば・・・あるいは別メーカーから違う名で発売されているならば「別物」として受け止められますが、なんだかちょっと・・・


値段 ★★
ちょっとお高いけれども、最近ダイワもシマノもマリアもお高い傾向に流れているので仕方ないのかも。
でも一番納得出来ないのが、文字通りハードコアな磯ルアーとして開発しているのに、大手量販店ではライトなシーバスアングラー向けにアピールしているところ。このルアーのポテンシャルを引き出せるロッドを持っているユーザーはいったいどれくらい居ることやら。都市港湾で釣っている人の90%は無縁のテイストです。
別バリエーションの115MDの存在意義はわかります。レンジ使い分けもそうですが、ライバルであり、その手のルアーの頂点であるサスケ裂波120Fの土俵で成功を収めることができたら、商業的な意味で嬉しいですもんね。
でもこの手のルアーの90サイズって、FだろうがSだろうが正直もう飽和状態で無理じゃないですか?
端的にいえば、メガバスのカッター90のようにもっとスリムにしてバチ対応のシルエットだったほうが可能性はあった。


ユーティリティ ★★★

KIMG4088_20140518152724a30.jpg

河川の強い流れの中でも破綻しないアクション、河口を広く探っていく超射程、タフな逆風吹き荒れる磯をものともしないキャスタビリティー・・・
全てにおいて高いレベル・・・であるはずが、事実上、最低でもMML(バットに載せるためにレギュラーテーパー)かできればM(M以上になるとファストでも可)以上のパワーのロッドが求められるので、実はあまりユーティリティ性は高くない。


総評 ★★★★
ここまでブッタ斬って申し訳ないです。
念のため、もう一度断っておきますが、このルアーは間違いなしに優良品です。

ただ、自分は旧型への主観を消せないのでこういう評価になってしまいました。
ブランディングとは継続なのです。BMWにアウディのフロントグリルを付けて「はい、これが後継機種ね」っていわれても、ダメなんです。

物は良いのですが、ユーザーをあまり考えていない、やや独善的な臭いを感じるルアーなんです。

実に勿体ない。

KIMG4149_20140518152727860.jpg




    
関連記事


Comment 6

2014.05.19
Mon
12:30

ワゴンセール #JalddpaA

URL

気になります

サーフ、磯向けの120mmクラスのミノーで飛距離が出るとなると、使用頻度が高いので気になるところですが、潜行深度はどの位ですか?

岡垣ゴロタをメイングラウンドにしていると、ベストなルアーはK2F122が飛ぶし、潜らないし、早巻き対応なので良いのですが、サイレントアサシン何かは、飛ぶけど、潜りすぎで、あっという間に殉職してしまいます。

お手数ですが、潜行深度を○○と同じ位とか、○○より浅いとか、教えてくれると助かります。

ところで、ルアーって高くなりましたよね。個人的には、imaのサスケが高くても売れたから、他のメーカーも追随したんではないかと思ってます。

編集 | 返信 | 
2014.05.19
Mon
20:19

ぼらお #-

URL

ああ、これは150%ワゴンセールさんにバッチリ向いているルアーです。
飛距離ですが、載せるコツを掴むまでは「なんだ、前とあまり変わらないじゃん」と感じましたが、完全にバットに載せきったときは滅茶苦茶飛距離が伸びます。

で、レンジですが、TKLM12/18より「ホンノチョット」潜る程度のサブサーフェイスですので、根掛かりしないルアーだといえます。
K2F122MSがコツコツ砂やゴロタを突くところで使ってもボトムに触りません。
自分が岡垣で釣るなら、間違いなくこれをパイロットにします。
ヤナイに新型も旧型も中々安い値段であった記憶があるので、迷ってみてはどうでしょうか^p^

編集 | 返信 | 
2014.05.19
Mon
20:31

ワゴンセール #JalddpaA

URL

ありがとうございます

早速買いにいきます。

DUELのルアーは、なぜかヤナイとヨシダで割引率が違うんですよね。

DUEL製品とジグヘッドは、ヤナイが安いのですが、ワゴンセール品の掘り出し物をさがすのは、ヨシダに行ってます。

編集 | 返信 | 
2014.05.21
Wed
18:40

ワゴンセール #JalddpaA

URL

買っちゃいました

昨日、ヤナイ買っちゃいました。

何て言ったって、150%オススメですよ。買うしかないでしょう。

編集 | 返信 | 
2014.05.21
Wed
20:08

ぼらお #-

URL

どのカラーにしました?
写真のホワイトベースのキャンディは濁りに効く超アピールカラーなんですが、デイで使いたいカラーはピンクイワシとかそっち系なんですよね・・・

編集 | 返信 | 
2014.05.21
Wed
20:45

ワゴンセール #JalddpaA

URL

ぼらおさんと同じく、アピール重視でキャンディーです。

まさに、岡垣ゴロタで朝マズメの暗い時間のパイロットにしようと思ってますから。

編集 | 返信 | 

Latest Posts